子育ネタ271
子育ネタ272




色々とイライラする事が重なって、ぐわ~っ!となる事は私はとても良くあります。
元々短気なので、自分思ったより我慢してるな~と思ってるくらいです(笑)
それでも、もう抑えられないくらいカーッとした時によくやっているのが

無になること。


あらぬ方向を見て、全ての身体の力を抜き、何も考えない。
辛いとか悲しいとかの感情もすべて消す。

数秒でクールダウンできるので、次はロボットになりきって、目の前のことを処理する事だけを考え、体を動かす。

これでだいぶ、自分の精神を守れます。
親になってからこの技を身に着けたんですが、多分同じような方もたくさんいると思います!

うちの実姉もこの技の使い手だと思います。
出産前に何度か実家に帰省した時、姉の子供たちはちょうど2~7歳くらいで、ワガママだったり騒がしかったり泣いてたりと、一日に何度も酷い状態になってました。
これ私だったら確実にキレてるぞ!?てか今私がキレそうだぞ?姉も短気だし、確実にキレるだろコレは!と思う瞬間が何度もありました。
しかし、その場にいた大人が「イライラピーク」になるであろう瞬間、
姉は無表情&無言で自分の家事を進めている。
あれ、放置?と思ったくらいで子供たちのところに行くんですね。
そして意外にも冷静に対処している。

出産前は、なぜ姉がこのタイミングで行くのか分からなかったのですが、出産して「無になる方法」を知ってから私は、これはもしや?と思いました。

姉は、イライラピークを無で乗り切って、カッとなりそうな自分をクールダウンさせてから子供のところに行ったんじゃないかと。

本人にきいたワケではないので、実際にはどうなのか分かりませんが。
でももし自分が当事者になった時は、それをする事で感情にまかせて子供を叱りつける事を避けられるので、すごく良いですよね。

なので私は、この「無になる方法」を積極的に使っていきたいと思っています。

自分の感情をコントロールするのってなかなか難しくて、ついイライラが爆発してしまう時もあるんですが(そんな時は絨毯に自分の頭を打ち付けて鎮めています)、自分を守るためにもこの「無」を使いこなせられるように頑張っていこうと思います。






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー