ムーコの睡眠で失敗や悩みを繰り返した私は、ナナオは何としても一人で眠れるようになって欲しかったので、「子供の睡眠」に関する本をいくつか読みました。
その中で、これだ!と思える本に出合ったので紹介させてください。
(あくまでも私個人の感想です)

figure_reading
line_book




これです!!!!!!
赤ちゃんの睡眠の、全てがここに書いあります。
詳しく、優しい言葉で、わかりやすい!
ムーコの時に欲しかった!!!(2018年発行)
どんな内容かというと

1.睡眠の土台を作るための徹底したアドバイス
2.月齢別の睡眠スケジュール(0ヶ月から5歳まで)
3.睡眠トラブルに対するアドバイス
4.ねんねトレーニングの具体的方法


ねんトレ(子供が一人で眠れるようになるためのトレーニング)については、注意事項として、1~3を全て読んで睡眠の土台を確立してからやること、生後6ヶ月以降が望ましい、と書かれています。
方法は、泣いても別室で放置する方法ではなく、1人で寝付くのを見守るという
・フェイドアウトメソッド
・タイムメソッド
2つのやり方が紹介されています。

巻末に記されている参考文献は日本や海外のものなどあわせて2ページにもわたります。筆者の体験や主観だけではなくちゃんとした根拠があってのアドバイスなので、読むほうも安心ですね。
子供の睡眠に悩む方全てに読んで欲しい本です。買って良かった!

line_book
せっかくなので、私が読んだ他の本も、簡単な感想と一緒に紹介します。



こちらは、「ジーナ式」と言われている睡眠法が書かれた本。
ベビーシッターのジーナさんが、関わった赤ちゃんたちの睡眠リズムを研究して、月齢別で最適なスケジュールを考案。
徹底したスケジュールで赤ちゃんの睡眠を完全にコントロールし、19時~7時までグッスリ!ママも夜は自由時間!というもの。
図書館にあったので借りたのですが、アマゾンのレビューにあるとおりの本でした。

・とにかく文章が回りくどく分かりにくい。
・海外&古い内容なので「赤ちゃんに湯冷ましや果汁を与えましょう」「離乳食にシリアルを」などの「えっ?」という表記も。
・実際に効果はあるみたいなので、徹底的に守れる人はチャレンジする価値あり。

寝不足の時期に読んだ私も悪かったのですが、読んでても全く頭に入ってこない!
メモとりながら読んだんですが、同じような文章が何度も出てきて混乱しました。
散々「分かりづらい」と言われているのに、それでも改訂されないのは売れ続けているせいかなと思います。実際に効果を実感した人が多く、評価が高い。分かりにくくても、これが元祖で一番詳しく書かれているので結局これを買うしかないという。

私は現在の寝かしつけ方法でナナオが寝てくれているので、スケジュールの実践はしませんでした。もし今後ナナオが寝なくなったら、やるかもしれません。ただ上の子がいたり仕事してると難しいよね…。1日のスケジュールが15分とか30分刻みで決められてるんだもん。
個人的には、一番上のオススメ本でやってみてダメだったらこっちを試す、という流れが良いのではないかと思います。

line_book



こちらは、一つ上の「カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座」をもっとざっくり分かりやすくした感じの本です。これも図書館で借りました。
・スケジュールが時系列の表になっているので分かりやすい。
・「カリスマ・ナニー~」を読み込む時間や気力のない人にはおすすめ。
・ただし本当に基本的なことしか書かれていない。
・日本人が書いているので、日本人に合ったアドバイスや優しい言葉が多い。

更に分かりやすく描かれたマンガ版もあります。Amazonではマンガ版の方が評価が高いみたいですね。

line_book

赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法【2】
エリザベス パントリー
エクスナレッジ
2006-12-15


これはムーコが1歳の時に買った本です。なぜ2なのかというと、1は0歳児向けというレビューを見て「じゃあ2かな」と買ってみました。
しかし実際に読んでみると、3歳~向けでした。寝る前の食べ物のこと、1人で寝れたらごほうびシール、夢の内容についてや、寝るのを嫌がったらこんな事を試してみましょう、のような内容です。
・3~5歳向け。
・様々な睡眠トラブルの対処法が載っている。
・おばけを怖がるとき、悪夢をみるときなど、他の本にはなかなか無い内容も。

中耳炎や夜泣き、睡眠障害、子供のベッドや下の子が生まれたら…など様々な問題が載ってました。

ちなみに3歳のとき、この本に載っていた、寝る前に「砂浜や高原にいる所を想像させる」という方法をしようとしたのですが、まだ「想像する」という意味が理解できなかったため、「ムーコが空を飛んだりお花畑で遊ぶお話」を即興で作って聞かせてあげました。
するとムーコは大喜び。それ以降毎日即興のお話を求められ、そのうちストーリーに対する横やりや、こうして!という指示が増えて大変な目に遭いました。本人は楽しそうで何よりでしたが、眠れるようになったかというと…。。。これは私のやり方が良くなかったですね。
最近ムーコから「眠れない」と言われた時に言ったアドバイスで効果があったのは、
・コーンの上に、いちご、バニラ、チョコ…と、色んな味のアイスをひとつずつのせていく想像をさせる。
・アンパンマンのキャラクターを片っ端から想像させる

でした。ただし各2回ずつくらいしか効かなかったですが(本人が飽きてしまう)。
この辺も個人の差が大きいので、ムーコはダメだったけどうちの子にはこれは効く!というのももちろんあると思います。
ただ、3歳以降になると睡眠トラブルってグンと減るので、この本の需要はそんなにないかもしれません。

line_book


次回以降は、これらの本を読んで共通していたアドバイスや、現在ナナオにしている寝かしつけ方法を書いていきたいと思います。
もうしばらくお付き合いください。









↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓






↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー
 
instaバナー