子育ネタ511
子育ネタ512
(2歳4ヶ月)



うちの子が2歳4ヶ月だった時の状態です。
まわりに迷惑かけていいとは思ってないし、今は伝わらなくても続けていくことが大事だと思ってやっていましたが、どうしても止められなかったのです。

毎回じっくり言い聞かせたり、暴れたら即退去できるかっていうと無理な時もあるわけで。
どうしても周囲に迷惑がかかってしまう時もあるのです。
本当に申し訳ないと思ってるし、そう思ってる親が大半なはずで、
「子供は何やっても仕方ない」
とはなっから放置してる親はごく一部なのです…。


最近、とくにTwitter界では子連れに対する意見で厳しいものが多く、乳幼児とリアルに関わった事すらないであろう方々からの的外れなアドバイスや指摘を受ける事も多いです。

ええ、言っちゃいますよ、もう。
子供の事ぜんぜん分かってねーな!っていうアドバイス。しかも上から目線の。
「〇〇しろよ」→そんな事とっくに考えたし、普通に無理だし。

この漫画も、そういう指摘の予防線を色々貼りました。

・視線の高さを子供に合わせる
・やっちゃダメな事だけではなく「こうしようね(歩こうね)」と言う。
・なぜダメなのか、走ったらどんな悪い事が起きるかをしっかり話す。
・次やったら帰ると「予告」し、本当に実行する。


これらは、私が今まで色んな所で目にした、子供のしつけ方法です。
それを一通りやっても全く効果がないんですよ~って事を言いたかったのですが。

予防線の効果もあまりなく、来た感想は
「こんな怖い顔してたら素直に言う事もきかないよ」
「もっと厳しくしつけるべき。うちは騒いだら即退去してた。おかげで1歳半なのに言う事きく」
「ガキには留守番させとけよ」

とか、もうしっちゃかめっちゃかだったので、世の子育てしてるパパママさんたちは、他人の言う事はあんまり気にしなくていいと思う。

子供を放置してても気にしないいわゆる「迷惑な親」は、はなっから他人の事なんて見てないし気にしてない。多分こんな育児ブログも見てない。
ちゃんと真面目に子育てしようと思ってる親ほど、世間の冷たい目に追い詰められて傷つく。
そういう、周りの目を気にしながら必死に子育てをしているパパママに私は言いたいのです。他人の言う事は気にするなと。

まあ私は気にしちゃう性格なので、Twitterがバズったら速攻で通知をミュートにしますけどね!
イイネやRTが1000超えると、批判とか変なコメントが凄く増えるんですよ。もう見ないに限る。

でもね、変な感想を主に取り上げてしまいましたが、この漫画、共感や賛同してくれるコメントの方がもちろん多かったです。とても嬉しかったです。

そして、この漫画を描いた半年後くらいから、うちの子は言う事を聞くようになりました。レジに並ぶときに私と手をつないでじっとしてくれてるのを見た時は、嬉しくて泣きそうでした。
もちろん個人差があるので、もっと早くから言う事を聞く子もいるし、逆に3歳過ぎても中々言う事を聞いてくれない子もいるので、現在「言う事聞かない」真っ最中のパパママは辛いと思います。
そんな方に、少しでも寄り添える漫画になれば…と思い、載せました。



ネット記事にも取り上げていただきましたので、興味ある方はご覧ください。


glape
Reiko Hidani HP
おたくま経済新聞


ちなみに!
言う事を聞かなかった我が子に対して多少効果があった事があります。

・お店に入る前に、走らない、騒がない事をしっかり伝える

その約束はだいたい反故されますが、お店に入ってからだと興奮状態になってしまって何を言っても頭に入らないので、お店に入る前に伝えた方が効果的ではあると感じました。

・制御がきかなくなったらお菓子コーナーへ行き、買うお菓子を一つ持たせる。
普通の品物を持たせても興味が無くなるのが早くあまり効果がなかった。自分が興味のあるものを持たせた方が良い。そしてレジに行った時に自分で店員さんに渡してシールを貼って貰う。これで自分が買い物をした気分になり、楽しい→次からも同じ事をする。
ただ、やはりあまり長い時間はもたないので、買い物の後半の手段として使う。


効果があるかどうかはもちろん個人差あると思いますし、もう既にやってる方も多いと思いますが、まだ月齢の浅いお子さんをお持ちの方なんかは参考にしていただければと思います。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー