千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

娘や息子の育児記録と、それに奮闘する自分自身の記録などを漫画で描いています。

カテゴリ: 4歳

前回の続きです。(4歳8ヶ月)案の定タイマーも、鳴ってもオフするだけで動画は見続けるようになってしまいました。結局私が声がけをするのですが、この時に効果的なのは「ママが止めるか、ムーコが自分で止めるか」と聞くこと。私が勝手に止めると不機嫌になるムーコですが

前回の続きです。


90-3
90-4
(4歳8ヶ月)



案の定タイマーも、鳴ってもオフするだけで動画は見続けるようになってしまいました。

結局私が声がけをするのですが、この時に効果的なのは
「ママが止めるか、ムーコが自分で止めるか」
と聞くこと。

私が勝手に止めると不機嫌になるムーコですが、こうして選択肢を与えると「自分で止める」と言って自分で止めてくれます。

まあ、しばらくするとそれでも見続けるようになるんですけどね

仕方ないのでカウントダウンです。これはムーコには効きます。ゼロになったら鬼になるので。
ムーコは慌てて布団に横になるので、やっっとかよ!!!という気持ちを抑えて褒めに褒めてあげます。
全身くまなくシャカシャカ撫でるととても喜ぶので(若干のジョジョネタが入っていますが)めちゃくちゃに撫でまわしてあげます。
ムーコは何故かお尻を叩かれるのが好きで「お尻ドラムして」とリクエストしてくるので、お尻の肉2つと足の裏の合計4か所をリズミカルに叩いてあげます。
疲れます。

というわけで今現在はこのやり方でYouTubeを見せているのですが、これもいずれ効かなくなると思います。
そしたらまた新しい方法を探さねばなりません。

子供に負けないように、こっちもレベルアップしていかなければならない。それが育児…。














↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー



 



 90-190-2
(4歳8ヶ月)




そんなに大した話でもないんですけど長くなったので前後に区切ります。


我が家の場合ですが、ムーコは毎日
・朝食を食べ終わって、保育園に行くまでの間(5~15分程度)
・夕飯を終わってお風呂までの間(15分程度)
・お風呂が終わって寝るまでの間(10分程度)
にYouTubeを見ています。
祝日だともっと長いけど…。


YouTubeは1歳の時、あまりにも寝ないムーコに旦那が見せたのがキッカケで中毒になってしまい、一時期はYouTube断ちをしていました。(自分がYouTube流しながらだと眠くなるからという理由で見せた模様。当然ムーコは寝ない)
2歳になって話が通じるようになってからは、時間を区切って見せています。

この漫画は寝る前の話なんですけど、最初は「終わりの時間だよ~」と言ったらしっかり止めてくれてたんです。
でもしばらくすると私の声がけを無視して、見続けるようになりました。
無理やり取り上げると怒ったり泣いたりで機嫌を損ねて、その後のねんねルーティンに遅れが生じ、寝る時間自体が遅くなるので、なるべく穏便に自発的にYouTubeを終わらせたいところ。

次にやったのが「この動画で最後ね」。
「分かった、最後のやつ選ぶね」と言って、ちゃんと終わらせてくれたのは数日間でした。
その後はこっそり違う動画を見るようになってしまいました。

次にやったのは、タイマーのセット。
タイマーが鳴ったらちゃんと自分で終わりにしてくれるし、音が鳴るからこっちも分かりやすいし、自分でもナイスアイディアだなーなんて考えていました。


明日つづきます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)





↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー






 86-186-2
(4歳6ヶ月・0歳5ヶ月)



旦那の誕生日に久々に皆でファミレスに行きました。そのファミレスには1年以上ご無沙汰していました。
ムーコが小さい頃からたまに利用させていただいてたお店なのですが、お座敷から脱走しようとしたり、口の周りや食べこぼしを拭くのに毎回大量にウエットティッシュ(自宅から持参)を使ったりと、それなりの苦労をしていました。
しかし久しぶりに行ったら、一度もイスからおりず、ウエットティッシュも1枚も使いませんでした。
それに気づいた時は衝撃でした。

それと同時に、これからはナナオが第二のムーコとして、脱走やらウエットティッシュやらで苦労するようになるのか…と思うとちょっとゲンナリしましたが、ムーコが落ち着いて食べてくれてたらナナオだけの対応ですむので、ムーコ様様です。
成長ってほんとすごい。

ちなみにこのファミレスは長崎にしかないチェーン店なのですが、メニューに+50円でお子様用のオモチャがついてくるし、風船も貰えるし、子連れにとても優しいお店なのです。いつも家族連れで賑わっています。たまに外食で息抜きしたい主婦としてはこういうお店は本当にありがたいです!







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー



82
(4歳7ヶ月)


私がトイレ行ってる時とか、お風呂で洗顔したり頭を流してる時とか、「ムーコ一人で遊んでてね」と言うと「わかった」と言うので、無視を貫いてもいいと思うんですが…


「いらっしゃいませ~、おいしいおいしいアイス屋さんですよ~」
「たくさんありますよ~」
「いらっしゃいませ~」
「誰かいませんか~」

ってムーコが一人で喋ってるのを聞くと、どうしても我慢できなくなって
「くださーい」
とお客さん役をやってしまうのです。

だってこんなに可愛いお店屋さんが頑張って呼び込みしてるのに、誰もお客さんが来ないなんて可哀想すぎてっ…。

病院で注射を嫌がる時は無慈悲に体を抑えつける事ができるのに、なぜこのパターンだけこんなに可哀想に思うのか自分でも不思議です。









↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー





80
 (4歳7ヶ月)




走るときの衝撃で息が漏れてるような感じの音だったんですよ。
「ほちゃ、ほちゃ」って。
かわいかったなぁ~と思って、今のムーコにリクエストしてみたら…

なんか違った…
速かった…


分かってたんです、あれはあの時だけの奇跡だったんだと。
当然ムーコ自身も覚えてない。
私の中の思い出として大事にとっておくことにします。

それにしても、小さい子の走り方ってなんであんなに手足をバタつかせるのか。
最初見たときに「リアル“マサルさん”やん!」とビックリしました。
(だばだば…と手足をバタつかせて走るシーンがあります)
重力と振動のままに振り回される腕…たまらん。










↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー



75
(4歳6ヶ月)


というわけで今までムーコに与えた、ひらがな覚えよう系オモチャをご紹介します。
 ひらがな1


↑これはムーコが2歳の時の誕生日プレゼントです。
食いつきは良かったものの、結局大人が隣で見てあげないといけないのと、替えのシートが厚くて押しにくい。さらにはめ込みにくく、毎回ムーコがブチギレ。外す時も無理やりひっぱるので1枚裂けました(透明テープで補修)。
ひらがなモードでは「えのもんだい」から、絵を探して当てるゲームをよくしていました。
これでひらがなを覚えたという事はないと思います。
むしろ覚えたての今、やるべきかなという感じ。
ちなみに替えシートでは「あいさつ」「音楽」「数字とアンパンマンのなかまたち」が食いつきがよく、英語や国旗は見向きもしませんでした。でももしかしたらこれから食いつくかな…?



↑これは旦那が買いました。(家にあるやつはピース全部バラバラになっていたので面倒で写真撮らず)
わりと食いつきは良かった。パズルとひらがなとアンパンマン、最強の組み合わせという感じ。
もしかしたら少しはこれで覚えたかも。




↑これは2歳の時に買った絵本。ひらがなというよりは、食べ物を覚えるのに使う1~2歳児向けの本でした。
ムカつくのが、食べ物の最初の文字(い…いちご等)で統一すればいいのに、途中の文字を使ってるヤツもあるんですよ!(へ…ばうむくーへん等)ややこしいわ!そこは「へぎそば」にせんかい!(アンパンマンでへぎそばとは)


ひらがな3
↑これはダイソーにあった、ひらがな練習帳。
同じシリーズでめいろがあって、それは滅茶苦茶食いつきよかったんですが、ひらがなはやはり難しいのか、途中で「もうできない」と投げ出すことが多かったです。



↑これはホワイトボードマーカー&消しを使えば、何度も書いたり消せたりできる本です。
消せるのが楽しいみたいで食いつきは良かった。
これも途中で「もうできない」と投げ出していましたが、楽しいからか何度もやりたがったし、今後も使いそう。


ひらがな2
↑ダイソーのひらがなパズル。
ひらがながそのままの形でパズルになっています。列ごとに色も統一されてて探しやすいし、大きさも大きすぎず良い感じ。ただ、文字部分は小さいので小さい子の誤飲に注意です。
私はこの文字部分を使って「なんて読むでしょうゲーム」をよくしました。
「つみき」や「うんち」もよかったんですけど、オススメなのが「えいた(仮)」「ゆめ(仮)」など保育園のお友達の名前。
教室に貼ってあるのを見ていくつか覚えていたみたいで、当たるんですよ。当たらなくても興味を持って覚えようとしてくれました。
旦那はアルファベットバージョンがなぜないんだ!!と憤慨していました。ダイソーさんお願いします…!



もいもい (あかちゃん学絵本)
市原 淳
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-07-13


おならうた
谷川 俊太郎
絵本館
2006-07-01




↑ひらがなを覚えるのに役立ったかな、と思えた絵本を紹介します。

もいもいは、下の子用に貰ったんだけどムーコが食いついたのでよく読みました。ほとんど「も」と「い」しか出てこないんだけど、だからこそムーコも読めた。「文字を読む」事のとっかかりとしては良かった。
おならうたは前にも紹介したと思うんですが、図書館で借りたらムーコが気に入ったので買った絵本。楽しく濁音・半濁音を覚えられます。
ぱぴぷぺぽ、は、ストーリーは無くて、言葉遊び的な内容です。「たたちつて どんとながれて とんとんみどり」「いろすこし しろせんしかくは やみゆえよ」こんな文章。絵も良く分からん感じ。だからこそ「これは何かなあ」「ここは何色?」みたいな遊び方ができます。不思議と惹きつけられるものがあるのか、ムーコの食いつきは良いです。



というわけで色々紹介しましたが、「うちの子はコレでひらがなを覚えました!」という決定的なものはありません…。どうやって覚えたのか本当に謎です。色んなものから少しずつ覚えたのかな。
本人に聞いたら、教室の中にあるものを「先生これ何て書いてあるの?」と聞き、教えてもらって覚えたりもしたようです。「くすりを覚えたんだよ」と教えてくれました。

どれに食いつくかはお子さん次第かと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。









↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー 
instaバナー



74

 (4歳5ヶ月)




リアルにゾッとした。
4歳の伝達力は想像以上でした。
明日は我が身かもしれない。
変なことしないように気をつけよ…







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー



 72-1
72-2
(4歳6ヶ月)


もうちょっとやらせてあげるべきだよな…
タバスコくらい別にいいじゃないか、キャップ周りをしっかり拭いて、口に入れないように隣で見てあげてれば…
と反省しました。
急いでると言い方もずさんになってしまうから良くないよね。
1コマ目の場合は「ダメ」じゃなくて
「熱くて危ないから、こっちの盛り付けをお願いしていい?」とか言うべきよね。
隣で見てたのに、後から気づいた。
せっかくの自発的なお手伝い。言い方には気を付けようと思いました。

それにしても旦那の子供の頃のやらかし、さすがというかなんというか…。
テレビ以外にも貰ったオモチャは全て分解、破壊していたらしく、リアル・ジョジョのアナスイやんけ…と思いました。
10円玉事件は親戚の間でも伝説らしいです。病院には行ったけど、出てくるのを待ちましょうと言われて本当に出てきたとか。

私自身はそこまでやらかした記憶はなく、道端でたんぽぽの綿毛を吹きながらくるくる回ってたらドブに落ちたくらいなのでかわいいもんだと思いました。





↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー


67
(4ヶ月&4歳5ヶ月)



よく笑い、よく動き、うるさいムーコの事を観察し始めたナナオ。
そんなナナオと目があうたびに
「あ、ムーコお姉ちゃん」「あ、ムーコお姉ちゃん」「あ、ムーコお姉ちゃん」
と延々と言っていたムーコ。

すると、その言葉を覚えたみたいで、泣いてる時もムーコが「あ、ムーコお姉ちゃん」と言うと泣き止むようになったのです!!
すげー!
生後4ヶ月にして学習してるんですね。

そしてホントにムーコの事が大好きみたいで、ムーコを見るとよく笑うんですよ。
そんなナナオを見てムーコも嬉しそう。
良かった良かった。







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー
 
instaバナー

 



66
(4歳1ヶ月)




隣の車と張り合う…子供あるあるですよね~。

旦那は安全運転なので、ムーコの煽りにも乗りません。
 「パパは優しいから譲ってあげたんだよ」とか言いながら他の話題に変えています。

しかし「戦争」なんて言葉、どこで知ったんだろう…物騒すぎる。





 




↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー


 
61-1

61-2
61-3
61-4

(4歳5ヶ月)








これを見ていたんですが、こういうアニメって凄く凄くありがたいんですが、子供って「そのまま」覚えちゃうんですよね。

例えばこの動画は、迷子になった子が店内の警察官に話しかけ、親の携帯電話の番号を覚えていたからそれを伝えて、落ち合うことができたよって話なんですよ。
これを見た子供は、なるほどこうすればいいのか!ってなると思うんですが、お店って警察官居ないし、警察官に似た見た目の警備員さんだっていない店も多い。
長い携帯番号を覚えるのは小さい子だとムリ。
だからいざ自分が迷子になった時にどうしようもなくなっちゃうと思うんですね。(実際にムーコがそうだったので)

動画を見ていたときに私は「警察(本当は警備員)の人かお店の人に言って」と言ったのですが、こういう複数の選択肢を教えるのも、小さいうちは混乱するだけなので良くないなと思いました。
しかも、「警察かお店の人」って、どこに居るかも分からないし、居ても何て言ったらいいか分からない。
ふわっとした伝え方だったなと反省しました。

なので、どのお店で迷子になっても間違いなく実践できる方法、「レジの人に言う」
これ一つだけを徹底させる事にしました。
警備員は探すの大変だし、店内を歩き回ってるお店の人は、子供には追い付けない。
レジの人なら動かないし、レジそのものも出入口周辺にあるから探しやすい。

そして、いざ言うとなったらどうしたらいいのか?も練習しながら教えることに。

①レジの人の後ろにまわって、背中をトントンする。
②「迷子です」と言う。
③あとはお店の人のいうことを聞く。


迷子役とレジの人役を入れ替えたりして練習したら、楽しみながらやってくれました。
「レジの人の後ろにまわる」というのは、お客さんが並んでる横でムーコも一緒に並んだら連れだと思われるし、机やお客さんのカゴ等が邪魔になって気付かれにくい。なにより順番待ちで時間がかかってしまうので、後ろにまわって声をかけるという方法を伝えました。

また、「ムーコ、お店の人に言おうとしたんだけど、恥ずかしくなっちゃって」とも言っていたので、「恥ずかしくないよ、パパとママに会えない方が嫌でしょ?」「迷子はよくあることだよ」「みんなやってることだよ」などと羞恥心がなくなるようにしつこく言い聞かせました。

あとは迷子札(名前や連絡先を油性ペンで書いただけの紙ですが…)を入れたポシェット。
2歳くらいまではハーネス付きのリュックの中に入れてたんですが、いつしか使わなくなってそのままだったので、新しく買いました。本人が選んだものなのでお気に入り。なんだ、ハンカチティッシュも入れておけば超便利じゃん…(今までは私のを貸していた)
あとはお出かけする時に親が忘れずに持たせるようにしなければ…!

しかしムーコは女の子だからポシェットがあるけど男の子の場合はどうしたらいいんだろう。
と思って調べたらインフォバンドという手首に巻き付ける迷子札がありました!
ただし子供が嫌がってつけてくれない可能性もあるので、結局はリュック、ウエストポーチ、服の内側につけるなど、その子に合った方法を探す必要はありそうです。

今回はおおごとにならず良かったですが、なんで今までちゃんと対策しなかったんだろうと後悔したプチ事件でした。








**********

お知らせ

ライブドア公式ブログにて、私のリボ地獄漫画をとりあげていただきました!
他の方のお話も濃ゆいのでぜひ見てみてください!




**********




↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓





twitterバナー
 
instaバナー



37-1
37-2
 (4歳6ヶ月)



図書館がちょっと遠く、車じゃないと行けない場所なので今まで足を運んでいなかったのですが、旦那が育休中で車を出してもらえるので最近よく行きます。
うちの市は一度に10冊まで貸し出しOKなので、毎回10冊絵本を借りているのですが、こ…こんなに沢山の絵本をタダで読めるんですかぁ!?という感動を味わっております。

そもそも私が育児書を読みたくて図書館に行ったのがキッカケなんですけど、借りても読む時間がとれない&眠すぎて全然頭に入ってこないので困ってます…。
読んだ先から記憶がなくなっていくので、メモを取りながら読んでるんですけど、いつか、読んだ本からいい部分だけをかいつまんで紹介する記事も書きたいです。

だいぶ話がそれましたが、ムーコが絵本から色んな情報を吸収していく姿を見ると、絵本って大事なんだなと思うし図書館って素晴らしいシステムだなと思いました。
そしてリアルな羽音は出さないようにしようと思いました。









↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー
 
instaバナー



 




今年の運動会レポ漫画ですー。

運動会1
運動会2
運動会3
運動会4


2017年は号泣、2018年は体調不良で、ようやく今年の運動会では本領発揮できたようでした。
ちょっと泣いちゃったけど、それ以外はニコニコで、隙があればこちらに向かって手を振っていました。

私が超絶運動音痴なので心配でしたが、走り方が凄くサマになっていて、なによりとっても速くてビックリ!
障害物競争もあったのですが、平均台の時にしっかり両腕を横に伸ばしてバランスをとっているのを見て、きっとこうやって先生に教えられたんだろうな、ちゃんと守ってて偉いな~とジンワリきました。

心配していたナナオですが、運動会が午前中のみという事と、テントの下で観覧できたおかげで日焼けも熱中症も大丈夫でした。
普通のバウンサーやベビーカーだと場所をとってしまうので、ベビーカーの取り外せるヤツがあったのはラッキーでした。
ワキにはさむ冷却袋はわりとすぐに溶けてしまったのですが、氷枕が予想以上に凄くて、家に帰った時もまだ冷たかったです。背中が冷えすぎてしまったのでタオルを挟んだほど。
氷枕がよすぎて、凍らせたペットボトルは使わなかったので普通に飲みました。

しかし液体ミルクを飲まなかったのはショック…。
先月、親戚宅のBBQで初めて使った時は常温でも飲んだんだけど、温かめが好きなナナオはもう常温では飲まなくなってしまっていたのでした。
慌てて車で母乳をあげて持ちこたえさせました。混合で良かった…。
味は関係あるかな?と思って、帰宅後に温めた液体ミルクをあげたら普通に飲んだので(飲まなかったヤツは衛生面を考え捨てました)、やはり温度だったようです。
今後出先で使う時はカイロで温めておいてからあげる感じになるかな…。冬は苦労しそう。

ちなみに駐車場では何台か、エンジンをかけて中で涼んでいる人がいました。
私もナナオと一緒に、ムーコの次の競技まで休憩しました。

午前中のみという事だったのですが、お昼近くなって急激に温度が上がり始め、このままではヤバいという事で後半の競技を2つ中止して終わりとなりました。柔軟な対応に感謝。

毎年、うちの子こんなに成長した!?と驚きの運動会。
来年も楽しみです。

ちなみに私、一つも競技出なかったくせに翌日なぜか筋肉痛になりました。
運動してなさすぎてヤバイ。





↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー
 
instaバナー






ちょっと記事にするのが遅くなりましたが、今年も保育園で夏祭りがありました。


2017年1回目の夏祭り


2018年2回目の夏祭り 




夏祭りの流れとしては、自由時間(屋台アリ)が前半で、後半が園の出し物(年長さんの発表や盆踊り)なのですが、今年はナナオが居たので旦那とムーコには先に行ってもらい、ナナオを義母さんに預けてから私が後半から途中参加という形にしました。


ムーコは楽しんでるかな~?と思いながら行ってみると…。

5

おー!お友達と一緒に遊んでる!

しかしよく見ると…ムーコの顔がこわばってる。ニコニコのお友達と真逆で、全然楽しそうじゃない。

旦那に話を聞くと、同じクラスの〇ちゃんが
「ムーコちゃんだー!」

とテンション高く近づき、ほっぺをボニボニ触ってきたとたん、ムーコが一瞬で不機嫌になったそう。
「やめて」
と言ったものの声が小さく、ハイテンションの〇ちゃんには当然届かずに、手を引っ張られ振り回されているらしい。

そんなムーコを見て察した〇ちゃんのお母さんが
「あっちにパパいるよ」
と引きはがしてくれました。
「ごめんね~」
とムーコと私達に謝ってくれ、私と旦那は
「いえいえとんでもない!むしろこちらこそスミマセン!」

と言ったのですが…
〇ちゃんが去った後もムーコは俯いて立ち尽くし、ついにシクシクと泣き始めてしまいました。

私は、お友達とのやり取りでこんなふうになったムーコを初めて見たのでビックリ。
どうやらムーコは距離ナシが苦手なようで、急に触られたり、自分のペースを崩されるのが嫌みたいです。
逆に一定の距離を保ってくれて、まったりしている子とは相性が良いらしく、別のお友達とは楽しそうに遊んでいたのを旦那は見ていたそうです。

私から見たら、〇ちゃんは特に叩いたり意地悪をしてきたワケでもなかったので、そんなことで泣くの?と思ったけど、ムーコが嫌だと感じたなら仕方ない。

「急に触られて嫌だったの?」
ときくと
「うん。ムーコやめてって言ったのに」

「そっか。きっとムーコの事が好きで、楽しくてやっちゃったんだよ」
「……」


そうこうしているうちに盆踊りが始まり、ムーコの機嫌もなおったようでした。

20
いつものようにブレッブレですが、笑顔でした。ホッ。



そして、打ち上げ花火も終わり、お土産をもらって、さあ帰ろうという時。

「あ、ムーコちゃん!」


〇ちゃんと再びハチ合わせ。
帰る方向も同じみたいで
「いこう!」
と手を取り、引っ張る〇ちゃん。
案の定ムーコは不機嫌に…。
慌てて〇ちゃんのお母さんが引きはがし、ムーコは旦那が抱えました。
「本当にごめんなさいね~」
と申し訳なさそうなお母さんに、うちの旦那が
「いえいえ、気にせんとってください!ハハハ」
と笑うと、ムーコは
「笑わないで!」
と激怒し旦那を殴る蹴る。自分がバカにされたと思ったみたい。
「ムーコ、パパはムーコを笑ったワケじゃないんだよ」
と説明したものの、イマイチ理解できないみたい。

「〇ちゃん、痛いことしないで」

旦那に抱えられたまま、うしろを歩く〇ちゃんに言ったムーコですが、残念ながらまたしても〇ちゃんの耳には届かず…。

6
そのまま帰宅となりました。

「ムーコ、やめてって言ったのに。痛いことしないでって言ったのに」
そう繰り返すムーコに、何て声を掛けたらいいのか迷いながら、私は言いました。

「そうだね。ムーコはちゃんと言えたね。えらかったよ。
でもね、〇ちゃんは楽しすぎちゃって、ムーコの声がきこえなかったみたい。
みんな子供だからね、まだお友達の言うことを聞くのが難しい子もいるのよ。
だから、もしこれからも嫌なことされたら“やめて”って大きな声でハッキリ言ってね。それでもダメなら先生に言いな。あとパパとママにも言いな」


どこまで通じたか分かりませんが、ムーコは
「わかった」
と言いました。
「〇ちゃん大嫌い。でもムーコ、(外では嫌いって)言わないよ」
とも言いました。
4歳にこんな気遣いができるのか。と驚いた私は
「そっか、えらいね」
と褒めました。

そして連絡帳に今日のことを書きました。
お友達は悪くないことを強調しつつ(〇ちゃんの名前は出しませんでした)、ムーコはこういうのが苦手みたいなので、フォローも大変かと思いますが見守ってあげて欲しい、という内容です。

世の中には色んな性格の人がいて、合う合わないは必ずある。そんななかで自分なりに折り合いをつけながら集団生活をしていくということのスタートラインにきたのかな、と思いました。

個人的には、こういう友達同士のやり取りは成長するうえで必要なことだと思うし、正直、この程度で傷ついて泣くなんてどんだけガラスハートなのかと心配になります。
この先もきっと、小さいことで傷つくだろうと思います。
でもその都度、私がしっかり気持ちを受け止めて、上手く背中を押してあげる事ができたら、きっとムーコは自分なりに学びながら成長していってくれると信じています。

翌日、先生からは

「教えてくださってありがとうございます。ムーコちゃんと、どんなことが嫌なのか等お話をしました。全体のお集まり時にも、お友達とのふれあい方のお話を皆でしました。
まだまだ興奮して周りの状況が見えていなかったり、力加減が難しくトラブルになることが多い年齢なので難しいですが、その都度声がけをし、しっかり見ていきたいと思います」


というお返事をいただきました。
そこまでしてくれたことに驚き、逆に気を遣わせてしまって申し訳ない気持ちになりましたが、真摯に対応してくれた先生に感謝しました。




その後もしばらくは「〇ちゃんが引っ張った」みたいな報告を受けていたのですが、そういえば最近めっきりそういう話を聞いてないな…と思った私はムーコに
「〇ちゃんとはどうなの?」
ときいてみました。すると…

「〇ちゃん、謝ってくれたんだよ。だからムーコ仲直りしたんだ」
「じゃあ、〇ちゃんもう引っ張ってないの?」
「引っ張らないよ」


なんと、お友達の〇ちゃんも成長していました。
ゼロ距離の子なんて学生でも大人でも居るし、ムーコがかわせるようになればそれでいいと思っていたのですが、思いがけない〇ちゃんの変化にビックリ&嬉しくなりました。
子供って凄いなあ。

「×くんてね、バカばっかり言うんだよ。だからムーコ、もう×くんと遊ばんって言った」


最近は×くんの話題が多いです。
みんなガンバレ~!







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー


 31-131-2
(4歳3ヶ月)





ただでさえムーコのご飯が進まないのに、これで更に時間がかかるようになってしまいました…。

別の料理を食べるたびにイスをおりて、わざわざ私と旦那の耳元まで来て、咀嚼音をきかせてきます。
まあ、苦手な食べ物が減ったのはいいことなのかな…。


それにしても子どもの咀嚼音って凄く心地よくないですか?
もちろん口を開けたまま食べるニチャニチャ音ではなく。
フライのザクッ!ウインナ―のパリッ!
CMかよ!?ってくらいいい音するんだけど、どうやって出してるんだろうか。







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓








↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー


 54-154-2
54-3
54-4
(4歳5ヶ月)



ムーコの寝かしつけに関しては赤ちゃんの時から本当に苦労しています。

どうやら推測するに、寝る瞬間に孤独感や不安を感じたり、色々と考え事をしてしまって脳が休まらず寝つきが悪いようです。
基本的に眠りが浅く、赤ちゃんの時はわずかな物音で目が覚めていました。今はナナオが泣いても起きないくらい図太くなりましたが、それでも夜中に1度は目覚めて、周りに私やパパが居る事を確認してから寝直しているようです。(この時にたまたま私も旦那も他の部屋に居たりすると、起きて探しに来る)

眠りが浅い事で唯一得したことは、おねしょを一度もしたことがない事です。
今は朝までトイレに行かなくても大丈夫だけど、オムツを外したばかりの頃は一晩に1回はトイレに行っていました。
寝ててもモゾモゾし始めて、そのうち起きて「おしっこ」って言うんです。
旦那は「俺の妹は小学生になってもおねしょしてたのに」と衝撃を受けていました。
私自身もおねしょをしたことがほぼ無い&眠りも浅いタイプなので、私の遺伝かもしれません…。

漫画では猫のぬいぐるみを抱いていますが、実際は3体のぬいぐるみをいっぱいに抱えて寝ていますw
そこから更に手を伸ばして、私や旦那の首をゴシャゴシャしながら寝ています。
なんで首なの?と聞いたら「柔らかいから」とのことでした…。

1人で寝てくれればどれだけ楽か…と思いますがこれもムーコの気質なので、寝る前は色々お話して安心させてあげようと思います。
そして少しずつ手繋ぎに誘導していけたらいいな…。




*寝かしつけシリーズ*

【育児漫画22】夜泣き

【育児漫画23】寝顔

【育児漫画24】寝かしつけ

【育児漫画36】子供 寝ない

【育児漫画37】効果バツグン

【育児漫画40】深夜ドラマ~育児ver~

子供が「寝る子」かどうかで子育ての難易度が激変

【育児漫画128】子連れで深夜コンビニ行ってた話

【育児漫画202】ムーコの昼寝




↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー 
instaバナー


 4748
(4歳4ヶ月)



これはBaby Busの「危険防止」というアプリなんですが、家の中のいろんな危ない場所を遊びながら理解できるという優れたゲームです。
その中で、
知らない人が来たら「ドアを開けない」
お友達が来たら「ドアを開ける」
というヤツがあるんですが、ムーコはその操作をスムーズに行うので、ちゃんと分かってるもんだと思ってました。
実際に「知らない人が来たらドアを開けたらダメだよ」と言っても「わかった」と言ってたし。

しかしまあ、まんまと開けましたよね。
はーい!っていい声でこたえて、鍵も開けちゃってるもんね。

実はこれ初めてじゃなくて、今までも何度かやりそうになってて、その度に「待って!まずモニターを見てから!」と制止してたのですが、今回は私がトイレに行ってたせいで開けてしまいました。
セールスはたまにしつこかったりタチの悪い人もいるのでモニターごしに断ってるんですよね。
開けて欲しくなかった。
ムーコひとりでお留守番させる予定はありませんが、この癖はなんとかしないと…。
ピンポンのたびに、繰り返し教えていくしかないかな。

ゲームで理解してても実際は衝動に勝てない、まだまだ4歳なんだなと思い知ったエピソードでした。






↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー
 
instaバナー