タイトル通りなので、観覧注意です。抵抗のある方はバックお願いします。


前回の続きです。

1話目はコチラです。




15
16



多分、あの事件のあとも放送室には通っていた…と思うのですが、正直覚えていません。

とりあえず無事に放送委員会を終えた事は確かです。

そして、この事は誰にも話せませんでした。


Yの担任に話すことは迷ったのですが、ほとんど話したこともない大人の男性に、自分がされた事を細かく話すのはとても抵抗がありました。
それに、話したことによって私やYがどうなるのか分からなかったのも怖かった。

母親には、Yの担任以上に絶対に話せなかった。

当時わたしの家は性に関する話はタブーみたいになっていて、父親が単身赴任で女しか家に居なかった(母、姉2人、私)にも関わらず生理や恋愛話などは極秘みたいな雰囲気でした。
そんな中、意を決してオリモノについて相談したのに、笑われた事がショックで…。
もう性に関する話題は母には絶対にしないと誓い、それ以降もそういう系の話をする事はありませんでした。

とにかく誰にも言えなかった。

そして、あの襲われた日以降、普段の生活で心から笑えなくなった自分がいました。
(思い出として消化できるようになったのは、中学生以降くらいかな)
何をしてても急に思い出してしまい、心がズーンと重くなりました。

6年生の時に、下ネタを話せるくらい仲良くなった友達が居て、ある日ついにYにされた事を話したのですが、返ってきたのは思いがけない言葉でした。




続き
ます。
(リンクは記事投稿後に反映されます)








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー