千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

カテゴリ: 0歳

2人目の授乳をしていていて、「あ~あったな」と、色々思い出しました。というか、1人目と全く同じ失敗をくり返している…。全く進歩していない。​(※ただいまコメントのお返事はストップさせていただいております)↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!
続きを読む



9-1
9-2



2人目の授乳をしていていて、「あ~あったな」と、色々思い出しました。

というか、1人目と全く同じ失敗をくり返している…。全く進歩していない。







​(※ただいまコメントのお返事はストップさせていただいております)


↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

前回の続きです。


1558913111844


その後のツイートをご覧ください。






自分では大丈夫だと思ってたんですが、やはり産後メンタルになってたようで、不覚にも泣いてしまいました。


こういう、ちゃんと言わなきゃ!っていう時って、私、怒りよりも先に涙が出てきちゃうんですよね…。
強くビシっと言える人がうらやましい。

でもメンタルやべー認定されたし、あの院長には怒りで対峙しても効果ないだろうし、結果的にはミルク許可が出たので良かったかなと思いました。

しかし、どうしても気になったのは
「楽をする」

って表現なんですけど。

お母さんにとってミルクって「楽」じゃないし(手間もお金もかかるし)。苦労したら赤ちゃんに愛情が湧くとも限らないし。
むしろ楽なら楽になった方が育児に余裕も持てるし。
実際私はムーコの時の授乳でめっちゃ苦労したけど、眠れないし乳首も痛かった新生児期にムーコに対して愛情があったかというと、ぶっちゃけ「死なせないように」っていう使命感しかなかった。そしてその頃の記憶はほとんど無い。
だから個人的には、楽=赤ちゃんへ対する愛情が育たない、という考えには疑問です。


そして、その翌日に退院前の内診チェックがあり、再び院長と話をする機会がありました。
その際にも、母乳について説明がありました。

院長曰く、僕が母乳を推奨する理由は、母乳の成分によって赤ちゃんの免疫力向上が期待できること。
そして母子の絆が深まるからです。と。
体をくっつけておっぱいで授乳するのと、腕にかかえてミルクあげるのは全然違いますからと。

いや、別に私は母乳を否定してる訳じゃないんですよ。
ただ、赤ちゃんが何も口にできずにいたのが可哀想で。

…と私も軽く反撃はしました。

(私だってそっちから言われた事を言われた通りにやってて、それで母乳が出てないんだから、これってどうしようもないんじゃないですかね)
↑これは思ったけど言えなかった

そして院長は続けました。
ここで30年やってきたけど、退院していったほとんどの母親は完全母乳だ。
混合になったのは3~4%くらい。
あなたが、その3~4%に入らないといいですけど。

と。

進学率100%にしたい予備校の先生かよ。


この院長(シニア男性です)、そんな悪い人じゃないと思ってたんですよ。
最初は、めっちゃ不愛想だし声も聞き取りにくいしで、なんだこの先生って感じだったけど、疑問に思った事はきけばちゃんと説明してくれるし、24時間365日を基本一人で対応してるってのも凄い。子供に対しても優しいので、慣れれば特に気になるような部分もない…と思っていたのですが。

この価値観だけは受け入れられそうにありません…。

お産に関しても、妊娠初期に言われたんですよね。
なるべく自然分娩になるようにやってます。痛い思いをして産むからこそ母性が育ちますから。
もちろん、赤ちゃんの様子をみて帝王切開が妥当だと判断したらそうしますけど、出来る限りは自然分娩してもらってます。
と。
この時に、ん?と思ったんですよね。

どうやら「そういう」考えの方みたいです。

そして私はそんな院長を目の前にして感じました。
いち産婦の私が何を言ったところで、この人の価値観を変える事は無理だと。
だって、この考えで30年やってきてるわけですから。対応した産婦の数も凄い桁になってるだろうし、その中の一人の私の意見で、院長の考えが変わるわけがない。
むしろ嫌なら他で産んでくれってスタンスだろうし。

というか、完全母乳に対してここまで厳しいと分かってたら私だって転院してたよ。
妊婦検診の時の助産師さんの言葉が全ての元凶。
言ってる事が違うんだもん。ミルク出すので安心してくださいって、そんな言葉いわないでほしい。

うちは母乳だけで育てる事を目標にしてますので、赤ちゃんの数値がヤバくならない限りはミルクを与えません。
完全母乳率にこだわっています。
不安だったり、考えが合わないようでしたら転院をおすすめします。

ここまで言って欲しかった。



ちなみに、病院から指導された授乳のやり方は、

1.赤ちゃんの体重計測
2.左右7分ずつの授乳
3.もう一度体重計測して、出た母乳の量を測る(だいたいいつも0~2g程度)
4.搾乳器8分×2(この16分間赤ちゃんは放置)
5.搾乳器でとれた母乳を測り、与える(とれる量は4gくらい)
6.ミルクを与える


全部やるのに小一時間かかります。
これを3~4時間毎にやってました。

残念ながら(?)混合で退院してしまった私は現在、体重測定以外は、同じようにやるよう言われています。ミルクは40mlで、これ以上は絶対増やさないように。どうしても足りなそうだったら電話くださいと。

これしながらムーコのお世話と家事と私の睡眠、無理じゃね?
むしろ疲れとストレスで母乳減るんじゃね?

退院後も母乳チェックという事で産院に出向く日程も決められました。
その日を待たずに電話も来ました。授乳方法や、搾乳してとれた母乳の量など細かく聞かれました。
一人目の産院では、一ヶ月検診まで放置だったのに…。
この先いつまで監視されるのかと思うと憂鬱です。

ここで注意なんですが、完全母乳にこだわる人の事を悪く言うつもりはありません。

やりたい人がやればいいんです。

そこまでしたくないし混合で良いって最初から言ってる私を、無理やりさせるな!って事です。

あまり細かく言うと産院バレしてしまうので控えますが、お産も無事に終わってご飯も美味しくて、いい思い出になりそうだったのに、この一件のおかげでこの病院が嫌な思い出になってしまったのは非常に残念でした。



ちなみに義母さんから聞いたのですが、旦那のお姉さんも過去に里帰り出産で同じ産院で産んだらしいのですが、退院時は完全母乳だったものの赤ちゃんの吸う力が強くて乳首を痛め、早々にミルク育児に切り替えたそうです。
この話を聞いた時点で、「3~4%はウソだろ」と思ったのでした(-_-;)


以上!
その後に関しては、また何かあったら記事にします。

※現在コメントの返信はお休みしております



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


1558913111843



この日は、落ち込む出来事がありました。

ひとまず私の当時のツイートをご覧ください。






一人目の時に母乳の出が悪かった私。

里帰り出産した先の産院は初日からミルクを足してくれました。
ミルクは消化に時間がかかるので3時間空けないといけないのですが、母乳は欲しがる時にどんどんあげてくださいと言われ、何も知らなかった私はそういうもんかと思ってムーコに母乳(ほとんど出てない)をあげていました。

ムーコはとにかく食欲と吸う力が強くて、あっという間に乳首はボロボロになり、そしてもっとくれと泣き叫び続ける。ミルクを足しても足りないのか、それとも気分だったのか分かりませんが、とにかくム-コは泣き続けていたので、かなり辛い思いをしました。

退院後に母乳は多少増えたものの、規定量には足りなかったのでその後もミルクと混合だったのですが、この一連がかなりトラウマになっているので、今回は「母乳が出たらラッキー、出なかったら無理せず混合」でいこうと思っていました。

しかし、今回私が通っていた産婦人科は、「完全母乳推奨」
母乳がいかに素晴らしいかを詰め込んだ重たい本も強制的に買わされたりして、かなり本格的に取り組んでる感じだったので、里帰り出産しないと決めてからはとても不安でした。
なんなら、少し遠くなるけど他の産院に移る事も考えていました(この内容は旦那にも相談していました)。

なので、妊婦検診で助産師さんと面談した時に聞いたんです。

一人目がこういう状態で混合だったので、今回ももし母乳の出が悪かったら混合を考えているのですが、ミルクは足してもらえるのでしょうか?と。

すると助産師さんは笑顔で、
それは大丈夫です。言っていただければミルクも足しますよ。
経産婦さんは気になる方も居るみたいで、たまに聞かれるんです。
ストレスで母乳が出なくなる場合もあるので、不安だったらその時にちゃんと言っていただければ、ミルクも出しますので。
と。

その言葉を、私と旦那は聞きました。
そして私は、なんだ、完母推奨といってもちゃんとミルク出して貰えるんだ、良かった。ならここで産もう。と決めたんです。

そして出産後に蓋を開けてみたらコレ。

「赤ちゃんは2~3日分の食糧を持って産まれてくるので、その間は飲まず食わずでも大丈夫」
との説明は受けていたものの、さすがに3日目ともなると明らかにお腹を空かせて泣いている赤ちゃん。
そして見るからに黄色くなっていく肌(黄疸の症状です)。
尿も半日出てない。

授乳の時に何人かの助産師さんに「そろそろミルクを…」と言ったのですが、どうやら院長のGOサインが無いとミルクを出せないらしく、その都度やんわり断られる。
「3日目の朝の赤ちゃんの検査の結果によってはミルクを出せるかもしれない」
最終的にそう言われて、ここまで出してもらえないもの!?とビックリし、ツイートしたのでした。

すると、思った以上に沢山のママさん達から反響がありました。
赤ちゃん自身への健康の心配。そして赤ちゃんが可哀想という声。
産院の対応がひどすぎる!という声も結構あり、ここで私はようやく

これもっと強く言ってもいい案件じゃない?

と気づいたのでした。

丁度朝で、これから院長の回診の時間。
言うなら、このタイミングしかない(助産師さんに言っても無駄だったので)。
と考えた私は、院長に直談判する事にしたのでした。


続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)

※現在コメントの返信はお休みしております



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む

簡易更新失礼します。


1558531033575

肌荒れが凄いことになった。

湿疹はあっという間にできて、そして2~3日後にはおさまったので不思議。
これから一ヶ月後とかにはまた湿疹ができるんですよね。不思議。

赤ちゃんの顔なんですけど、あまりにもムーコの赤ちゃんの時にそっくりなのでビックリしてます。
同じ顔になるのかな?
違う顔になってくのかな?
楽しみです。

でもムーコと違うのは、
あまり泣かない
いや泣くには泣くけど、ムーコは起きてる時、常に泣き続けていたので(目が開いてるのに泣いてない!?ってなったのは確か1ヶ月後)、それに比べたら泣かない。

あとは寝る
いやこれも、普通の事かもしれないけど、ムーコは全然寝てくれなかったんですよ。だから泣き叫ぶムーコを抱っこしてひたすら家中歩き回ってた思い出が…。

ほんと赤ちゃんによって違うんだな~と思いました。
というかムーコがハードモードすぎた…。




また更新します~。

(現在はコメントの返信をお休みしてますが、全て読ませていただいてます!ありがとうございますありがとうございます)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

入院中に描いた絵を載せつつ、簡易更新します。



1558361831125

ムーコの時は、わりと早くから目を開けていたような気がしますが、彼はまだ目を開けられないようです。

泣いてる時に顔に風をかけたら、初めての感覚に驚いたらしく頑張って目を開けようとしてて、それが可愛かったんたけど…風に反応してくれたのはその一度きりでした。残念。

新生児期って貴重なので、なるべく細かく記録しておきたいです。



施設はちょっと古いけど、入院食が豪華だと有名なこの産院。
写真とったので、それもあげときます。

1日目朝~夕まで。

IMG_20190521_082746_924

IMG_20190521_083029_853

IMG_20190521_115034_744

携帯からの更新なので写真サイズとか見辛かったらごめんなさい!
退院したらそのうち直します


(現在コメントの返信はお休みしております)




​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓







↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー





続きを読む

娘が赤ちゃんだった頃の話です。


1546610975828

スマホで描いたので見にくくてスミマセン。



こんなに話が通じない子って初めてだったので、ただただ衝撃でした。
今となっては「居る居る、こういう子」と笑い話にできるのですが、当時はビックリ。

4歳といえばもうすっかりお喋りも意思疎通もできるし、何か上手く言いくるめればある程度はこちらの言う通りに動いてくれる…というのが、私が姪っ子2人と接して培った価値観でした。
しかしこのKくんは、全く話が通じない。
というか、まず話しかけても聞いてない。
マイワールドが凄い。
車が来てもガンとして動かなかったのにはさすがに焦りました。

この時に
「しつけ方法や言い方を変えてもどうにもならない子も居る、個性なんだ」

というのが分かったのは良い体験でした。
(Twitterにアップした時に、「うちの息子かと思った」というコメントを少数いただきました笑)

Kくんはこの時の一度しか会ってないけど、どんな風に成長してるのかな~。



※ムーコがインフルAになってしまったので、一週間ほど更新は一日おきにさせていただきます~。
ちなみに熱が出たのは最初の二日間だけで、現在は元気です!









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ25-1
子育ネタ25-2
(0歳11ヶ月)




0歳の頃のはなし。

友達にも旦那にも見せれず悲しかった思い出です。

昔はちゃんと処理してたんですが、子供産まれてからはムダ毛処理する時間なんて皆無だよね…。

私はロングスカートしか持ってないので、夏はくるぶしの上10センチくらいまでしか剃りません。
冬は無法地帯です。

独身時代に戻れるなら全身脱毛したいです…。







余談。
現在妊娠14週になりました。
まだつわりが続いております…。お気遣いのコメントありがとうございます(T_T)
お返事できずすみません。
がんばります。








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ901
子育ネタ902
(6ヶ月)



久しぶりに赤ちゃんの頃の漫画なんですが、もっと上手く伝えたいのに私の力量不足で表現できなくて悲しい…。


つまり、抱っこで歩き回っていると、自分の行きたい方向と違う!って時に鼻息が荒くなるんです。

方向転換して、行きたい方向になると静かになります。
そして、違う方向に行きたくなると、また鼻息が荒くなる…。

鼻息が荒くなってるのに、そのまま進み続けると泣き始めます。

まだお喋りできないあの頃、鼻息が方向指示器になっていたのです。



寝てる時に泣き始める前とかも、フスフス音がしてましたね。
この音が恐怖だったなあ…。








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ630


子供が寝た後の時間に、皆さんそれぞれ好きな事して少しでもストレスを和らげようとしていると思います。

お酒を飲んだり、お菓子を食べたり、ドラマの録画を見たり。

私は残念ながら夜に何か食べると翌朝確実に胃もたれになるので、お腹が空いてても耐えます。
ドラマや本を読むのも良いんだけどどうも「時間がかかる」というのが引っかかってしまい、最初の一歩がなかなか踏み出せません(小説、買ってあるけど読んでない…)。

そんな中考えついた、私の発散方法。

猫を揉みまくる。


とりあえず揉む。
それだけ。

「かわいいねえ~~ヨシヨシ、猫じゃらしで遊んであげよう!」
と、そこまでできる元気はありません。
とにかく死んだ目で、無心で、無言で、ひたすらモミモミと揉みまくってます。

うちの猫は抱っこは嫌いだけど揉まれるのは大好きなので、呼んだらすぐに来ます。
前みたいにたくさん遊んであげられないのは申し訳ないけど…。
でもアニマルセラピー凄い!
揉むだけで癒される!

うちではワンコをモミモミしてます!という報告もいただいております。
鳥やハムスターを手の中でモショモショするのも良いでしょう。

そして少し充電して、明日も育児を頑張るのです。








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
出産で血腫になった話1
出産で血腫になった話2
出産で血腫になった話3


続きです。

13

14

15

16


というわけでラスト。



なんか一気に保険のCMみたいになってしまって申し訳ありません…。
でも、個人的には本当に助かったので…描かずにはいられませんでした。

結婚したら保険に入ろう入ろうと思ってたのですが、なんかズルズルきてしまい、結局妊娠3ヶ月で窓口にかけこみ。

2014年の事なので、現在はどうなのか分かりませんが、当時は妊娠した状態で入れる保険が2つしかなく。そのうちの1つは補償が少ないという事でほぼ問答無用で、とある医療保険に加入しました。
問答無用といっても、十分な補償内容だったので問題は無かったのですが。
でもやっぱり妊娠前に入っておくべきでしたね。反省です。

保険の知識がほぼゼロだったのにとても分かりやすく無料で(粗品付き)対応してくれて…ほけんの窓口凄い…(あっ、つい伏字忘れてしまった)


保険の話はこのくらいにしておくとして。


この頭痛は本当に辛かった。

うちの娘はとにかく泣いてばっかりの子だったので常に抱っこをしていたのですが、この頭痛のせいで抱っこをする事ができず、泣かせっぱなし状態。
体もキツイし、泣き声を浴び続けるのも精神的にキツかった。

産院は、産後のママさんや新生児のお世話がメイン。外来も多くて人気で、病室も常に空きがギリギリの状態。
1泊2日の予定だったのが、頭痛のせいで結局2泊3日になったのですが、
手術も終わっててデカい娘も一緒の私がこれ以上迷惑かけちゃいけないと思って、娘をナースセンターに預ける事はほとんどせず、看護師さんに心配されながら翌日退院しました。


迎えに来て貰った車内では完全に横になって耐えましたが、家に着いた途端また嘔吐。
結局家でも起き上がれず、姉におにぎりを1日3回部屋まで運んでもらいました。
どっちみち迷惑かけてる自分…。

それでも5日過ぎたあたりから頭痛が軽くなってきて、頭痛発症の1週間後にはすっかり頭痛もなくなりました。

起きても頭が痛くないという事がこんなに素晴らしい事だとは…!

本当に健康ってありがたいと思った瞬間でした。


そんなわけで。
出産で血腫になった話、ご覧いただきありがとうございました。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
出産で血腫になった話1
出産で血腫になった話2



続きです。

9

10

11

12



尿道からカテーテルを抜くのって怖すぎたんですが、謎のフルパワーおばちゃん二人組の襲来により、よく分からないまま管を抜かれて終わりました。

そしてようやく動ける!自由の身!と思ったのもつかの間…

今まで経験した事のない頭痛が。

表現を柔らかくするために手塚治虫風に描いてみましたが(分かりにくい)、
とにかく物凄く痛くて痛くて、初めて頭痛で吐きました。
単純な頭痛ではなくて、めまいと、気持ち悪さもプラスされて本当に立っていられなくなるくらいの頭痛。

下半身麻酔した時に、ごくまれにかかる副作用とのことです。
(漫画の図は、一部いらすと屋さんからお借りしました)

知らなかった…知らなかったよ…
そもそも出産したら血腫になる可能性があるって事も知らなかったし、麻酔したらこんな副作用もあるって事も知らんかった。

自然に髄液が復活して治るのを待つしか無くて、しかもだいたい一週間くらいかかる、それ以上かかる事もあると。

そんなんムリやん。起き上がれない状態がそんなに続くなんて。

しかし起きなければいけない時もある。
トイレは猛ダッシュでギリギリ、それでも痛くなるけど、しばらく横になってれば治まりました。
一番キツかったのが食事で、一口食べては横になっていたのですが、それを何度か繰り返していくとやっぱり痛くなってくるんですよね。そのうちに一瞬起き上がっただけでも猛烈な痛み&吐き気になる。
なので食事はほとんど食べれませんでした。

とりあえず退院は一日伸ばしてもらったけど、病院に居ても症状が良くなるわけでもないし、なによりも入院費が怖すぎる(出産以外での入院も初めてだったので、お金の事が全く分からない)ので、翌日に退院することにしました。

(つづく)

出産で血腫になった話4(完)








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー