千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

(0歳~現在まで)基本は子供オンリーの写真なんですけど、たまに事故的な感じで自分の顔が紛れ込んでるんですが、それを見ると余りの酷さに気絶しそうになります。まあ、そういう顔を実際にしてるって事ですよね。あまりにも辛いので、これ以上特にコメントはございません…
続きを読む
子育ネタ601
子育ネタ602
(0歳~現在まで)



基本は子供オンリーの写真なんですけど、たまに事故的な感じで自分の顔が紛れ込んでるんですが、それを見ると余りの酷さに気絶しそうになります。

まあ、そういう顔を実際にしてるって事ですよね。




あまりにも辛いので、これ以上特にコメントはございません…。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ591
子育ネタ592
(2歳5ヶ月)



娘が保育園に通い始めたのは、ちょうど2歳になる4月でした。
園までは徒歩約5分という近さで、ムーコも歩いて通える距離!一緒に歩いて行ける!とワクワクしていたのですが…

入園早々、様々なウイルスの歓迎を受け連日高熱。GWあけてもしばらくはまともに通えない日々。
ようやく通えるようになったら保育園拒否で号泣の毎日…。

園に居る時以外は、トイレもお風呂もご飯づくりの時もひたすら私にしがみついているという日々をしばらく過ごすハメになり、産後に次いで地獄の毎日だったのでした。
なのでもちろん、園の行き帰りも抱っこ。

4ヶ月経ち、ようや~~~く歩いて通えるようになりました。

あーこれで楽になる!と思ったのもつかの間。

全然まともに歩かねえ!!!

いつになったら保育園につくの?ってくらい歩かない。
かと思うと急に走り出して人の家の階段を登ろうとしたり、停まっている車を触ろうとしたり、逆走したり…。

毎日めちゃめちゃ時間かかって、毎日イライラしてました。

怒って、泣いた娘をかついで保育園…なんて事もしたくなかったので、起きる時間を早くし、毎日口を酸っぱくして

「人んちの階段はのぼったらバツ」
「人んちの車を触ったらバツ」


など言い続けた結果…
半年くらい経ってやっとまともに歩いてくれるようになりました。

今では、仲良くお喋りしながら登園しています☆

しかし…娘はいまだに抱っこを要求してきます。
16キロと荷物を担いで、この炎天下の中を歩くのはキツ過ぎるよ…。
毎回少しだけ抱っこした後に、平謝りしながら下ろしています。
本当にキツいんだよぉ…。





↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ581
子育ネタ582
(2歳4ヶ月)



去年の夏まつりの話。

保育園の夏祭りというものを生まれて初めて経験しました。(私は幼稚園出身で、夏祭りをやった記憶はありません)
そして、子供の行事というものにも初めての参加。

出店と沢山の人たちにビックリ!
そして、年長さんの出し物にビックリ!

子供だけでこんな事できるの!?
体格も全然違う!
もしムーコが年長さんになったらこんな感じになるのかな…

など、色々と思いを巡らせてしまい、泣いてしまいました…。


ちなみにムーコは終始ニコニコでしたが、私は汗だくでヘトヘトになり、お祭りのラストの盆踊りは旦那と娘で踊って貰いました。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ571
子育ネタ572
(1歳5ヶ月)



やたらと「食べさせようとしてくる」時期だったので、つい反射的に口を開けてしまいました。
しかし直前で、いやまてよ、これ何だ?パッと見は食べ物っぽくはあるけど…と。

周りを見渡すと、猫のゲロが!!

いつの間にかしてる時があるんですよね。近くに居たら音で分かるんですけど。

危なかった…。
というか、娘が食べなくて良かった。本当に良かった。




そんなうちの猫動画、あります。


ちゃんと隠しましたよ!
ほんと猫ってすぐ吐くんだから…(T_T)







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ561
子育ネタ562
(1歳4ヶ月)



まあ、そりゃママの手よりはテレビ台の方が安定感あるしいいですよね…。

しかし、終始完全にスルーされるのは寂しかった…。



親子で一緒に踊るのって夢だったんですが、どうしても自分のペースでやりたい派の娘は、なかなか私と一緒に踊ってくれませんでした。

でも、Eテレのいないいないばあっ!を見ると、1歳の子供たちがニコニコしながら皆で踊ってるんだよね~。

娘が同じくらいの時は、この漫画みたいに「一緒に踊る」こともしなかったし「笑いながら」踊る事もしなかったので、なんだこの違いは…と戸惑ったのですが、3歳の現在は保育園のダンスも上手だしニコニコで踊っているので単なる個人差だったようです。
良かった。




*Eテレシリーズ*

【育児漫画54】予想外

【育児漫画77】俊敏

【育児漫画86】的確ツッコミ

【育児漫画87】タテ・ヨコ・ナナメ







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ551
子育ネタ552
(2歳1ヶ月)



お風呂ってなかなか入らないし、入ったら入ったでなかなか出ない。

あの手この手で誘導してますが、その中の一つとして「手足のシワシワをネタにする」という方法をたまにしていました。

シワシワという言葉を覚えきれなかった娘の衝撃的な言い間違え

「トヨトヨ」

忘れる事ができません…。

子供の言い間違えってなんて可愛いんでしょう…。


余談ですが、子供をお風呂に入れるために色んなオモチャを用意して遊ばせ続けていた結果、うちの子はお風呂を「遊ぶ場」だと思ってるフシがあります。
遊んでる間に体を洗ったり頭を洗ったりしてあげてたので(他のもので気を逸らせていないと、しないで!!とブチ切れられる)、3歳の現在もそれが続いてしまい、なかなか自分で洗ってくれません…。

自分で洗う意欲がわくようにと、子供用のスポンジ(うさぎさん)も買ったのですが、泡立ちが悪いし手で洗う方が断然早いので結局使わず(T_T)

ママと洗いっこしよーよ!とか誘ってみるのですが、まず風呂場に入った時点で遊びスイッチオンになり黙々と一人で作業しているのでこっちの言う事が全く耳に入っていない。

まあいつかは自分で洗うようになるし、長い目で見るしかないかな。





*お風呂シリーズ*

【育児漫画21】豊胸

【育児漫画28】一人負傷
【育児漫画72】風呂上りイリュージョン

【育児漫画74】初入浴剤

【育児漫画76】バブ事情

【育児漫画94】すいとんの術
【育児漫画100】風呂遊び















↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ541
子育ネタ542
(2歳1ヶ月)




うちの子はなぜか、電車ごっこを全然してくれなかったんですよね。
ようやくやってくれたのが2歳になってからだったんですけど…。

なぜか猛ダッシュでどこかに行ってしまうという珍しい電車ごっこになりました。


その後も、現在に至るまであんまり電車ごっこはしなかったので、子供は絶対電車ごっこ好きだろ~と思ってた自分にとっては衝撃でしたが、そういう性格なのかもしれません。





*Eテレシリーズ*

【育児漫画56】さみしさ

【育児漫画77】俊敏

【育児漫画86】的確ツッコミ

【育児漫画87】タテ・ヨコ・ナナメ







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ531
子育ネタ532
(1歳10ヶ月)



知らないうちに下に落ちてるパターン、毎回のようにありました。
確信犯なのか、それとも他に意識がいって無意識に落としてしまっているのかは分かりませんが…。
間違って褒めてしまった事も何度もありました…。


離乳食が始まったらあまりにも汚れるもんだから、リビングを大型ジョイントマットにしたんですが、そのおかげで汁物をこぼされても納豆をこぼされても拭きさえすればOKなのでストレスが減りました。
ただ、隙間から汚れていくので定期的に剥がして拭かないといけないのが面倒ですが…。(というか定期的になんてやってない)

今ではだいぶキレイに食べれるようになりましたが、それでも「あれ?こんな所に落ちてる」ってのがちょくちょくあります。
でも、大人の私でも知らないうちに服にご飯粒がついてたりするので、あまりカリカリせずに見守ろうと思います…^^;








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ521
子育ネタ522
(2歳4ヶ月)



自分で服が脱げるようになると、詰む。



という事で、漫画だと可愛い感じに描いてありますが、当時の実際の写真はこちら↓

DSC_0042

念には念を入れてお腹付近を隠しました(;^ω^)

これもう大変なことになってますね。髪の毛が濡れてるから、多分お風呂から上がって服着ない!と大暴れした時の写真だと思います。
特に何か嫌なことがあったとかではなく、通常運転です。毎日こんな感じでした。
シャツはねじれてどうなってるか分かんないし、オムツも今まさに脱ぎ捨てようとしている瞬間ですね。

別の日の写真で、シャツが絡まって完全に両腕が拘束された状態になり、力なく横たわっているものもあったのですが、写真だけ見たら色々とヤバそうな誤解を受けそうだったのでこちらの写真のみとさせていただきます…。

これ、いま振り返って見てみると「こんな時期もあったなあ~」と思うんですが、当時はもう本当に辟易してしまってグッタリでした。
説得する気力もなく、てか説得した所でこの状態だと絶対に聞いてもらえないし、とりあえず本人が落ち着くまで放置するしかないですよね。


そんなこんなでだんだんと自主性が育ち、3歳3ヶ月の現在は
「ヒラヒラがいい」
「このズボン硬いから嫌だ」
と色々文句をつけるようになりました。
服は自分で着れるようになりましたが、言ってもやらないので結局お手伝いしてます。

自主性とは…(遠い目)






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ511
子育ネタ512
(2歳4ヶ月)



うちの子が2歳4ヶ月だった時の状態です。
まわりに迷惑かけていいとは思ってないし、今は伝わらなくても続けていくことが大事だと思ってやっていましたが、どうしても止められなかったのです。

毎回じっくり言い聞かせたり、暴れたら即退去できるかっていうと無理な時もあるわけで。
どうしても周囲に迷惑がかかってしまう時もあるのです。
本当に申し訳ないと思ってるし、そう思ってる親が大半なはずで、
「子供は何やっても仕方ない」
とはなっから放置してる親はごく一部なのです…。


最近、とくにTwitter界では子連れに対する意見で厳しいものが多く、乳幼児とリアルに関わった事すらないであろう方々からの的外れなアドバイスや指摘を受ける事も多いです。

ええ、言っちゃいますよ、もう。
子供の事ぜんぜん分かってねーな!っていうアドバイス。しかも上から目線の。
「〇〇しろよ」→そんな事とっくに考えたし、普通に無理だし。

この漫画も、そういう指摘の予防線を色々貼りました。

・視線の高さを子供に合わせる
・やっちゃダメな事だけではなく「こうしようね(歩こうね)」と言う。
・なぜダメなのか、走ったらどんな悪い事が起きるかをしっかり話す。
・次やったら帰ると「予告」し、本当に実行する。


これらは、私が今まで色んな所で目にした、子供のしつけ方法です。
それを一通りやっても全く効果がないんですよ~って事を言いたかったのですが。

予防線の効果もあまりなく、来た感想は
「こんな怖い顔してたら素直に言う事もきかないよ」
「もっと厳しくしつけるべき。うちは騒いだら即退去してた。おかげで1歳半なのに言う事きく」
「ガキには留守番させとけよ」

とか、もうしっちゃかめっちゃかだったので、世の子育てしてるパパママさんたちは、他人の言う事はあんまり気にしなくていいと思う。

子供を放置してても気にしないいわゆる「迷惑な親」は、はなっから他人の事なんて見てないし気にしてない。多分こんな育児ブログも見てない。
ちゃんと真面目に子育てしようと思ってる親ほど、世間の冷たい目に追い詰められて傷つく。
そういう、周りの目を気にしながら必死に子育てをしているパパママに私は言いたいのです。他人の言う事は気にするなと。

まあ私は気にしちゃう性格なので、Twitterがバズったら速攻で通知をミュートにしますけどね!
イイネやRTが1000超えると、批判とか変なコメントが凄く増えるんですよ。もう見ないに限る。

でもね、変な感想を主に取り上げてしまいましたが、この漫画、共感や賛同してくれるコメントの方がもちろん多かったです。とても嬉しかったです。

そして、この漫画を描いた半年後くらいから、うちの子は言う事を聞くようになりました。レジに並ぶときに私と手をつないでじっとしてくれてるのを見た時は、嬉しくて泣きそうでした。
もちろん個人差があるので、もっと早くから言う事を聞く子もいるし、逆に3歳過ぎても中々言う事を聞いてくれない子もいるので、現在「言う事聞かない」真っ最中のパパママは辛いと思います。
そんな方に、少しでも寄り添える漫画になれば…と思い、載せました。



ネット記事にも取り上げていただきましたので、興味ある方はご覧ください。


glape
Reiko Hidani HP
おたくま経済新聞


ちなみに!
言う事を聞かなかった我が子に対して多少効果があった事があります。

・お店に入る前に、走らない、騒がない事をしっかり伝える

その約束はだいたい反故されますが、お店に入ってからだと興奮状態になってしまって何を言っても頭に入らないので、お店に入る前に伝えた方が効果的ではあると感じました。

・制御がきかなくなったらお菓子コーナーへ行き、買うお菓子を一つ持たせる。
普通の品物を持たせても興味が無くなるのが早くあまり効果がなかった。自分が興味のあるものを持たせた方が良い。そしてレジに行った時に自分で店員さんに渡してシールを貼って貰う。これで自分が買い物をした気分になり、楽しい→次からも同じ事をする。
ただ、やはりあまり長い時間はもたないので、買い物の後半の手段として使う。


効果があるかどうかはもちろん個人差あると思いますし、もう既にやってる方も多いと思いますが、まだ月齢の浅いお子さんをお持ちの方なんかは参考にしていただければと思います。









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ501

子育ネタ502
(2歳1ヶ月)


子供の体の柔らかさって凄いですよね。
私はこれでもかという程に体が硬いので、羨ましいです。

そんな柔軟な姿を写真に収めようとしましたが…。
「もう一回やって」が通じない。
なのでお手本を見せようとしたところ、体が硬いので上手くいかず。
それを忠実に再現する娘…。

忠実すぎるわ!!

この日以降も何回か柔軟やってくれて、そのたびに「もう一回やって」をチャレンジしたのですが、結局一度もちゃんと「もう一回」ができず、写真に収める事はできませんでした…。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー