千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

娘や息子の育児記録と、それに奮闘する自分自身の記録などを漫画で描いています。

カテゴリ: 夫婦

多分、先生や看護師さんたちがすぐ見れるようにと、この角度でパソコンが開かれていたのだと思います。リアルタイムで、陣痛室に居る妊婦さんのグラフが動いているのはとってもリアリティがありました…。一人目は里帰り出産で旦那は居なかったので、このNSTの事を旦那は

70-1
70-2



多分、先生や看護師さんたちがすぐ見れるようにと、この角度でパソコンが開かれていたのだと思います。
リアルタイムで、陣痛室に居る妊婦さんのグラフが動いているのはとってもリアリティがありました…。
一人目は里帰り出産で旦那は居なかったので、このNSTの事を旦那は知りません。
私は一人で悶えました。

しかし一気に蘇るもんなのね…。
一気に出産の恐怖が沸き上がってしまいました。
怖い怖い怖い怖い…。


ちなみに…
NST(ノンストレステスト)とは、吸盤みたいなやつをお腹に貼って、子宮の収縮と胎児の心拍をグラフにする装置です。
子宮が収縮するとグラフ線が跳ねる→陣痛中(痛い)というしくみです。

私は陣痛時に、めっちゃ痛かったのにグラフが弱いから、まだ生まれるのに時間かかるね~。もっと大きな山にならないと。と言われて絶望した思い出。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


子育ネタ22-1

子育ネタ22-2



正解は「じんましん」



旦那は天然で、日常的に言い間違いをしています。
あまりに多いので、ツッコむ気力も失せているのですが、この時はさすがにツッコまずにはいられませんでした。
真面目な顔して「マシンガン」はないだろう…。



ちなみに、最近あった言い間違い。


・セサミストリートの「ビッグバード」を「イエローバード」

バスボールから出てきたビッグバードをずっとそう呼んでいたので、娘が間違えて覚えたらマズいと思い、訂正しました。


・バイキンマンがアンパンチで飛ばされる時の「バイバイキーン」を「ハーヒフーヘホー」

最近寝る前に娘が即興のお話をねだるようになり、「アンパンマンとムーコが出てくる話」という指定が多い。
旦那が居る時は旦那がお話をしてあげているのですが、なぜか毎回やっつけられたバイキンマンが「ハーヒフーヘホー」と言っているので、どうしても気になり、ある日私が「それバイキンマンの挨拶だから。やられた時はバイバイキーンだから」と訂正しました。



きっと今後も何かしら言い間違いをしていくのでしょう。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


子育ネタ961
子育ネタ962




言い方も上手いから、その時は気づかない。

旦那はお願いすれば文句ひとつ言わずに何でもやってくれるとても良い人なのですが、料理に関しては苦手意識があるようで、あんまりやってくれません。
なので旦那が休みの日は、だいたい外食。

子供が、栄養バランスを気にしないで好き勝手外食できるのは、普段私が頑張って栄養バランスを考え、料理を作っているからだという事を、もっと旦那は理解すべきだと思う(力説)。

言いましたけどね。分かってるよ~とは言ってましたけどね。(軽い…)


夫婦と言えども他人ですから、ん?と思うような事が起こるのはお互い様なのですが、
今困ってるのは、

怒りが遅れてやってくる

という事。

出産してから脳みその反応が鈍くなってしまったみたいで、旦那に言われた事を後から思い返して

「あれは何だったんだ?」
「あの言い方はないだろう(怒)」

と思う事が増えました。

前までは「ちょっと待って、それどういう事?」と言えた事も、今はスルーしてしまって、後から気づくというパターン。
後だしになるから、掘り返して旦那に文句は言いたくないし…(これはいくら何でも言うべきだと思った事は言いますが)
でもあの言い方はちょっと無いよなあ…。

などと一人モヤモヤイライラする事がたまにあります。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





前の記事↓
産後の日記に現在の私がツッコんでみる2



タイトルのまま。産後に書いた日記に、現在の冷静な私がツッコんでみる記事。
続きです。





2015年10月18日
赤ちゃん寝てるとき起こされるのマジで殺意わく。昨日は拡声器でなんか喋ってる車、今日は配達員のデカイ声。仕方無いし狭い家が悪いんだけどムカつくわ。


生後半年。この話題もTwitterでほんとよく見ます。
ウトウトしたから細心の注意をはらって布団に置いたら泣き。また抱き上げてあやしてウトウトしたら布団に置き…。と何十分もかけて、ようやく寝てくれて、これから哺乳瓶の消毒と、部屋の片づけと…と思っていると…

ピンポーン!
〇〇さんからお届け物でーす!


子供ビクウッ!
「……うええ~~~」
私、絶望。

…もうね「赤ちゃんいるんで声静かにお願いします(怒)」って言ってしまったよ。
あとね、これ私も悪いんだけど、鍵閉め忘れると、勝手に玄関を開けられるんですよ。配達員に。
「開けないでもらえますか(怒)」って言ってしまったよ。
クレームとかほぼ言ったことないし、知らない人に対して怒りを表現するのって凄く苦手だったんだけど、それを通り越して言ってしまうほどムカつきました。

街宣車もね。あまにりムカついたから「選挙カー 意味 ない」とかで検索かけましたよ。
絶対意味ないでしょ。ただ名前連呼してるだけやん。うるさいだけやん。
そしたらどうやら意味あるらしく。
おじいさんおばあさんなんかが投票に行った時に
「誰に入れよう…そういえばこの名前の人聞いたことあるな…」
という理由で投票する事があるみたいなんですよ。
こっちからしたら、ただ名前聞いた事あるってだけで!?その人に決めちゃうの!?って思うんですけどね。
でも、選挙カー使う事で実際にそのような効果があるわけだから、皆やってるとの事です。

くやしい~~~~~~
そして殺意~~~~~
ブログオリジナル絵3
旦那のくしゃみも要注意。
これで起きてしまって泣くというパターンが2度ありまして。責任取って旦那に寝かしつけてもらいました。



2015年11月21日
旦那が変な臭いになってしまって、それだけが残念です。
私のホルモンのせい?それとも旦那の加齢臭?


これ!妊娠の時から感じてたんです!
でもね!今は感じません!
完全にホルモン!人体の謎!
旦那は何も悪くないから本当に申し訳ない!ホルモンをなんとかしてくれ!!



2016年4月19日
まさか九州に引っ越して地震に遭うとは思わなかった。
今のところ我が家に被害はないけどほんと明日は我が身だわ。
てか旦那が無能すぎて怒りが。
地元なのに避難場所知らないとかありえんでしょ。


4月といえば熊本地震ですね。私の住んでるところは大丈夫でしたが、熊本の方々は本当に大変だったと思います。
先日も大阪で大きな地震がありましたね。本当にいつ何が起こるか分からない時代です。
遅いんですけど、私、この熊本地震の時に産後初めて避難用の荷物を作りました。
東日本大震災の後も荷物作ってたんですが、結婚して引っ越してからサボってました。
今でも家に置いています。半年に一度くらい中身チェックしてます。

旦那の、避難場所知らない発言は…。これだけは、ちょっと今見てもどうかと思いますね…。
嫁に来た私ですら知ってた事を、知らなかったわけですから…。



2016年8月22日
最近我が子がめっちゃ可愛く見える。美人ではないけど、フォルムとか仕草とかヤバい。
今が一番可愛い時期なのかも。とにかく可愛い


えーと、3歳3か月の今も、「今が一番可愛い」と思っております。




というわけでいくつか紹介させていただきましたが、これ以外は基本的に暗く、辛い辛いと書き連ねているだけの内容のものがほとんどだったので…省かせていただきました………。

特に子供が0歳の頃は、旦那が帰って来る頃には私は完全にHP、MPともに0の状態だったので、夫婦の会話もほとんど無く、ピリピリしてる私に旦那がビビるという状態だったのを申し訳なく思っております。
でも「あとちょっと頑張って旦那に一声かけたら違ったのかも」とは思うものの、
「あとちょっと」が無理なくらい本当に追い詰められていたのも事実で。
日記に書かれてた事以外の記憶が、ほとんど無いという状態です。

今現在、当時の私と同じように追い詰められているママさんも、結構いるんじゃないかなと思っています。
ママさんに、これ以上頑張れとは言えない。
いつか楽になるよなんて、適当な事も言えない。
ただ、少しでも休めますように、と、それだけ願っております。

今書いてる日記も、あと数年して振り返れば、懐かしく感じたりするかな。
またいつかやりたいです。





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




前の記事↓
産後の日記に現在の私がツッコんでみる1


タイトルのまま。産後に書いた日記に、現在の冷静な私がツッコんでみる記事。
続きです。
世の旦那さまが見たら気分が悪くなる可能性があります、ごめんなさい。
でも私自身がおかしかった部分も多いんです。
反省を多めに、振り返ります。




2015年7月9日
お願いした事ぜんぜんできてねーし
買い物すらまともにできねーし
効率が悪い私以上に効率悪いし
お互い日本語通じなさ過ぎてイライラ


生後3ヶ月。かなり危ない状態になってます。
日記によると、この「お願いした事」は私の里帰り中にやっておいてほしいと頼んだ事が出来ていなかったようで。
具体的な例としては、里帰りによって数か月使われていない私の布団を、私が戻るまでに一度干しておいて欲しい、という内容。
旦那は「どの布団か分からなかったから」との理由で、自分のだけ干した模様。
めっちゃムカつきました。
押し入れに布団は1組しか入ってないし、分からないなら私に聞けよと。時間はたっぷりあったはず。

しかし!
しかしですよ!
今、冷静になって考えたら、そこまで怒る事だったかな?と思うんです。
旦那の布団だけ干してあるなら、旦那の布団を私が使えばよかったのではないかと。
うちの旦那は多分そのつもりだったと思うんですよ。彼の性格を考えると。

「布団?どれ?よく分かんね~。まあいいや、オレのだけ干して、いざとなったらオレの布団使って貰えばいっか」

こうだったと思うんです。
だから湿って埃のついた布団には旦那に寝て貰って(それも酷いw)、旦那の布団を私と赤ちゃんで使えば良かったかな、と。
しかし当時の私はそこまで考えられず、ただただムカついてしまいました。

「買い物すらまともにできない」
「効率が悪い私以上に効率が悪い」

この辺に関しても、今思うと仕方ないと思うんですよ。
初めての事なんだから分からない事があって当然。
私だって、よく間違えたり忘れたりもするし。
でも、そんな自分の事は棚にあげ、次々に襲い来る赤ちゃんの世話に追い立てられて、つい焦ってイライラして、旦那にキツくあたってしまったのです。

ブログオリジナル絵2

こんな感じで、イライラしながら早く早く!って思ってました。

そして、自分の頭がおかしくなってる自覚があるから「お互い日本語が通じない」という表現を使っています。
上の絵のように「オモチャ」とか「替えるヤツ」とかおおざっぱに言っても相手は分からない。
私がきちんと旦那に伝えられないんなら、旦那が正しく受け取れなくても仕方ないですよね。

あと一回続きます。

産後の日記に現在の私がツッコんでみる3





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





※育児漫画の記事ではありません。



せっかくブログ開設したからにはオリジナルの記事も書いてこうと思っているのですが、いかんせん普段の仕事&育児で疲れ果ててしまいなかなか手が進まずにいました…。

しかし今日ふと、過去の私の日記を漁っていたら
「私こんな事考えてた?」
というような内容のものがいくつか出てきたので、それを振り返る記事なんてどうだろう、と思い、書いてみる事にしました。



そう、それは産後の私。

当時は本当に余裕がなくてピリピリイライラしてて、赤子にふりまわされ絶望し、あんなに好きで結婚したはずの旦那に殺意を抱き、botしかフォローしていない鍵付きのSNSに独り愚痴をぶちまけていました…。

その内容を掘り起こし、今の冷静な私がツッコミというか分析をしてみようと思います。


ではゴー↓↓




2015年4月23日
今日久々にうんち漏らしそうになった。普通に我慢しすぎて


これは産後14日目の日記です。トイレに行く余裕すらなく、うんちを我慢しすぎてヤバくなったようです。
てか「久々にうんち漏らしそうになった」という事は過去にも漏らしそうになった事があるのでしょうか?覚えていません…。



2015年4月30日
ギャン泣きしてたのがようやく寝て、私もだいぶ寝過ごしてしまったけど何時に母乳あげたか覚えてない、あげてないのだろうか。もう時間の感覚が無い。
ただ覚えているのは、窪塚とセックスする夢を見たということ。


同じ4月の日記。ひたすら授乳とオムツ替えと抱っこを繰り返していると時間の感覚も無くなりますね。わかる。しかし窪塚くんとセックスする夢を見た…?残念ながら全く記憶にありません。



2015年5月6日
朝というか寝起きが結構絶望的。
モーレツな眠気と、あ、居るんだ…っていう現実。体ダルくて動きたくないし。
そして寝る前のことがおもいだせないから哺乳瓶洗ったっけ?って毎回思う。
赤ちゃんが可愛いと思う時と絶望とか交互に来る


出産から1ヶ月近く経ったときの日記。
まだ子供が居るっていう実感が湧かなくて、眠気と現実のはざまで精一杯育児をしていました。
けっこう辛い内容です。

ちなみに自分が覚えてる中で一番辛かったのは、夜中に泣きわめく赤ちゃんを抱きあげる気力も体力もなく、布団の上で土下座した状態で赤子を抱え上げ、なんか王様に献上する人みたいな格好のまま寝てたことです。
ブログオリジナル絵1

泣き止まない声に心配した姉が起きてきて部屋を開け、この状態の私を見て無言で抱っこを代わってくれました…。有難かった…。



2015年5月21日
ホルモンのせいかな?
赤ちゃんがめっちゃ可愛く見えてきた


同じ5月でこの変わりよう。怖い。



2015年7月5日
寒いからって渡された布団が暑くてキレそう。もう色々なものがたまって
キレそう


私は里帰り出産したんですが、産後に血種ができ手術した(この話もいずれ書きます)せいで九州に戻るのが遅れ、この日に家に戻ったんですよ。飛行機乗っての長旅。ヘトヘトになりました。
疲れたけど、不安だらけだけど、これからここで子育てしていくぞ!という気持ちで家に入りました。

そしたらですね、家の中が全く片付いてないんです。
赤ちゃん用品とか用意してくれたのはありがたいけど、適当に放置してあるだけで全然使える状態じゃない。旦那の私物も散らかってる。私の荷物すら置く場所なし。
疲れた体に鞭打って、部屋の片づけと赤ちゃんグッズの組み立てしないといけないのか!?と。
赤ちゃんの面倒見ながら!?と。
かなりイライラしました。

そんなだから、夜に渡された布団にもキレそうになりましたよね。てか、心の中ではキレてました。
(これに関しては、理不尽なブチギレだと反省します)




自宅に戻った初日から旦那にイライラしてしまう私。大丈夫なのか!?
 (全然大丈夫じゃない)(つづく)

産後の日記に現在の私がツッコんでみる2





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




子育ネタ251
子育ネタ252



旦那が洗濯物を干してくれるとだいたい

・ちゃんと叩いてないのでシワシワ
・長袖は高確率で袖が内側に入っている(私はそもそもそんな脱ぎ方しないので旦那の服がそうなってる)
・畳んだ衣類はタンスにしまわずに山積み(畳まずに山積みのままの事も多い)

状態なんですよね。

旦那が掃除機をしてくれるとだいたい

・トイレはかけない
・キャットタワーをかけない
・フィルター掃除をしない

なんですよね。

で、最初はイライラしたんですが、ある日思ったんです。
いや待てよ、お互い様じゃね?と。

旦那は子供が怪我をするかもしれない部分にとても敏感で、娘が赤ちゃんの時はあらゆるコーナーガードや引き出しロックなどのグッツを取り付けてくれました。
「ここにぶつかるかもしれない」と、私が気づかなかった危険な部分を教えてくれたりしました。

この漫画にあるように、どんぐりの先っぽも、意外と鋭くて危険だという事を察知して削ってくれた時は「洗濯物は何度言っても直らないのに、そういう所だけは気が利くんかーい!」とイラっとしてツッコミを入れてしまったのですが、冷静に考えたら私が気が付かない部分をカバーしてくれてるんだ…と思えて、持ちつ持たれつ、お互い様かな。と思えるようになりました。

お互いの目のつけどころが違うからこそ、上手く回るのかもしれませんね。(うまい事まとめた)





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




子育ネタ121
子育ネタ122
(2歳2ヶ月)


子供が保育園に入園する前までは、夫婦二人っきりで出かけるという事がほぼ無かったんですよね。
だからたまに二人きりになるとなんか気恥ずかしいというか会話が続かないんですよね。会話の内容も、子供の事がほとんどだったりして。
そして条件反射で子供に向けた言葉が出てしまうという…。

子供が保育園に通ってる現在は、二人きりの時間も前より増えたので気恥ずかしいと思う事も無くなりました。
会話の内容は相変わらず子供のことばかりですけどね!


しかしほんと、昔に比べて独り言が増えましたよ。
常に子供に話しかけているせいでしょうね。
そして、子供に合わせて歩いているせいで、歩くスピードがとても遅くなりました。
私一人の時でも遅いんですよ、めっちゃ。ヒール履いてないのに。

世のおばちゃま達が、独り言が多いのも、歩くのがゆっくりなのも、子育ての影響だと私は勝手に思っています!





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



子育ネタ111
子育ネタ112



これはTwitterにあげたらバズって約4万リツイート、5.3万イイネされた漫画です。

様々なネットサイトで取り上げていただき、abemaTVでも使っていただきました。
LINEニュースにもなって旦那はおろか実姉にもバレました。
(旦那の感想「すごいじゃん!」)


共感しました!というコメントをとても多く貰ったのですが、次点で

「家事くらい自分のタイミングでやりたい、一度頼んだなら手を出すな」

という意見がありました。

夫婦だけとか、大人ばっかりの家族で、皆が納得してるなら別に自分のタイミングでやっても問題ないと思うんですよ。(やろうと思ってたタイミングより先に、シンクを使いたい人が居ると迷惑になるので、その辺は考えるべきだと思いますが)
ただ、小さい子供がいる家では、この限りではないと思うんです。

この記事を読んでるのは育児中の方が多いと思うのでお分かりになるでしょうが、乳幼児が居ると、自分のタイミングで家事ってできないんですよね。

この漫画で言えば、寝かしつけ中に皿洗いされたら子供は起きて部屋を出て行ってしまうので、寝かしつけ前に終わらせておくか、完全に寝た後にやるしかない。
でも子供はその日によって全然寝なかったりして、うちの子の場合は寝るのが深夜1時過ぎとかもザラでした。しかも眠りが浅く私が布団から抜け出すとすぐ泣く。

子供が寝るのが遅いと、旦那も普通に寝てるので、わざわざ起こすわけにもいかないし。ギリ起きてたとしても、もう疲れて眠い時間だから食器洗うのもキツイでしょう。もしくは私が真夜中に子供の眠りが深くなった一瞬のタイミングで布団を抜け出して洗うって事になって、それもキツイ。
次の日の朝なんてもうバタバタなので、大量の食器を洗う暇なんか勿論ないわけで。

結局自分たちにとっての最善策を考えたら、やっぱり子供が寝かしつける前に終わらせておくというのがベストだと、私は考えました。
それが「皆が早く休める」という事に繋がると。

だからこの場合「旦那が皿洗いをする」という事が大事なのではなく
「寝かしつけ前に皿洗いを終わらせておく」という事が一番優先されるべき事なので、私が洗った。
という事なのです。

この認識の違いを、旦那に何度か話したのですがイマイチ分かって貰えなくて、モヤモヤしてたんです。


また、この漫画のコメントで
「お風呂に入ってくるから、その間に食器洗いしておいてね、まで言わないと分からない」

という意見もいくつか貰いました。
私としては「お風呂入ってくるから食器洗いお願いしていい?」という言葉で
「お風呂に入ってくるから、その間に食器洗いしておいてね」という意味に取れない事の方が衝撃でしたが、実際に分からないという事が発覚したので、私の伝え方が悪かった部分も認めなければなりません。

反対に旦那も「疲れてて休みたいから後で洗うね」と言ってくれれば、私も「じゃあ私がやるからいいよ」と言えたし。純粋にコミュニケーション不足が招いたすれ違いですよね。


育児をしていると本当に毎日がクタクタで、旦那が帰ってくる頃には口を開く余裕もなく、本当に最低限の「明日ごみの日だよ」とか「この書類出しっぱなしだけどいらないの?」とか、そんな言葉しか話せなくて、旦那側からしたらいい気分じゃないのは分かってるんです。

旦那側も、疲れて帰ってきたのに家事育児の手伝いで休む暇もなく大変だと思います。

お互いあと一歩頑張って寄り添えれば、このようなすれ違いやモヤモヤが無くなるかもしれません。
この一歩すら踏み出せないくらい、いっぱいいっぱいなんです。という場合は、その気持ちをLINEでも何でもいいので、伝えた方がいいでしょうね。私自身も色々反省しなくてはいけない事が多くて、こんな事言える立場でもないんですが…。



この漫画がバズった事で、たくさん批判のコメントも貰って疲弊しましたが、

「同じことを思ってたけど相手に伝えられずモヤモヤしてました。なぜモヤるのか理由が分かってスッキリしました」
「同じことを母に言われていて、その理由がわかりました」


などのコメントも結構貰って、それが一番嬉しかったかな。

あと、「この夫婦は離婚する」みたいな意味不明なコメントも来ましたが、その後問題も解決しておりますし今の所夫婦円満なので大丈夫です。
そして食器洗浄機も導入しました。

しかしこの問題は解決しても、また新しい問題が出てくるのが家族というものなので、試行錯誤しながら頑張っていきたいと思います。






この漫画を取り上げてくださったネットサイトの記事です。興味のある方はどうぞ↓

grape
COROBUZZ
ねとらぼ
Up to you!
IRORIO
リメンズ
mamaPRESS





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



子育ネタ61
子育ネタ62



この1、2コマ目の旦那の言葉を聞いた、当時の私は
「なるほど、放っておかれて仲間外れみたいにされたら確かに寂しいよね。私は気を付けよう」
と思っていました。

しかし自分が出産したら、あまりの体のキツさにびっくり。
そして赤ちゃんの世話で精いっぱいで自分の事すら手が回らない。

この「自分の事すら」というのがどの程度なのかというと、ご飯を食べる、トイレに行く、寝る、という本当に人間として最低限の事すらできないんですよね。

こんな事になるなんて、出産前は想像もつかなかった。

一つ前の記事
【ギモン】
にもあった「自分の事は自分でしましょう」という言葉。
これほどまでに身に染みるとは思いませんでした。

旦那が汚したものくらい、片手間で片づけられると思ってたんですよ。
でも、それすら無理だったんです。

もし数十秒間、手が空いたらトイレに行きたい。
一瞬でもいいから寝たい。
そんな状態なのに、その数十秒を使って旦那が汚したものを片づけなきゃいけない。
それがどれほどストレスか!
しかも、その辛さを旦那に説明する時間も気力も無いという…。
ほんとこれは、実際に経験しないと分からないものなんだな~と思いました。

そんな中、文句ひとつ言わず家事育児をサポートしてくれた旦那にはとても感謝しています。
(旦那の落とし物にはムカつきましたが、他の面で色々やってくれたので助かった部分がいっぱいあります)
今は心にも時間にも余裕ができたので、当時の事を振り返る事もできるのですが…
旦那に「寂しかった?」と聞いたら「怖かった」との事です。






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー