今回の記事、めっちゃ長くなってしまったので2回に分けます。
あくまでも「ナナオの場合」ということで読んでください~。

 69-169-2
(つづく)



ナナオの周りに囲ってあるタオルについてはこちら

生後半年くらいまでは体を丸めた方が寝やすいみたいです。
(伸ばした状態で寝れる子は、もちろんそれでOKだと思います)


ナナオの寝かしつけについては、一時期はこんなふうに苦労していました


放っておいても寝る(新生児期)

抱っこじゃないと寝なくなる(1ヶ月~2ヶ月)

からの、この漫画(夜寝る前だけ泣く。からの寝かしつけ)です。

「ニュートラル状態にする」というのを詳しく解説すると、
ウトウトするまでは授乳やおしゃぶり等しててもいいけど、完全に寝入る前にはずしましょう。
そして、ギリギリ起きてるうちに布団におろしましょう。
これを続ける事によって「布団に置けば放っておいても寝る」に繋がります。

ということらしいです。

なので、なるべくそうなるように頑張りました。
もちろん下ろすと泣くので、トントン等でなるべく粘って、それでも泣き止まなかったらまた抱っこして、落ち着いてウトウトしたらまた下ろす。泣く。粘る…をひらすら繰り返しました。

全然効果ないように思えたのですが、今はちゃんと布団で眠れるようになりました!
寝る前に抱っこは必要ですが、いくつかの方法をすると、置いた状態で寝てくれます。
具体的な方法は次の記事で描きます。ナナオの場合、ですが、少しでも参考になれば…。



また、睡眠音楽に関しては、ムーコは全く効果が無かったのですが


ナナオはわりと効果がありました。いくつかの曲を試して、一番反応が良かった曲を流しています。
最初の2~3日は曲を聴いてウトウトしていたナナオですが、数日経ったあたりからは曲を覚えて「寝る時間だ!寝かしつけられる!」と、激しく暴れて抵抗しました。
今は大人しく聴いています。この曲で眠くなるという事はもう無いのですが、「あ、寝る時間なのね」と理解する。という感じ。
同じ曲を続けるのが大事みたいなので、大人が飽きても流し続けています。


つづきます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)





↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー 
instaバナー