千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

(2歳2ヶ月)以前Twitterで「子連れ中に嬉しかった事」というタグが話題になった時に描いたものです。挨拶してもらえるだけで、子供はもちろん私の気持ちも楽になりました。そして、短い挨拶でも色んな人に声かけてもらえる事で子供にとっては大きな気分転換になるんですよね
続きを読む
子育ネタ16-1
子育ネタ16-2
(2歳2ヶ月)



以前Twitterで「子連れ中に嬉しかった事」というタグが話題になった時に描いたものです。

挨拶してもらえるだけで、子供はもちろん私の気持ちも楽になりました。
そして、短い挨拶でも色んな人に声かけてもらえる事で子供にとっては大きな気分転換になるんですよね。
本当にありがたかったです。


ちなみに、号泣してる子供にはシールをあげると泣き止むという話を聞いてから、私はカバンに常にシールを忍ばせてます。まだ号泣してるお子さんに出会ってはいないけど、いつか役に立つと信じて…☆





※前回の記事にたくさんのコメントありがとうございました。
無理せず更新していきます!








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

このタイトルって個人的にあまり好きじゃないのですが、すみません今日はお知らせさせてください。



簡潔に言います。




第二子を妊娠いたしました。





現在10週です。

本当は安定期に入ってからしれっとお伝えしたかったのですが、つわりが酷く、ブログを毎日更新する事が難しくなってしまったため、少し早いのですがお伝えする事にしました。


おしらせ


食べづわり&吐きづわりで、起き上がるのもキツいです…。


体調が戻るまで、1日おきの更新になる事もあると思いますが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

体調が戻ったら、今回の妊娠発覚やつわりの事について、色々とネタにしていきたいと思っています。
それまでは、普通の記事やムーコについての記事を書いていこうと思います。
よろしくお願いいたします。






ちくま









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ15-1
子育ネタ15-2
(3歳4ヶ月)



※範馬勇次郎はバキのキャラです




これにハマったムーコは、自分も
「はんまゆーじろう」
と言ってしゃくれ顔をするようになってしまいました。
それどころか保育園のお友達にも披露して、お友達も真似しているようです。
ああああ…。






パパの体を張った遊び、関連記事
【育児漫画94】すいとんの術









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む

事件は、娘が1歳の秋。
来年度から保育園入園するために、某保育園の見学に行った、数日後の事でした。



娘、発熱。

そして、手と足に赤いブツブツ。



手と足にしかブツブツが無かった事から(この時は口内炎はできませんでした)、もしやこれ、手足口病…?と思い病院に連れてったら、ビンゴ。

この時は普段あまり人の居る場所に行ってなかったから、潜伏期間を辿っても、もうあの見学しか身に覚えが無い。
たった20~30分程度の見学で移るもんなのか…!と驚きました。

手足口病1

手足の斑点は、内側からじわっと赤くなってる感じ。指先にけっこう出ます。
手のひら・足の裏に多く、反対側はあまり出ません。
体は手と足にしか出てないので、分かりやすいと思います。
前述しましたが、この時の娘は口内は無事でした。

薬は無いので、治るのを待つしかない。
熱はわりとすぐ下がって、手足の斑点も日を追うごとにだんだん引いていきました。(完全に消えたのは1週間後くらい?)
まだ1歳だったというのもあるけど、手足がそんなに不快そうな感じでもなかったです。



そして、娘が発症してから数日後…



手足口病2

私も見事に感染。

熱と共に、手足に斑点。この時は私も口内は無事でした。

しかし、大人が手足口病になると重症化するという…。
ひどすぎる。
娘より熱が長く続き、手足もめっちゃ痛かった。
どんな感じだったかというと、

・新品じゃないペットボトルも開けれない
・包丁も痛くて握れない
・歩くたびに足の裏が痛い
・手足の指を曲げるだけで痛い
・斑点が立体的にボツボツしていて気持ち悪い、触れるとじんじんする

という具合でした。

酷い目に遭った…。
(旦那は無事でした)




そして、驚いたのはその約一年後。
保育園に通い始めて半年以上が過ぎ、園にも慣れて元気に通っていた頃…


ムーコ、再び手足口病に感☆染


最初は普通の発熱だったんです。風邪かな?と思ったんです。
かかりつけの小児科で診て貰って、処方箋を貰い、隣の薬局で薬を貰って、さあ帰ろうかと思いふと娘の手を見ると…

手足口病3


さっきまで無かったのに!!!
手に斑点が!!!!!!!!


大慌てで病院に戻り、もう一度診察をしてもらったところ
「手足口病ですね」


そう…
手足口病は、何度でもかかるんです。
一度かかったウイルスの免疫はつくんですが、手足口病にはいくつかの種類のウイルスが存在するため、別のウイルスに感染するとまた症状が出てしまうという…。

この2度目の手足口病は、斑点はあまり多く出なかったものの、口の中にもいくつか出来てしまい、2~3日は食事が辛そうでした。
そして私への感染は防げました。こわかった…。

そして、手足口病と言えば代表的な夏の病気というイメージですが、娘がかかったのは秋~冬でした。

一年中かかるやんけ!!


そんなわけで、二度もかかってしまった手足口病のお話でした。






*関連記事*
謎の手湿疹と、突発性発疹になった時の話












↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
※今日の記事は漫画のレビューです




育児ブログや育児SNSをしていると、色んな方の育児漫画、エッセイ漫画を見る機会があります。
最初は育児漫画に全然詳しくなかった私だけど、色んな人がオススメしてたり紹介してたりすると、さすがの私でも「あー、あの絵の人か」とか「あの漫画ね」みたいに覚えられるようになってきました。
そう、ブログやSNSで話題になってる(書籍化してる)育児・エッセイ漫画って実はだいたい決まってるんですよね。

なので私はあえて、ちょっと好みが分かれる、ほとんどの人が知らないであろうエッセイ漫画を紹介したいと思います。
(マイナー扱いしてスミマセン)

というのも、最近久しぶりにコミックを買って読んで、感想をTwitterで呟こうとしたらめっちゃ長くなってしまったのでこれならブログの方に書いた方がいいや。と思い、記事にする事にしました。



最近読んだという漫画はこれです。



(現在4巻まで発売中)

作者福満しげゆきさんと、その妻と、その子供二人のエッセイ漫画です。

タイトルはあまり関係なく、とにかく福満さんが大好きな「妻ちゃん」の可愛さを前面に押し出している内容となっています。

この妻ちゃんというのが、見た目はもちろんしぐさや癖なども可愛い!女性から見ても可愛いのです。

・九州出身でバリバリの九州弁
・口が悪い(自分の事をオイと言う)
・天然
・でもしっかり者
・キレるとDVのケがある


これだけだと伝わりにくいのですが、漫画を読むと可愛さが分かります。

そして本編は

・食べる事が好きなため、色んな食べ物(パン多め)がたくさん出てくる(気持ちはダイエット中)
・キレた妻ちゃん(我流)vs元柔道部の福満さんの攻防戦が面白い

いや、DVは良くないと思いますよ…
でも、喧嘩の理由はほとんど書いてないけど、原因はだいたい福満さんが悪いんですよ…。

個人的には、過去作品の「僕の小規模な生活」1巻で、妻ちゃんに「コツコツ」と殴られ続けた福満さんが「女の攻撃なんて」と半笑いで耐えてたら意識を失いかけるというシーンが印象的なんですが、それも理由が「福満さんが働かずにバンドばっかりやってた」からなんですよ。そりゃ妻ちゃんもブチギレるわな、と…。
そういう過去の色々な行いや、福満さんの性格を把握すると、現在の喧嘩もだいたい福満さんが原因なんだろうな~と思います。
(その辺を詳しく描けば、女性読者の支持率が上がると思うんですが)
そして喧嘩のシーンは、どの攻撃をどのようにくらったか、がコミカルに細かく描かれているので(そしてだいたい福満さんが負けてる)本当はいけない事のハズなのに、なぜか面白おかしく読めてしまうんです。


福満さんは今まで色んなタイトルで、この妻ちゃんとのなれそめ~結婚生活を描いているのですが、年を追うごとに妻ちゃんの九州弁が上手くなっていて、福満さんの聞き取りが上達しているのだと思うのですが、そこがまたイイ。
作中の九州ネタも多く、九州人はあるある!と思うシーンもチラホラ出てきます。
例えば「クルス」(長崎のお土産)を食べているシーンや「アベックラーメン」(熊本のラーメン)のシーンなど。

私が福満さんの漫画を読み始めたのは、まだ今の旦那と出逢う前からですが、その時からすでにこの方の漫画のお陰で九州のイメージがアップしていました。なので九州人以外が読んでももちろん面白いです。
その後私は旦那と付き合うようになり、福満さんの一連の妻漫画を二人で読みながら、この方言どんな意味?とか、すぼって何?みたいな九州に関する色んな話題で盛り上がったのを覚えています。



そして、普通のエッセイ漫画と違うのは、妻が九州人という事だけではありません。
独特なのは、作者の福満さんが、サブカルをこじらせたコミュ障(の癖に女性を性的な目でしか見れない)という、かなりひねくれた性格だという事です。
そんな福満さんが妻ちゃんと出逢い、この人を逃すもんか!と完全に気持ち悪いストーカーと化し、見事ゲットするという馴れ初めは、読んでいて本当に興味深かったです。


僕の小規模な失敗
福満 しげゆき
青林工藝舎
2005-09-25


これが妻ちゃんとの出逢い~交際~結婚が描かれた1作目。
かなりコマが小さく、内容も暗く、独特で読みにくいですが、学生時代の辛かった思い出、福満さんが「こじらせていった」経緯なんかも細かく語られています。




結婚してからの生活。全6巻。主に漫画を描く生活+妻との生活、について描かれています。
3巻が妻ちゃんの一人目出産レポ―トとなっています。産まれたての赤ちゃんについての描写などかなり細かく描かれていて、個人的には色々と参考になったのですが、以降二人目の妊娠~出産について描かれた描写が全く出てこないので残念でした。




4コマに近い形式の全7巻。妻ネタの他に社会に対する愚痴的な福満さん独特の話題も多く、好みは別れるかも。文字が多めです。




個人的には好きなんですが、雑誌ではイマイチ人気が無く、連載が終了してしまい他社でまた妻ネタを描く…という感じになっています。
ただ、それでもこれだけ続いているのは一定のファンがいるからこそだと思いますが。


個人的には、九州の話や、お子さんの話をもっと読みたいのですが、福満さんが引きこもりで妻ちゃんの実家と全く連絡を取ってなかったり、昼間寝てるせいで育児関係の事がほぼノータッチなため普段の子供の生活についてあまり描かれていないのが残念です。
「子供たちが妻の味方をするので男はつらい生き物だ」と言っているシーンがあるんですが、そういう、家事育児を妻にやらせてるくせに被害者意識だけはいっちょ前みたいな部分をもっとさらけ出せば、更に女性の(妻ちゃんに対する)支持率が上がる漫画になると思うんです。
これ、けなしてないですよ!私は福満さん(主に妻ちゃん)を応援しています!


こんなレビューになってしまいましたが、何だかんだで長文になりました。
興味のある方は「妻に恋する66の方法」読んでみて、面白いと思ったら他の妻ちゃん漫画も読んでみてくださ~い。




最後に、このコミックで面白かった事。

うちの娘が、無言でコミック1巻を眺めているな~と思ったら、
一人で顔マネをしていました。


福満

プルプルしてました。面白かったです。
「おねえさん、メロンパン食べてる~」と言ってました。
同じ髪型で親近感を持ったようです。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
※下ネタ注意


子育ネタ14-1
子育ネタ14-2




「タマを体内に入れる道」については、独身時代に「男なら全員あるハズだから聞いてきてくれ」とまで言われ、職場で10人くらいの男性に聞いてみましたが誰もが「そんな道はない」と言い、最終的に私が変態扱いされるという悲しい結果になりました。

しかし年月を経てこのネタを漫画にしたところ、思った以上にコメントをいただき、色々発覚したのです。



まず乳幼児の男の子で「移動性精巣」という症状がある事を知りました。(うちは娘なので知りませんでした…)
これは、ちょっとした刺激や振動で、タマが反射的にヒュンヒュン体内に入ってしまう症状。
この時にタマが体内に入ったまま出てこなくなる「停留精巣」という症状もあるそうです。
「停留精巣」の場合は手術が必要ですが、「移動性精巣」の場合は年齢が上がるにつれて落ち着く事が多く、普段下に収まっているならあまり心配しなくて良いそうです。

つまり、タマを体内に入れる道は「ある」という結論になります。

ただ、タマの大きさや、道の太さ、角度によって、通ったり通らなかったりするんじゃないか。
そして多くの男性がそれを「試そうとしない」(当たり前だよな)事で、「そんな道は存在しない」と思っているのではないか。
という事です。


更に、本当に一部の方からのコメントなんですが「うちの旦那も、全く同じ事をします!」というご意見もいただきました。
男性の中にもまれに、うちの旦那と同じチャレンジャーな方がいるようです…。

でも、ハッキリ言って見てるこっちは怖い!
だって戻らなくなったらどうするの!?
なんかの拍子に「ゴリッ」っていったらどうするの!?
コメントくれた方も私と同意見で「怖いから本当にやめてほしい」と言っていました。

幸いにもうちの旦那は、娘が産まれてからはコツカケチャレンジ(※コツカケ…バキの独歩の技)しなくなったので助かりました。
しかも下ネタもほとんど言わなくなったので本当に良かったです。


ただ…
娘が、チンチンネタ、好きなんですよねえ…(-_-;)







産後の旦那の変化のネタはこちらにも↓

【育児漫画98】バカップル









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

子供が立って歩くようになると、とにかく危険がいっぱい…。

そして、触って欲しくないボタンもいっぱい。

家電には「チャイルドロック機能」なるものがついているのですが、実際に使ってみて分かった。

「そういう事じゃないんだよ!!」


例えば、

ストーブ
希望→全てのボタン動作をロックする
実際→電源オフが操作できるので、つけてもつけても子供が消してしまう

洗濯機
希望→全てのボタン動作をロックする
実際→ドアをロックするだけ。ボタン動作は可能なので、運転中に停止されたり、逆もしかり。

炊飯器
そもそもチャイルドロックがない。



違うんだよ…違うんだよ…
触って欲しくないボタンをロックしたいんだよ…!
(ちなみに洗濯機のボタンは硬くて押しにくいので、最初は娘も諦めていましたが、途中から持ち前の怪力で押すようになりました)

仕方ないので、自分でチャイルドロックを作りました。
めっちゃショぼいです。

ロック


炊飯器に関しては、左側のとおり。
(結婚の時に買った棚の構造上、どうしても子供の手の届く高さにしか設置できないのです)
蓋を勝手に開けられるのもとっても困るので、養生テープで蓋ごととめてました。

※養生テープ


貼って剥がせる便利なテープ。
面倒くさいけど、使う時は剥がしてボタンを押し、元に戻す、という感じでやってました。
テープは白いやつもあるので、そっちの方が見栄えはいいです。


ストーブなど、ペットボトルの蓋におさまりきらない大きさのボタンについては、離乳食の時に使っていた保存容器を使用。
柔らかいので、潰されて押されるかな?と思ったけど、深さがあったおかげで大丈夫でした。

当然ながら見栄えは悪いし、いちいち剥がさなきゃいけないので面倒臭かったです。
でも他に方法が思いつきませんでした…。
もっといい方法知ってる方いらっしゃいましたら教えてください~!



そして、約1年半ほど自作チャイルドロックを使用し、ようやく不要になって剥がしましたが、
さすがの養生テープでも、微妙にシール跡がついてしまいました。
しかし、シール跡を取る方法は沢山あるので無問題です。

それよりも、もっと簡単にできるチャイルドロックは無いものでしょうか…。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ13-1
子育ネタ13-2
(3歳4ヶ月)




この漫画に関しては、Twitterやインスタで色々なご意見をいただきました。

主に共感の声が多かったのですが、保育士さん数名からもご意見をもらいました。
そのご意見で共通していたのが

「無理して書かなくていい」

というもの。

特に問題なく過ごした日であれば、無理やりネタを引っ張り出してまで頑張って書かなくて良いそうです。

私はその言葉を聞いて肩の荷が下りました…。
うちの保育園も、別に「絶対書いて」というルールはなく、「忙しかったり、書く事が無かった日は印鑑のみでもOK」と言われているのですが、でもさすがに印鑑だけだと
「この親はちゃんと育児してるのか?」
みたいに思われるんじゃないかと思って、何かしら書かなきゃ!という強迫観念に駆られていました。
なので、実際に「大丈夫ですよ~」と言って貰えて凄くホッとしました…。


とはいえ…完全に開き直る事もできない。ネタが無くても、印鑑だけではなくてせめて一言くらいは書いておきたい。そんな面倒臭い私の性格。

というわけで、コメントで集まった、他の親御さんたちの連絡帳ネタです。


・その日あった事ではなく、週末の出来事や最近するようになった事をネタにする。
・その日食べたものや量、就寝時間を書く。
・「体調良好」
・「今日も元気です」



これらを使わせてもらってます。
主に「今日も元気にスライム粘土で遊んでいました」「今日も元気にアンパンマンの絵を描いていました」みたいに、元気+遊んだ内容を書くようにしてます。
おかげで頭を悩ます事がほぼ無くなりました。皆様ありがとうございました。




余談ですが…

ご飯中にテレビを見せる事については、離乳食をあげていた時に、脱走防止対策としてテレビを流していたのが、そのまま癖になってしまいました…。
しかし、「テレビ見てもいいけどちゃんとご飯も食べるんだよ。食べなかったらテレビ消すからね」と言い聞かせています。
そしてテレビに集中しすぎて何度注意してもご飯が進まない時は、テレビを切るようにしています。(娘も空気を読み取って、慌てて食べ始めます)
テレビには助けられてる事も多いので、上手く付き合っていきたいものです。








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

「目を離した隙に、子供に○○された~!」
という話は、よく聞きます。

ママの化粧品で遊ばれた、とか、雑誌をビリビリに破かれた、とか。


私は基本的に、(自分で言うのも何だけど)娘を一人で放っておいた事があまり無いです。
「一瞬でも目を離すと何をしでかすか分からない」
という言い方が正しいですが…。

よく「朝、子供が先に起きてリビングで一人で遊んでいた」とか「どうしても眠くてウトウトしちゃったけど、子供は一人でプラレールに夢中だった」みたいなツイートを見るのですが、私からしたら
「どうして一人でいい子に遊んでくれるの!?」
って思うくらい、うちの娘は「一人遊びできない」「危ない事ばっかする」子でした。

具体的には、常にママママなのと、一つの事に長く集中できない・危ない遊びを見つける事が天才的に上手かった、という感じでしょうか…。
ようやく一人で遊んでくれるようになったのは3歳前、くらいですね。
それでも20分くらいしか持ちませんが…。

そんなだったから、一人で放置なんて危なすぎてできなかったんです。

それでも!

それでもですよ!!


そんな私の目をかいくぐって、やらかした事があります。

衝撃だったので写真におさめていました。
それを発表します。




第3位


1492170733758


これは…?



これはベビーゲートの足にかけられたスライム粘土です。

娘がさっきまで遊んでいたはずのスライム粘土が一瞬にして行方不明になり、誤飲ではない事を確認して、あちこち探しても見つからず…

諦めて数か月経ったときに見つかったのがこれです。
完全に乾いて小さくなってました。
茶色の足部分をどかして確認すると、畳の上にも落ちていてシミになっていました(T_T)
あーあ…。
ちょうど、手前の黒い椅子で隠れてる部分だったので見逃していました…。
多分椅子の背もたれから落としたんでしょうね。遊んでたのは別の部屋だったので盲点でした。





第2位


1492170730619

前の携帯の写真なので小さくてごめんなさい。




19


これです。
体温計。


子供の体温を測るのに欠かせない体温計。
一瞬目を離した隙に行方不明になりました。

血眼で探した結果、三日後に発見。

シンク隣の、掃除道具を入れてる箱の角に、差し込まれていました。

こんなん分かんねーって…。自分でもよく発見したなって思いました。
しかもよく見ると、体温計の横に黄色いものが。

オモチャのレモンもねじ込まれてる~~!

子供って隙間が大好きなんだね…(遠い目)








第1位

1494841347130

ああああああああああああああああああああ


やってしまった…。


ここまでになる程、目を離していたなんて私としては珍しいです。

ねじり出されて空になった日焼け止めと、真っ白なお手て…。
さぞ楽しかったでしょうね( T∀T)






高額編


1469610258895

これはパソコンのモニターです。

買ったばかりのモニターを、
「今度の休みの日にでも、付け替えるか~」
なんて思って、組み立てた状態のまま子供の手の届く高さに置いておいたのが悪かった。

はい倒されました。

完全に割れました。

買ったお店に問い合わせたら、修理より新品買った方が安いと言われて、一度も使われる事なく泣く泣く捨てました…。





そして、

【育児漫画43】いたみ
に書きました。

テレビも倒されて壊されました。
なぜ転倒防止の処置をしておかなかったのか悔やまれます。(今はしてます)




娘も3歳半になり、言えば分かる年になりましたが、それでも「何してんの!?」と言ってしまう行動に出る事があります。

例えば、入浴剤は舐めちゃダメだって散々言ってて、そして1年以上使い続けてるにも関わらず、いきなり舐めようとしたり。
なんの前触れもなくスマホの充電器の先っぽを口に入れようとしたり。(これも散々ダメだよと言い続けているもの)

ダメだと分かってるから、あえてどうなるか試してみたくなるのか?それともダメと言われた事をすっかり忘れているのか?
真相は分かりませんが、まだまだ目を離せません。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ12-1
子育ネタ12-2
(3歳4ヶ月)




最初に「ムーコしっぽないよ」と自分で言ってるのに、犬にも猫にもしっぽがあったから、もしかして自分にもあったかな…?と確認してました。

なんて可愛いんだ…。


ちなみに、家にはいくつかの動物ぬいぐるみがありますが、娘は名前をつけるという感覚がよく分からないらしく、
「黄色のニャンニャン」
「灰色ニャンニャン」
「おっきいクマさん」
など色と大きさで名前をつけています。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ11-1
子育ネタ11-2
(3歳4ヶ月)




思わぬ方向からカウンターをくらいました。
確かに最近洗濯してなかった…。



ちなみに娘、不機嫌な時は発音がおかしくなります。
「できない」と「クサい」は、最初にイントネーションがつきます。

「○○しようと思って」は、私が言っていたら、3歳前頃から娘も真似して使うようになったんですが、この言葉のお陰で娘が何をしようとしていたのかが分かるようになったので大変便利な言葉です。








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー