千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

娘や息子の育児記録と、それに奮闘する自分自身の記録などを漫画で描いています。

カテゴリ: 夫婦

前回 と微妙に繋がってます。 少し前に話題になってましたね。子連れ出勤。普通に育児したことある人なら「そんなん無理に決まってんじゃん」とすぐ分かるのですが…。当時の旦那はこんな感じでした。最初は冗談で言ってるのかと思ったのですが、なんか普通に「イケるでしょ

前回

と微妙に繋がってます。
 


124-1
124-2




少し前に話題になってましたね。子連れ出勤。
普通に育児したことある人なら「そんなん無理に決まってんじゃん」とすぐ分かるのですが…。

当時の旦那はこんな感じでした。

最初は冗談で言ってるのかと思ったのですが、なんか普通に「イケるでしょ」なニュアンスで話してて…
むしろ「こんな可愛い子供が職場に居たらみんな癒されるでしょ」くらいの勢いで…
ビックリしました。

完全にペット感覚やん…。
他の人に見ててもらうとか、絶対無理だし。
私だったら、よその子を見てる責任と緊張で、自分の仕事なんてできない。

保育園や幼稚園は、建物の構造や柵や棚の配置など全て、子供が危なくないように配慮して子供のために作られてる。
でも普通の会社は大人向けに作られてるから、机の角や機械、コンセントなど危ないものだらけ。
キッズスペースももちろんなし。
どう考えても無理なのに、当時の旦那はそういう感覚が全くなかったんでしょうね。
国のお偉いさんたちと全く同じ考え方をしていたのでしょう。

そして現在の旦那にそのことを聞いてみたら…。

完全にシラを切っていました。


自分が言ったことを忘れてるのか、それとも覚えていたのかは不明ですが、あまりツッコむと「そんなに俺をイジメないでよ(´Д⊂ヽ」みたいになるので深くは追及しませんでした。

あの時はあまりの話の通じなさに驚いたけど、ここまで価値観を変えてくれたことに感謝です。

※もちろん旦那に預けることはしませんでした。




↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

旦那とのなれそめ話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)

私が見た悪夢を漫画にしました



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓




ツイッター小
インスタ小







123-1
123-2



ナナオが産まれて旦那が育休とってからというもの、彼の育児に関するアップデートが凄くて、それは本当に素晴らしいし、ありがたい!

でも…。
なぜか、当時の辛かった私の魂が全然浄化しないんですよ…。

旦那があの時に言った一言をきれいさっぱり忘れて、
「いやファミサポは必要でしょ。カーチャンにもそんな頼れないし」
と手のひらクル~したのを見て、
どうしてもモヤモヤしてしまう、心の狭すぎる私…。

こういう「無理解だった頃の旦那」に関する記憶、忘れてしまいたいのに、忘れられないんですよね~…。


そもそも当時も、そんな旦那を押し切って登録したらよかっただけの話ですしね。
しかもファミサポはいつでも入会できるので、ムーコの育児が辛すぎる!ってなった時に登録に行けば良かったんですけど…。
そうなった時には既に遅しで、私、ムーコと二人で遠出をするのが怖くなってしまってたんです。完全に病んでて、毎日死んだ目で、ムーコの後を追いながら近所の公園やお墓(入口にある犬の像をムーコが大好きだった)を徘徊していました。
知らない人のお墓の草むしりをする事が唯一のストレス発散だったなあ…。
あと、「キツい」ってだけでファミサポや一時預かりなどは利用しちゃいけないと思ってました。
そんなことないんですけどね。

ファミサポ、一時預かり、病児保育などは事前の登録が必要なので、少しでも必要かもしれないと思ったら病む前に登録しておくことを強くおすすめします!使わなかったら別にそれでいいし。


話がそれましたが、私の魂が浄化されるのは結局子供たちが大きく育った姿を見てからなのかもな…と、ふと思ったのでした。



↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

旦那とのなれそめ話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)

私が見た悪夢を漫画にしました



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓




ツイッター小
インスタ小



旦那が子供を連れて外出、私が留守番していたときの話です。

 115



一気にイライラがしぼんで反省に変わりました。


本当に記憶って飛ぶんですね。
私は今まで「物を失くす」とか「やりかけのまま忘れていた」という経験をほとんどしたことがなかったのですが、子供が生まれてからは何度経験したことか…。
脳の衰えなのか、育児でタスクが中断されまくるのが原因なのか(多分どっちも)



持ちつ持たれつ



↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

旦那とのなれそめ話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)

私が見た悪夢を漫画にしました



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓




ツイッター小
インスタ小


93-1
93-2
 

旦那は、急に話しかけられたり、早口で話しかけられると、頭に入ってこないそうです。

付き合い始めの時に「早口で聞き取れない時がある」と言われ、それまで早口の自覚がなかった私はビックリしました。
しかも、バイトの引継ぎの時にもめっちゃ頑張って聞き取ってたと言われて更にビックリ。

自分のことを早口なんて思ったことがなかったので、あわてて友達に聞きました。
「ちょっと早いとは思うけど聞き取れるよ」
と言われました。
他のバイトの子に聞いても同じでした。

つまり、一般的には「ちょっと早い」の部類だけど、旦那は早口が苦手で、聞き取れないレベルだったということ。
そこはやはり私が旦那に合わせるべきだろうと、私はその日から、ゆっくり話すようになりました。

旦那は、言葉の間をあけるというかなり独特な喋り方をするのですが、基本的にはゆっくりです。
最初はペースをあわせるのに苦しみましたが、今はもう気にならなくなりました。
しかし…

先日東京へ旅行に行って


色々な人と会話をし、その間旦那と喋らなかったら、いつの間にか前のスピードに戻ってたみたいで…

家に帰ってから旦那に話しかけたら、「全然聞き取れない」と膝をつかれました。
申し訳ない…。







↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓





シリーズもの

リボで97万の借金が発覚した話

第一子出産レポ

第二子出産レポ

嵌頓痔核になった話

水イボとの奮闘記

10歳で性被害に遭った話(観覧注意)



​(※コメントは空いた時間に同じ記事のコメント欄にてお返事させていただいてます。遅かったり出来なかったりする事もありますがご了承ください)

↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー


70-1
70-2



多分、先生や看護師さんたちがすぐ見れるようにと、この角度でパソコンが開かれていたのだと思います。
リアルタイムで、陣痛室に居る妊婦さんのグラフが動いているのはとってもリアリティがありました…。
一人目は里帰り出産で旦那は居なかったので、このNSTの事を旦那は知りません。
私は一人で悶えました。

しかし一気に蘇るもんなのね…。
一気に出産の恐怖が沸き上がってしまいました。
怖い怖い怖い怖い…。


ちなみに…
NST(ノンストレステスト)とは、吸盤みたいなやつをお腹に貼って、子宮の収縮と胎児の心拍をグラフにする装置です。
子宮が収縮するとグラフ線が跳ねる→陣痛中(痛い)というしくみです。

私は陣痛時に、めっちゃ痛かったのにグラフが弱いから、まだ生まれるのに時間かかるね~。もっと大きな山にならないと。と言われて絶望した思い出。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


子育ネタ22-1

子育ネタ22-2



正解は「じんましん」



旦那は天然で、日常的に言い間違いをしています。
あまりに多いので、ツッコむ気力も失せているのですが、この時はさすがにツッコまずにはいられませんでした。
真面目な顔して「マシンガン」はないだろう…。



ちなみに、最近あった言い間違い。


・セサミストリートの「ビッグバード」を「イエローバード」

バスボールから出てきたビッグバードをずっとそう呼んでいたので、娘が間違えて覚えたらマズいと思い、訂正しました。


・バイキンマンがアンパンチで飛ばされる時の「バイバイキーン」を「ハーヒフーヘホー」

最近寝る前に娘が即興のお話をねだるようになり、「アンパンマンとムーコが出てくる話」という指定が多い。
旦那が居る時は旦那がお話をしてあげているのですが、なぜか毎回やっつけられたバイキンマンが「ハーヒフーヘホー」と言っているので、どうしても気になり、ある日私が「それバイキンマンの挨拶だから。やられた時はバイバイキーンだから」と訂正しました。



きっと今後も何かしら言い間違いをしていくのでしょう。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


子育ネタ961
子育ネタ962




言い方も上手いから、その時は気づかない。

旦那はお願いすれば文句ひとつ言わずに何でもやってくれるとても良い人なのですが、料理に関しては苦手意識があるようで、あんまりやってくれません。
なので旦那が休みの日は、だいたい外食。

子供が、栄養バランスを気にしないで好き勝手外食できるのは、普段私が頑張って栄養バランスを考え、料理を作っているからだという事を、もっと旦那は理解すべきだと思う(力説)。

言いましたけどね。分かってるよ~とは言ってましたけどね。(軽い…)


夫婦と言えども他人ですから、ん?と思うような事が起こるのはお互い様なのですが、
今困ってるのは、

怒りが遅れてやってくる

という事。

出産してから脳みその反応が鈍くなってしまったみたいで、旦那に言われた事を後から思い返して

「あれは何だったんだ?」
「あの言い方はないだろう(怒)」

と思う事が増えました。

前までは「ちょっと待って、それどういう事?」と言えた事も、今はスルーしてしまって、後から気づくというパターン。
後だしになるから、掘り返して旦那に文句は言いたくないし…(これはいくら何でも言うべきだと思った事は言いますが)
でもあの言い方はちょっと無いよなあ…。

などと一人モヤモヤイライラする事がたまにあります。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




※育児漫画の記事ではありません。



せっかくブログ開設したからにはオリジナルの記事も書いてこうと思っているのですが、いかんせん普段の仕事&育児で疲れ果ててしまいなかなか手が進まずにいました…。

しかし今日ふと、過去の私の日記を漁っていたら
「私こんな事考えてた?」
というような内容のものがいくつか出てきたので、それを振り返る記事なんてどうだろう、と思い、書いてみる事にしました。



そう、それは産後の私。

当時は本当に余裕がなくてピリピリイライラしてて、赤子にふりまわされ絶望し、あんなに好きで結婚したはずの旦那に殺意を抱き、botしかフォローしていない鍵付きのSNSに独り愚痴をぶちまけていました…。

その内容を掘り起こし、今の冷静な私がツッコミというか分析をしてみようと思います。


ではゴー↓↓




2015年4月23日
今日久々にうんち漏らしそうになった。普通に我慢しすぎて


これは産後14日目の日記です。トイレに行く余裕すらなく、うんちを我慢しすぎてヤバくなったようです。
てか「久々にうんち漏らしそうになった」という事は過去にも漏らしそうになった事があるのでしょうか?覚えていません…。



2015年4月30日
ギャン泣きしてたのがようやく寝て、私もだいぶ寝過ごしてしまったけど何時に母乳あげたか覚えてない、あげてないのだろうか。もう時間の感覚が無い。
ただ覚えているのは、窪塚とセックスする夢を見たということ。


同じ4月の日記。ひたすら授乳とオムツ替えと抱っこを繰り返していると時間の感覚も無くなりますね。わかる。しかし窪塚くんとセックスする夢を見た…?残念ながら全く記憶にありません。



2015年5月6日
朝というか寝起きが結構絶望的。
モーレツな眠気と、あ、居るんだ…っていう現実。体ダルくて動きたくないし。
そして寝る前のことがおもいだせないから哺乳瓶洗ったっけ?って毎回思う。
赤ちゃんが可愛いと思う時と絶望とか交互に来る


出産から1ヶ月近く経ったときの日記。
まだ子供が居るっていう実感が湧かなくて、眠気と現実のはざまで精一杯育児をしていました。
けっこう辛い内容です。

ちなみに自分が覚えてる中で一番辛かったのは、夜中に泣きわめく赤ちゃんを抱きあげる気力も体力もなく、布団の上で土下座した状態で赤子を抱え上げ、なんか王様に献上する人みたいな格好のまま寝てたことです。
ブログオリジナル絵1

泣き止まない声に心配した姉が起きてきて部屋を開け、この状態の私を見て無言で抱っこを代わってくれました…。有難かった…。



2015年5月21日
ホルモンのせいかな?
赤ちゃんがめっちゃ可愛く見えてきた


同じ5月でこの変わりよう。怖い。



2015年7月5日
寒いからって渡された布団が暑くてキレそう。もう色々なものがたまって
キレそう


私は里帰り出産したんですが、産後に血種ができ手術した(この話もいずれ書きます)せいで九州に戻るのが遅れ、この日に家に戻ったんですよ。飛行機乗っての長旅。ヘトヘトになりました。
疲れたけど、不安だらけだけど、これからここで子育てしていくぞ!という気持ちで家に入りました。

そしたらですね、家の中が全く片付いてないんです。
赤ちゃん用品とか用意してくれたのはありがたいけど、適当に放置してあるだけで全然使える状態じゃない。旦那の私物も散らかってる。私の荷物すら置く場所なし。
疲れた体に鞭打って、部屋の片づけと赤ちゃんグッズの組み立てしないといけないのか!?と。
赤ちゃんの面倒見ながら!?と。
かなりイライラしました。

そんなだから、夜に渡された布団にもキレそうになりましたよね。てか、心の中ではキレてました。
(これに関しては、理不尽なブチギレだと反省します)




自宅に戻った初日から旦那にイライラしてしまう私。大丈夫なのか!?
 (全然大丈夫じゃない)(つづく)

産後の日記に現在の私がツッコんでみる2





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




子育ネタ251
子育ネタ252



旦那が洗濯物を干してくれるとだいたい

・ちゃんと叩いてないのでシワシワ
・長袖は高確率で袖が内側に入っている(私はそもそもそんな脱ぎ方しないので旦那の服がそうなってる)
・畳んだ衣類はタンスにしまわずに山積み(畳まずに山積みのままの事も多い)

状態なんですよね。

旦那が掃除機をしてくれるとだいたい

・トイレはかけない
・キャットタワーをかけない
・フィルター掃除をしない

なんですよね。

で、最初はイライラしたんですが、ある日思ったんです。
いや待てよ、お互い様じゃね?と。

旦那は子供が怪我をするかもしれない部分にとても敏感で、娘が赤ちゃんの時はあらゆるコーナーガードや引き出しロックなどのグッツを取り付けてくれました。
「ここにぶつかるかもしれない」と、私が気づかなかった危険な部分を教えてくれたりしました。

この漫画にあるように、どんぐりの先っぽも、意外と鋭くて危険だという事を察知して削ってくれた時は「洗濯物は何度言っても直らないのに、そういう所だけは気が利くんかーい!」とイラっとしてツッコミを入れてしまったのですが、冷静に考えたら私が気が付かない部分をカバーしてくれてるんだ…と思えて、持ちつ持たれつ、お互い様かな。と思えるようになりました。

お互いの目のつけどころが違うからこそ、上手く回るのかもしれませんね。(うまい事まとめた)





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




子育ネタ121
子育ネタ122
(2歳2ヶ月)


子供が保育園に入園する前までは、夫婦二人っきりで出かけるという事がほぼ無かったんですよね。
だからたまに二人きりになるとなんか気恥ずかしいというか会話が続かないんですよね。会話の内容も、子供の事がほとんどだったりして。
そして条件反射で子供に向けた言葉が出てしまうという…。

子供が保育園に通ってる現在は、二人きりの時間も前より増えたので気恥ずかしいと思う事も無くなりました。
会話の内容は相変わらず子供のことばかりですけどね!


しかしほんと、昔に比べて独り言が増えましたよ。
常に子供に話しかけているせいでしょうね。
そして、子供に合わせて歩いているせいで、歩くスピードがとても遅くなりました。
私一人の時でも遅いんですよ、めっちゃ。ヒール履いてないのに。

世のおばちゃま達が、独り言が多いのも、歩くのがゆっくりなのも、子育ての影響だと私は勝手に思っています!





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



子育ネタ111
子育ネタ112



これはTwitterにあげたらバズって約4万リツイート、5.3万イイネされた漫画です。

様々なネットサイトで取り上げていただき、abemaTVでも使っていただきました。
LINEニュースにもなって旦那はおろか実姉にもバレました。
(旦那の感想「すごいじゃん!」)


共感しました!というコメントをとても多く貰ったのですが、次点で

「家事くらい自分のタイミングでやりたい、一度頼んだなら手を出すな」

という意見がありました。

夫婦だけとか、大人ばっかりの家族で、皆が納得してるなら別に自分のタイミングでやっても問題ないと思うんですよ。(やろうと思ってたタイミングより先に、シンクを使いたい人が居ると迷惑になるので、その辺は考えるべきだと思いますが)
ただ、小さい子供がいる家では、この限りではないと思うんです。

この記事を読んでるのは育児中の方が多いと思うのでお分かりになるでしょうが、乳幼児が居ると、自分のタイミングで家事ってできないんですよね。

この漫画で言えば、寝かしつけ中に皿洗いされたら子供は起きて部屋を出て行ってしまうので、寝かしつけ前に終わらせておくか、完全に寝た後にやるしかない。
でも子供はその日によって全然寝なかったりして、うちの子の場合は寝るのが深夜1時過ぎとかもザラでした。しかも眠りが浅く私が布団から抜け出すとすぐ泣く。

子供が寝るのが遅いと、旦那も普通に寝てるので、わざわざ起こすわけにもいかないし。ギリ起きてたとしても、もう疲れて眠い時間だから食器洗うのもキツイでしょう。もしくは私が真夜中に子供の眠りが深くなった一瞬のタイミングで布団を抜け出して洗うって事になって、それもキツイ。
次の日の朝なんてもうバタバタなので、大量の食器を洗う暇なんか勿論ないわけで。

結局自分たちにとっての最善策を考えたら、やっぱり子供が寝かしつける前に終わらせておくというのがベストだと、私は考えました。
それが「皆が早く休める」という事に繋がると。

だからこの場合「旦那が皿洗いをする」という事が大事なのではなく
「寝かしつけ前に皿洗いを終わらせておく」という事が一番優先されるべき事なので、私が洗った。
という事なのです。

この認識の違いを、旦那に何度か話したのですがイマイチ分かって貰えなくて、モヤモヤしてたんです。


また、この漫画のコメントで
「お風呂に入ってくるから、その間に食器洗いしておいてね、まで言わないと分からない」

という意見もいくつか貰いました。
私としては「お風呂入ってくるから食器洗いお願いしていい?」という言葉で
「お風呂に入ってくるから、その間に食器洗いしておいてね」という意味に取れない事の方が衝撃でしたが、実際に分からないという事が発覚したので、私の伝え方が悪かった部分も認めなければなりません。

反対に旦那も「疲れてて休みたいから後で洗うね」と言ってくれれば、私も「じゃあ私がやるからいいよ」と言えたし。純粋にコミュニケーション不足が招いたすれ違いですよね。


育児をしていると本当に毎日がクタクタで、旦那が帰ってくる頃には口を開く余裕もなく、本当に最低限の「明日ごみの日だよ」とか「この書類出しっぱなしだけどいらないの?」とか、そんな言葉しか話せなくて、旦那側からしたらいい気分じゃないのは分かってるんです。

旦那側も、疲れて帰ってきたのに家事育児の手伝いで休む暇もなく大変だと思います。

お互いあと一歩頑張って寄り添えれば、このようなすれ違いやモヤモヤが無くなるかもしれません。
この一歩すら踏み出せないくらい、いっぱいいっぱいなんです。という場合は、その気持ちをLINEでも何でもいいので、伝えた方がいいでしょうね。私自身も色々反省しなくてはいけない事が多くて、こんな事言える立場でもないんですが…。



この漫画がバズった事で、たくさん批判のコメントも貰って疲弊しましたが、

「同じことを思ってたけど相手に伝えられずモヤモヤしてました。なぜモヤるのか理由が分かってスッキリしました」
「同じことを母に言われていて、その理由がわかりました」


などのコメントも結構貰って、それが一番嬉しかったかな。

あと、「この夫婦は離婚する」みたいな意味不明なコメントも来ましたが、その後問題も解決しておりますし今の所夫婦円満なので大丈夫です。
そして食器洗浄機も導入しました。

しかしこの問題は解決しても、また新しい問題が出てくるのが家族というものなので、試行錯誤しながら頑張っていきたいと思います。






この漫画を取り上げてくださったネットサイトの記事です。興味のある方はどうぞ↓

grape
COROBUZZ
ねとらぼ
Up to you!
IRORIO
リメンズ
mamaPRESS





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



子育ネタ61
子育ネタ62



この1、2コマ目の旦那の言葉を聞いた、当時の私は
「なるほど、放っておかれて仲間外れみたいにされたら確かに寂しいよね。私は気を付けよう」
と思っていました。

しかし自分が出産したら、あまりの体のキツさにびっくり。
そして赤ちゃんの世話で精いっぱいで自分の事すら手が回らない。

この「自分の事すら」というのがどの程度なのかというと、ご飯を食べる、トイレに行く、寝る、という本当に人間として最低限の事すらできないんですよね。

こんな事になるなんて、出産前は想像もつかなかった。

一つ前の記事
【ギモン】
にもあった「自分の事は自分でしましょう」という言葉。
これほどまでに身に染みるとは思いませんでした。

旦那が汚したものくらい、片手間で片づけられると思ってたんですよ。
でも、それすら無理だったんです。

もし数十秒間、手が空いたらトイレに行きたい。
一瞬でもいいから寝たい。
そんな状態なのに、その数十秒を使って旦那が汚したものを片づけなきゃいけない。
それがどれほどストレスか!
しかも、その辛さを旦那に説明する時間も気力も無いという…。
ほんとこれは、実際に経験しないと分からないものなんだな~と思いました。

そんな中、文句ひとつ言わず家事育児をサポートしてくれた旦那にはとても感謝しています。
(旦那の落とし物にはムカつきましたが、他の面で色々やってくれたので助かった部分がいっぱいあります)
今は心にも時間にも余裕ができたので、当時の事を振り返る事もできるのですが…
旦那に「寂しかった?」と聞いたら「怖かった」との事です。






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー