千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

娘や息子の育児記録と、それに奮闘する自分自身の記録などを漫画で描いています。

カテゴリ: 発達関係

今日の記事はちょっと長いです。HSC。去年SNSでこの言葉を知った私は衝撃を受けました。 私がムーコに対する子育てで悩んでいた事が全てここにあったのです。HSCとはHSCとは、普通の人よりもあらゆることが敏感に感じ取れてしまう子供のこと。これは病気や発達障害などでは
今日の記事はちょっと長いです。




HSC
去年SNSでこの言葉を知った私は衝撃を受けました。 
私がムーコに対する子育てで悩んでいた事が全てここにあったのです。
ムーコ顔小
line_book

HSCとは

HSCとは、普通の人よりもあらゆることが敏感に感じ取れてしまう子供のこと。
これは病気や発達障害などではなく「気質」で、全世界規模で5人に1人の割り合いで居るそうです。

HSCには4つの性質があります。

1.深く物事を考える
2.過剰に刺激を受けやすい
3.共感力が高く、感情の反応が強い
4.ささいな刺激を感知する


HSCの子は、この4つの面を必ず持っているそうです。
ムーコに重ねてみると…

1.深く物事を考える
・新しい事をするときや未体験のものは慎重になる。石橋を叩くタイプ。
・大人が言ったことへの理解力が高く、正義感が強い。

2.過剰に刺激を受けやすい

・朝起きた時に異常に眩しがる(カーテンしめて!電気消して!と言う)
・強く叱るとパニックになるため、淡々と言い聞かせた方が効果がある。
・ドレッシング、ソース、辛いもの、臭いものなど刺激の強い食べ物が苦手。

3.共感力が高く、感情の反応が強い
・大人の表情をよく見ている。お喋りができるようになった頃によく言っていたのが「ママ笑って」
・私や旦那が悲しそうな口調をすると、それにつられて泣く。
・ちょっとした事で不安になったり不機嫌になる。

4.些細な刺激を感知する

・部屋にたくさんあるオモチャの位置が変わっていてもすぐ気づく。
・硬い生地のズボンを嫌がる。

こんな感じです。
例えば3歳の時にこんな事がありました。
53

チーズはドロドロに溶けていたので見た目では分からないんです。
私、これが自分だったら気付く自信ありません。
他にも、2歳になったばかりの頃に、よそのお宅から漂ってきた焼き魚の匂いを「おさかな」と言い当てたりもしました。
(これはムーコの場合で、HSCが何に対して敏感かは人によって違うそうです)
(ちなみにムーコは第6感的なものは全くありません)

line_book
子育てで悩んでいたこと

そもそもムーコの何に悩んでいたのかというと…

【赤ちゃん期】

・とにかく泣いていた。ミルクあげても泣く、オムツかえても泣く、抱っこしても泣く。で地獄。
・全然寝てくれず、寝ても少しの物音(床のミシッという音、玄関の扉を開ける音)で目を覚まして泣くのが地獄。
・0歳~3歳前までずっとイヤイヤ期。イヤイヤというよりは、自分の意志にそぐわなかったり、大人では気づかない小さなキッカケで暴れるという感じで地獄。
・めちゃくちゃ寂しがり屋で、一人遊びというものができない。少しでも一人で残しておくと号泣するので、ご飯の支度も家事もトイレも地獄。

【幼児期】
・新しい環境が苦手。保育園に通うようになって3ヶ月は、園で号泣し続けていた。園での初めての運動会も終始号泣していた。
・大人の表情に敏感で、私が疲れた顔や不機嫌な顔をしているとムーコに伝染し、ムーコも不機嫌になる。
・「叱られる」ことに敏感で、注意しただけで怒ってないのに「怒った」と受け止めてしまいショックでふさぎ込む。園でも先生が怒ることを異常に怖がっていて、先生が他の子を叱る姿を見て恐怖を感じる。
・いまだに一人で寝れない。私の首を触っていないと寝ない。

という感じ。
何で他の子はあんなに大人しくて機嫌が良いんだろう?
何で他の子は一人遊びができるんだろう?

0~2歳のころは常にこんな風に思っていました。

お喋りが上手になってきて、ムーコの気持ちが分かるようになってきて、やっと
「周りの環境で感情が左右されやすいんだ」
「寂しがり屋で不安がりだから、信頼できる人に傍にいて欲しいんだ」
と分かるようになりました。

今回この「HSC」を知って、ああこういう事かと理解できました。
そして同時に思ったのです。

「これ私じゃん」

line_book
HSCと私

HSCが大人になると「HSP」と呼ばれます。
大人になるにつれ苦手なことをカバーできるようになったり、自分の周りの環境を整える事によって敏感さが目立たなくなるけど、気質そのものは変わることはないそうです。

自分でいうのも何ですが、私は昔から色々考えすぎて自分から動けないタイプの人間でした。特に新しい環境や友達作りがとても苦手…。
こまかい事は気にせず陽気にガンガン行動する人とは根本的に何かが違うと感じていました。
(1.深く物事を考える)

そして、今でも覚えているのが幼稚園児のとき。「長袖の上に長袖を着る」感触が凄く嫌で、内側の袖がずり上がってしまう事に絶叫し毎朝の着替えで母を困らせていました。
(2.過剰に刺激を受けやすい)

空想の世界は昔から大好きでしたが、あまりに話に入り込んでしまうので戦争ものやアンハッピーエンド、グロい話は数日間立ち直れなくなるため苦手です。(漫画や小説ならまだいいけど映画は今でも無理)
(3.共感力が高く、感情の反応が強い)

少しの刺激ですぐに体調を崩し、特にストレスでお腹が痛くなることが多かったです。10代の時に急性胃腸炎と過敏性腸症候群になった経験があります。また、枕が変わると眠れなくなる事はよくありました(現在は平気)
(4.ささいな刺激を感知する)

※人の感情に左右されやすく共感力も高い方だと思いますが、そのわりにコミュ障で空気が読めないのはいまだに謎です。

何度も失敗を繰り返してだいぶ自分をコントロールできるようになったし、経験を重ねた事で慣れたこともあって、昔ほど苦労はしなくなりました。
そして今になり「HSP」を知り、そういう事だったのかと腑に落ちました。
特に、いわゆる“陽キャ”(陽気なキャラクター)な人と「根本的に違う」と感じていたのはこういう事だったのか!と納得できました。

line_book
HSCと向き合う

HSPは遺伝するそうです。(生き物が生き残るために、一定数必要な遺伝子だそうです)
HSPの子供は必ずHPCになる、というワケではないですが、感受性の強さは遺伝の影響が高いようです。
5-HTTというストレス耐性の遺伝子が関係しているらしく、以前【子どもの能力遺伝子検査】を受けたときに、ムーコは感受性が強く落ち込みやすいSS型であると判明しています。



遺伝だとしたらムーコに申し訳ないなと思う反面、私自身もHSPであることによって「ムーコの気持ちが分かる」という強みがあります。
しかも「5人に1人」って意外と多いじゃんと安心しました。
むしろ体感的にはそれよりも多いと感じるくらいなんですが、人間は似たもの同士で集まるので、きっと私の周りにはHSPの人が多いんだと思います。

ムーコは正直面倒な部分もあるけど、それ以上に良い部分もたくさん持っています。
赤ちゃんの頃は苦労したけど、喋れるようになって自分の気持ちを言葉にできるようになり、そしてHSCであるという事が分かった今は、以前よりも気持ちに余裕を持って対処できるようになってきました(もちろんまだまだイラッとしてしまう事もありますが…)。

これから集団生活で生きていくうえでムーコ自身、苦労することが沢山あるんだろうな…と思うと切ないですが、それを乗り越えて、人生を楽しめるような人間になって欲しいと思います。

そしてそうなれるように、私も頑張ってムーコを伸ばしていきたいです。

line_book
おまけ

HSCについて分かりやすく書かれた本があります。



HSPの私が読んだら「うん。知ってた」という事ばかりでした…。
しかし、HSCの子をどうやって伸ばしたら良いかや、先生に向けた「HSCの子への接し方」アドバイスもあり、勉強になりました。
漫画も多くてとても読みやすかったです。



自分がHSPかも?と思った人は、診断テストがありますのでどうぞ。
(私のスコアは100でした)











↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー
 
instaバナー




1話目はこちら






前回の続きです。


11
12



旦那って、自分の事はダメなのに、人の事になると物凄い面倒見がよくなるんですよ。
職場でも、仕事が出来なかったり周りと壁を作ってる人の所にガンガン行ってからんだり、フォローしてあげたりして。(小学校の頃は学級委員長もしていたそうです)
家でも、例えば私が「うわー!」とか言うと、「どうした!?」とすっ飛んできてくれます。
外で困ってそうな人を見かけたら躊躇なく声をかけたり。
私にはできない事なので凄く尊敬しています。

フットワークも軽くて、必要なものがあったらすぐに車を出して買いに行ってくれたり、娘を連れてお出かけしてくれたり。休みの日に家でボーっとしてる事自体が少ない。
私は逆にめっちゃ引きこもりで、できれば布団に住みたい派なので、旦那の腰の軽さに助けられています。

基本的に素直だしとっても優しくて、好きな部分がたくさんあるから結婚したんですよね。
長く一緒に暮らすようになり、子供が産まれて私自身にも余裕が無くなってしまったことから、今まで気にしてなかった部分が目に付くようになってしまった。という感じかなと思います。

なので私にとっては旦那がADHDなのか違うのかというのはあまり重要ではなく、旦那の行動で困っている事が解決できればそれでいいんです。
今回旦那が「病院は行かない」という結論を出したなら、無理に連れてく必要はないかなと思いました。
色々頑張ったけど結果的に病院に行って治療をしないと無理、ってなったら行って貰うけど。
とりあえずは自分と旦那自身がそれぞれできる事をやってみて、改善を図ってみようと思います。

というわけで、結果的に旦那はADHDグレーのままで、見てくださった方はモヤるかもしれません。

日常生活が困難なくらい困っているADHDの方もたくさん居ます。そういう方から見たら、私の旦那は大した事ないとか、軽々しくADHDの名前を使うな!と思われるかもしれません。

今まで、なんとなくしか知らなかったADHDが、思ったよりも身近にあるかもしれないということ。
それを超素人の私なりに観察してみた。という感じで受け取っていただければと思います。

例えば、クラスに居るあの子、職場に居るあの人、何度も迷惑かけられたけど、もしかしたら本人に悪気があるわけじゃなくてADHDの特性なのかもしれない。
そう思えたら、その人に対する見方とか、対処方法とか、変わってくるかもしれない。
この記事が、そういう取っ掛かりになれたらなと思います。



また何か問題が起きたり、逆に進展したりしたら、ちょくちょく記事にしていこうかなと考えています。

お付き合いありがとうございました!


(現在コメントの返信はお休みしております)





​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓













↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





1話目はこちら






前回の続きです。


9
10




漫画に描いたそのまんまなのですが、ADHDは必ず診断・治療が必要なものではなく、ADHDの症状によって生活が困難であったり、ADHDによって鬱などの他の症状が出た時、治したいけど自分だけではどうにもならない時…などに病院に行けば良いという事らしいです。
(そもそもADHDもクラスに2人くらいの割り合いで居るというとても身近な発達障害です)

しかも大人の発達障害は診断が難しく、医師との相性もあるし…うちは田舎なので病院自体も少ないです。

旦那は突然のADHDという存在に戸惑っていたこと、病院にかかる事に抵抗があること、今現在はそこまで困ってないこと、等から病院に行くのはやめておくという決断をくだしました。




※誤字あったので直しました、ご指摘ありがとうございました(;´Д`)


ごめんなさい全5回と書きましたが、あと1回続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓










↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





1話目はこちら






前回の続きです。


7
8


購入した本はこちら





とても分かりやすく、読みやすく、原因や対策も書いてあって良かったです。
ADHDについてはネットで色々情報を漁りましたが、この本を読むことで一気に理解を深める事ができました。
(そのうち図書館に行って他の本も漁りたいです)



ADHDの特徴の一つとして「子供の頃から同じ症状があった」というものがあるらしいです。

旦那も小さい頃から今と変わらず、忘れ物が多かったり、先生の話の内容が理解できなかったり、友達と喋ってて変な空気になったりしていたそう。

自分ではちゃんとやってるつもりでも出来てない事が多かったりして、落ち込む事も多く、自己肯定感が低いそうです。

私から見た旦那は、得意な事も多くて尊敬できる部分もあるので、なぜそんなに自分に自信がないんだろう??と不思議だったのですが、他人が理解し難いというのもADHDの人が抱える悩みの一つだそうです。

ADHDは様々な症状があるので、人によって当てはまったり、当てはまらなかったりする部分も勿論あります。
本の内容で「これは俺は違うな」というものもあったそうですが、「これぞまさに俺!」という事例がかなり多くあったそうで、本気で泣きそうになったと言っていました。



続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





1話目はこちら






前回の続きです。

5
6



やるべき事があるのに、目に入ると別の事を優先してしまう。
これって十分「衝動的」だと思います。

前にも書いたかもしれませんが、過去に私がキレたのは旦那がムーコのオムツを替えてる最中に手を止めてLINEをしていた事。(股間丸出しで寝かせてる状態)
それって今しなきゃいけない事じゃないよね?
上の漫画で描いたのも実際にあった事なんですが、これから出かけるってバタバタしてる時に、いきなりギターのチューニング始めるんですよ。

話の脱線も多くて、自分が何を言おうとしていたのか分からなくなるなんてしょっちゅう。

私が話そうとして順序立てて旦那に説明している最中でも、途中で自分の話に持っていってしまい、脱線させるのが得意。
「私の話の続きしてもいい?」と言うとハッとします。

あとは保育園のお知らせプリントを毎回必ず読んでもらっていますが、その中身を理解できない。

「運動会の準備期間になるため、15日以降はパジャマはいりません」
「玄関の施錠を新しくしました。9時~15時の間は自動でロックされるので、インターホンを鳴らしてください」
こんな感じの文章が、理解できないらしいです。
「15日から運動会の日までは、パジャマは持って行かなくていい」
「9~15時の間に保育園に行く時は、玄関が開かないからインターホンを押す」
等の言い方で、口頭で何度か説明して理解できるという感じ。

多動については私はそこまで気にしていなかったのですが、以前仕事でパソコンの事務作業をしていた時は相当苦労していたようです。
じっと座って作業をする、というのが苦痛なうえに、作業中に次々と仕事を頼まれるので、頭がこんがらがり、優先順位を間違えたり、忘れたり、終わらなかったり…という状態になってしまったと。
今は体を動かす仕事なので、自分に合ってるみたいで特に問題なくこなしているようです。

こうして改めてちゃんと書き出してみると、ADHDと言われる症状にかなり当てはまるのですが、今までは性格だと思って特にそんなに気にした事はありませんでした。




続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓










↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




1話目はこちら




続きです。


 3
4



前回にアップした旦那の診断結果、見てもらうと分かるんですが「パートAチェック結果」って書いてあるんですよ。
この次に、また別の質問が並んだパートBのチェックテストが始まるんですが(私がやったら出た)、旦那がやったらこの「パートA」のみで結果が終了してしまいました。
パートBにいくまでもなく、ADHDの可能性が高いという事なんですね。


旦那の行動パターンを改めて振り返ってみました。

旦那自身は物忘れの多さを「時々」にしてましたが、私から見たらこれが一番ひどい。

ごみ出しは旦那にお願いしてるんですが、うちの所は可燃ごみは水・土なんですよ。
週2回、決まった曜日なのに、私が言わないと忘れるんです。
しかも前日の夜と当日の朝、2回言わないと忘れるんです。

私が声を掛けると「知ってる」みたいなそぶりで反応してくるので、覚えてるなら言わなくていいか…と思って言わずにいると、8~9割の確率で忘れたまま仕事に出かけていきます。

漫画に描いた加湿器の水みたいな「やっておいてね」系も、ほぼ忘れられてます。

仕事へ出かけていく時も、毎日のように何かしら忘れものをします。
だいたいが車に乗る前に気付くので引き返してきますが、たまに職場まで行ってしまって、後から義母さんが届けに行くハメになったりもします。
あまにりも忘れものばかりなので、一時期は私が毎朝旦那に「携帯、財布、お昼ごはん、タオル」みたいに必要なものを声がけしてました。
その声がけで忘れものに気付く、という事もしょっちゅうありました。(今はムーコの準備でドタバタしてて旦那への声がけはできていません)

私自身も物忘れは結構ひどいので人のこと言えないんですが、私はセルフチェックしてるんですよ。

例えば朝の登園。玄関でムーコのリュックを一度開けて、忘れものがないか中身を確認。
コンビニでコピーを取るときは、終わった後に原本、お金、コピー用紙の取り忘れが無いか指さし確認(これは過去同人活動してた時に忘れ物をして恥ずかしい思いをしたので絶対にやってる)。
外食で席を立つときにテーブルを振り返り、忘れ物が無いかチェック。
などなど。
これで結構防げるんですが、旦那の場合はこの「確認」もしない。というか、完全に別のことを考えてて頭にない感じ。

何かをしようとしてても、他の事に気を取られると一瞬で忘れる。

複数の事を覚えきれない。
例えば炊飯器の件を例にすると
①お米2合を
②朝7時に予約
これを一度に言っても覚えきれません。
2合を取った後に「7時に予約して」と言わないと覚えられません。

料理なんかは口頭で言っても絶対無理。「醤油とお酒大さじ2ずつ入れてから中火で焼く」なんて言おうものなら、フリーズします。
なので旦那に料理をお願いする時は必ずレシピを渡しています。一つずつ確認しながら進められるので、なんとかできるようです。
ただし「これをしてる間にこっちをしておこう」というマルチタスクが出来ないので、一つの事が終わってから次…とやるので時間かかるし料理も冷めます。
見てて、もっとこうしたら効率いいのに…と思う事はありますが、本人が一生懸命なのは分かってるので口には出しません。



続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





前回まで、リボの話にお付き合いありがとうございました。

あの話を読んで、旦那どうなん!?って思った方も多いと思います。
私も思いました。(そりゃね…)


実は私は、この事件をキッカケに旦那に対して、ある事を疑うようになりました。



ADHD
(注意欠陥多動性障害)


旦那もしかして、コレなんじゃないか?
と。

そしてこの疑惑を旦那にぶつけました。

そのお話です。


1
2

旦那に、ネットにあったADHDのチェックテストをやって貰いました。

するとどうでしょう。

こんなにも当てはまる項目がありました。しかも頻繁。
私も自分でやってみたけど、ここまでではありませんでした。



続きます。全5回予定です。


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓








↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー