タイトル通りなので、観覧注意です。抵抗のある方はバックお願いします。



前回の続きです。

1話目はコチラです。



7
8




私と5年女子は、Yを無視する事しかできませんでしたが、それが当時精一杯の抵抗でした。

でも、抵抗しない事で調子にのったのか、Yの行動は酷くなっていきました。

言葉のセクハラに加えて、手も出るようになってきたのです。

私より5年女子の方が発育も良かったからか、主に5年女子を狙っていました。
でも私も決してYに見過ごされていたわけではなく、ちょいちょい下ネタを振られていたので、7-3くらいの割合だったと思います。
私の方が被害が少なかったとはいえ、5年女子が被害に遭ってる姿を見るのはとても心が痛みました。


しかし、セクハラに遭ってたのは私と5年女子だけではありませんでした。

委員長も被害者だったのです。


委員長は優しくて、私たちに対するセクハラが酷い時は止めてくれていたのですが、Yは委員長にもセクハラをしていました。
今思うと、一番ひどかったかも。
普段仲良い?から遠慮が無かったのか、ふざけたフリをして体を触ったり触らせたり、時には↑の漫画に描いたように、無理やり押さえつけてセックスの真似事をしたりしていました。

えづいていた委員長の姿が印象的で、私もなるべく見ないようにしていたけどそれでもとても気分が悪かった。
生粋オタクな私がBLにハマらずに夢女になったのは間違いなくこれが原因です。
(でもBLを否定するつもりはないし、好んで見ないだけで普通に読む分には平気です)






続きます。
(リンクは記事投稿後に反映されます)











↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー