千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

(3歳6ヶ月)突然の「あなた」。この後も、「あなたが取ったんじゃない?あなたが」と言いながら旦那を追い掛け回していました。旦那は、しつこい追及からなんとか逃れていましたが、ムーコはかなり疑っていました。面白過ぎる…。ちなみに、絆創膏剥がすのを怖がるのは前か
続きを読む
子育ネタ21-1
子育ネタ21-2
(3歳6ヶ月)



突然の「あなた」。


この後も、「あなたが取ったんじゃない?あなたが」と言いながら旦那を追い掛け回していました。
旦那は、しつこい追及からなんとか逃れていましたが、ムーコはかなり疑っていました。

面白過ぎる…。



ちなみに、絆創膏剥がすのを怖がるのは前からで、注射の後の絆創膏も中々剥がさせてもらえず苦労してます。
剥がすときは真上に引っ張るのではなく、剥がす方向に向かって、皮膚に沿うように引っ張って剥がすと痛くないんですよね。あとはお風呂でふやけてる時に剥がせれば完璧なんですが、鉄壁のガードされるので難しい…。
早く自分で剥がせるようになればいいな~。











↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


最近たまに自作の歌をちょこちょこ歌うようになってきました。

と言っても、「ムーコは~〇〇したいのヨ~♪」みたいな短いものなのですが、
先日ダイソーに行った時に突然その才能が開花したのです…。


店内で突然歌いだすムーコ。

恥ずかしさと驚きで戸惑いつつも、あまりに楽しそうに歌っていたので止めることが出来ませんでした…。

その歌詞を忘れないうちに書き残したいと思います。






ひゃっきんのうた

作詞作曲・ムーコ



ひゃっきんんん~
歯ブラシを入れる(歯ブラシ入れを見ながら)、それとも、
それとも、
ひゃっきんなのよォオオオオ~~~~~

ひゃっきん、それとも、

意味もないィイイイイイイ~~~~↑(突然の高音、多分サビ)

でもぉ~、いま~、そこで~、
出た方がいいのぉ~

でも、意味もォ~~~~

でも、、、(ためる)

意味もォ~~~~~~~~~↑(最高潮の盛り上がり)




100均


「でも、意味も」を2回繰り返しているところに才能を感じます。



また、最近はラップにもハマっていて、私とのやり取りがラップになる時もあります。

娘「ママ、ちょっと、待って、くださいYO」
私「ムーコ、何を、しているの?」
娘「ちょっと、テレビを、見たいんだ、YO」
私「お風呂に入って、くださいYO」


みたいに突然始まります。
これだと私がイライラしないで済むからいいかも…。



ちなみに私も自分が3歳の時に自作の歌をうたっていました。



くちびるのうた

作詞・作曲 ちくサラ


くちびるに いってみれよ
くちびるに 勉強してみれよ



このクオリティをはるかに超えているムーコ。
将来が楽しみです。













↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ20-1
子育ネタ20-2
(1歳10ヶ月)



娘が1歳代の頃の記憶があまり無いのですが(産後鬱と睡眠不足のため)、
メモに残っていたので思い出すことができました。

私はディズニーは全然嫌いじゃないんですが、なにせ名前を覚えるのが苦手すぎて、未だにプルートとグーフィーを間違えるのです。

最近娘がディズニープリンセスに目覚め始めたので、プリンセスの名前を必死に覚えているのですが全く覚えられません…。


ちなみに娘が好きなのは




クラブハウスミッキーのシリーズ







しかしそれより好きなのがこの古いタイプのミッキー。
コミカルな絵と短い話がいいのかな?時代が時代なので、ミッキーがドナルドを銃で脅したりしてて、黒い部分も見れます(笑)
DVDも安い!








そして、ちいさなプリンセスソフィア。
普通のプリンセスシリーズよりも小さい子向けなので、娘にも分かりやすい内容で、夢中になって見てます。
普通の女の子だったソフィアがいきなりプリンセスになる事になり、持ち前の素直さや時には失敗もしながらプリンセスとして成長していくお話です。「食事をキレイに食べる」「人には親切に」などのマナーを教えてくれるので情操教育にも良いと思います。
一番の見どころは、他のプリンセス(シンデレラやジャスミン等)が現れてソフィアを助けてくれるところ!なぜか私が泣きそうになりました!!




というわけでディズニー大好きムーコ。いつかランドに連れてってあげたいな。





※お知らせ※

ブログのコメントくださる方本当にありがとうございます!
しかしながら体調が相変わらず悪いため、申し訳ありませんがつわり中はコメントのお返事を控えさせていただきます…。
でも全て目を通してます!とても嬉しいです!なので気が向いた時にコメントくださると嬉しいです!







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ19-1
子育ネタ19-2
(2歳1ヶ月)



「〇〇な人~」「あ~い」というのを繰り返していた時期。
一番長く喋れる言葉がこれでした。

自問自答スタイル。

ちなみに
「あけて、いいよ、あい」
も自分で全部言ってました。


※関連記事
【育児漫画74】初入浴剤




ちなみに甥っ子は、まだ喃語しか喋れなかった時になぜか
「アンパンマンあいしゅ」
だけハッキリ喋ってました(笑)
「なんLふぁえJHTなPとアンパンマンあいしゅ」(冷蔵庫にダッシュ)
みたいに。

アンパンマンとアイスは子供にとって正義なんですね…







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む

産まれてみないと分からない。寝る子、寝ない子。



今まで何度も書いてますが、うちの娘は「寝ない子」でした。

寝るまでに時間がかかりまくり、ようやく寝てもすぐ目を覚ます。
夜泣きも多かった。
色んな事を試したけど、どれもほとんど効果なかった。

沢山の育児アカウントを見てても、すぐ寝る子、全然寝ない子、いる。
どう考えても、これは親のせいではなく、生まれ持った子供の資質だと思います。

子育て未経験の方や、我が子が良く寝てくれるタイプの親御さんは、「寝ない子」を育てる辛さを、なかなか理解できないと思います。
なので今回は私が体験した「寝ない子」の辛さを、当時を思い出しながら書きたいと思います。




「子供が寝てる間にしよう」と思っている事が全くできない


子供が寝てからしよう…と思う事、色々ありますよね。
ミルクあげて、ゲップさせて、寝かしつけた後に、哺乳瓶の消毒しようとか。
掃除機やご飯の支度をしてしまおうとか。
寝相アートを撮りたいとか。
ハーフバースデーやらクリスマスやらの、飾り付けを作りたいとか。
はたまた、撮りためたドラマを見るとか、晩酌するとか。

そういう事、一切できませんでした


自分と同じくらいの子供が居る人が、風船や色紙を切り抜いて貼ったかわいい装飾と一緒にお祝いの写真撮ってSNSにあげてるのを見ると、
「いつ…?いつそんな準備ができたの?教えて…」
と真剣に思ったものでした。
お食い初めの準備すらまともにできず、義母さんに用意してもらったくらいです。





睡眠事情~うちの子の場合~


新生児期は誰しもが細切れ睡眠になりますが、寝る子は生後数か月もすると、連続して何時間か寝てくれるようになり、親の睡眠時間もまとまってとれるようになってきます。

しかし、眠りの浅い子は、いつまで経っても細切れ睡眠。親も、当然それに合わせて細切れ睡眠になります。
私は子供が1歳半を過ぎて卒乳しても、夜は2時間おきに起こされるという地獄が続いていました。

寝ない

今までの育児漫画にも描いていますが、うちの子は
私の胸元に手を突っ込んでゴリゴリしないと寝ない子でした。
毎晩乳首を死守していました。
そして、それは寝る時だけではなく寝てる最中もで、眠りが浅くなる2時間後くらいに自分の手が私の胸元に入ってないと泣き叫ぶというのを毎日繰り返していました。

なかなか寝ない娘がやっと寝るのが0時とか(もっと遅い時もあった)で、その後は数十分かけ全身全霊を使って娘が目を覚まさぬようにそうっと手を引っこ抜き、やっと布団から這い出してキッチンにたどり着いて一息つくと、寝室から娘の泣き声が聞こえてくる…という地獄。
放っておくと収集つかなくなる程に泣き叫ぶので、即座に胸を差し出して、また寝かしつける…という。

そして一息つく事を諦めて私も寝る。しかし、また2時間ごとに胸元を探られて起こされる。その度に乳首を死守。
ゴシャゴシャは凄い力なので、何度か皮が剥けてヒリヒリになりました。

娘自身も寝れなくて、ず───っと胸元をゴシャゴシャし続けられる時もあります。私はウトウト→ゴシャゴシャで起こされる、の繰り返し。
2時からゴシャゴシャが始まり、明け方4時までされた時は、発狂しました。
「も──無理!!!やめてぇ!!」「ギャーン!!(泣)」
さすがに旦那が飛び起きて、寝かしつけを代わってくれました。


私みたいに胸元を求められる事はまれだとしても、なかなか寝ない&眠りが浅い子を持つ親御さんは、この細切れ睡眠の辛さが分かると思います。




「寝ない子」を世話する事で発生する弊害


細切れ睡眠が半年以上続くと、常に疲れてる・イライラ・子育てに余裕が持てない状態になります。

危険です。

そして旦那への殺意も増えます。
「自分が眠れないのに、隣でぐっすり寝てる人がいる」という事実だけで気が狂いそうになります。
仕事してるから寝かせてあげたい、でも眠ってる姿が憎い。
憎しみと自己嫌悪の繰り返しです。

大変危険です。


私はTwitterでフォロイーさんが一日のタイムスケジュールを公開していたのをいくつか見た事があるのですが、

子供が20時に寝て、それ以降は晩酌しながらドラマ見てます!

とか
子供のお昼寝の間に、コツコツとハンドメイド作ってます!

とか

もう…血の涙を流しながら見ていました。

フォロイーさんは全く悪くないんですよ。
誰も悪くないんです。うちの娘だって、悪気があってやってるワケじゃない。仕方ないこと。

でも、心の底から羨ましかった。
睡眠不足は心を蝕むんです。
いつもの自分じゃいられなくなるんです。




「寝ない子」の難易度の高さ


3歳を過ぎた現在は、朝まで寝てくれるようになりました。
(たまに夜中起こされますが、すぐ寝てくれるので問題なし)
私も、朝までぐっすり眠れるようになり、性格も穏やかに。旦那への殺意も無くなりました。
長い時間まとまって眠れるってこんなに幸せなんだ、と実感しています。

Twitterでは、現在細切れ睡眠真っ最中の方の悲痛なツイートをたまに見かけます。
全力で応援の気持ちを込めて、そっとハートを押してます。
世の中には睡眠障害のお子さんもいらっしゃって、その親御さんなんかは私の比にならないくらい、長年短時間睡眠で頑張ってる。本当に凄いです。

「赤ちゃんを産むと、細切れ睡眠ができるようにママの体も変化する」と、よく聞きます。私も出産前に産婦人科で説明されました。
確かに、自分の眠りは浅くなりました。
赤ちゃんの動く音、声に体が反応して、ハッ!と目が覚めます。
そりゃそうだよね、ほっといたら死んじゃうかもしれないんだもん。
でも、眠いんですよ
まだ寝てたいのに無理やり叩き起こされるような不快感は、出産前と変わらない。
寝不足は確実に体に蓄積され、心身ともにダルくなっていく。
細切れ睡眠、全然平気じゃないです。

睡眠って本当に、人間が真っ当に生きていくのに必要な事なんですよね。
だから、「寝ない子」に当たってしまった親は、それだけで子育ての難易度が跳ね上がる、と私は感じています。

なので、奥さんが細切れ睡眠を続けてる場合は、旦那さんはせめて仕事が休みの前の晩は寝かしつけ・夜泣きを対応するとか、休みの日は子供を連れて外出し、奥さんを家でゆっくりお昼寝させてあげるとか、して欲しいですし、もっと頑張るママをサポートするようなシステムが沢山あればいいのになと思っています。







*寝かしつけシリーズ*

【育児漫画22】夜泣き

【育児漫画23】寝顔

【育児漫画24】寝かしつけ

【育児漫画36】子供 寝ない

【育児漫画37】効果バツグン

【育児漫画40】深夜ドラマ~育児ver~








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ18-1
子育ネタ18-2
(2歳2ヶ月)



Eテレの「天才てれびくん」という番組内にあるコーナーに、
西川貴教さんが出てるんですが、それを初めて見た時の旦那のコメント。

普段から言い間違いが多いから、またか…という気持ちでツッコミましたが、私も間違っていたというオチ。

旦那が完全にボケボケなので、ツッコミの私が間違うと、誰も正さない。
てか本来は私もボケの方なんですよ…。
的確なツッコミできないよ…。
娘に期待するしかない。





*Eテレシリーズ*

【育児漫画54】予想外

【育児漫画56】さみしさ

【育児漫画77】俊敏

【育児漫画86】的確ツッコミ

【育児漫画87】タテ・ヨコ・ナナメ







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ17-1
子育ネタ17-2
(3歳4ヶ月)



全部の言い方が私なんですよ。
そして物凄く嬉しそう…。


最近は、私があまりにもお湯を入れ過ぎてしまう失敗が多いので、それを指摘するのを楽しみにしている娘。
たまたまジャストでお湯が止めれた時でも
「お湯いれすぎて!!!」
という謎の指示を出してきます。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む


よく

「小さい頃から子供を保育園に入れるのは可哀想」
「愛情不足になる」


という意見と、
それに反して

「いや自分は0歳から保育園だったけど全然愛情不足じゃない」
「自分は保育園楽しかった、勝手に可哀想とか決めつけるな」


という意見を見ますが、果たしてどっちなのか?
私なりの意見を書きます。





身もふたもない言い方だけど、


子供の性格による。


と、私は思います。

私自身は幼稚園育ちで、母親はフルタイム。
園が終わってからは同居している祖母に面倒を見て貰っていました。

年中の時に祖母の体調が悪くなり、それ以降バス停のお迎えは親戚のおばちゃんに。
母が帰って来るまでは近所の別の親戚宅に遊びに行ったりして時間をつぶしていました。

私は「寂しい」とか「幼稚園嫌だ」という言葉を全く言わなかったそうです。
自分自身も、特に愛情不足だと思った事はありません。

でも、幼稚園はつまらなかった

園楽しいか

年長の時に、もう毎日がつまらな過ぎて、遊んでいる友達を遠めに↑のように思った事を覚えています。

幼稚園では、お泊まり保育したり、ハーモニカを習って演奏会をしたり、毎月知能テストなるものを受けたりしていたのですが、それ自体は別に嫌じゃなかったんですよ。
校舎が2つあって、園庭も2つあり、遊具も沢山。うさぎも飼ってました。
施設的には十分だったと思います。
でも、もう飽きた。つまんなかった。
はやく小学校にあがりたいと思ってました。

なぜ親に「嫌だ、つまんない」と言わなかったのか、というのは
子供心に、「幼稚園は行かなきゃいけない場所」だと認識していたからです。
そして「行きたくない」というのは私のワガママであるという事も認識していました。
だから言わなかったのです。



しかし、私の「つまらない」は、小学校に入ってからも続きました。

園楽しいか1

今でも覚えているのが、2年生になったばかりの時。
朝の運動集会(全校で校庭に集まって体操する)で、校長先生の話を聞いていました。
「新しい学年になったみなさん……」
という内容で、それを聞いた私は
「やっと2年生か…」
と思ったのです。

そうです。幼稚園がつまらなかったのではなく、私は
集団生活を楽しめない性格だったのです。

結局高校生まで学校がつまらなかったのですが、中学2年からオタクと同人活動に目覚めたお陰で趣味ができ、それ繋がりの友達に囲まれてなんとか楽しく過ごすことができました。
(それでも高校は出席日数危なかった)



一方でうちの旦那は保育園。
毎日夕方まで園で過ごしていたそうですが…

何も考えずに毎日楽しく遊んでいた

との事です。
ちなみに、中学くらいまでそんな感じだったようです。行く意味とか、そういう事すら考えたことなかったと。
たまに聞くよね。こういう子。(決してバカにしてるわけではありません)


なので、この施設だからいいとか悪いとかではなく、
預かり時間が短いから良いとか悪いではなく、

園を楽しめるかどうかは
もう単純に子供の性格によるんだろうというのが私の意見です。

(※もちろん相性の悪い先生や施設だったり、子供が明らかに愛情不足の場合などは除きます)


もし自分の子供が、私みたいに集団生活を楽しめない性格だったら?
集団生活そのものが嫌な場合は、転園でどうにかなる問題ではありません。
簡単に「集団生活が嫌なら園に行かなくていいよ」と言えるでしょうか。
自分が仕事を辞めて?
小学校は?中学は?

考えだしたらキリがありません。


でもそこは、それぞれの家庭の事情もあるし、それぞれで考えていくこと。


一つだけ確実に言えるのは、
楽しいとか可哀想とかを、他人がジャッジするなよということ。

特に、普段の育児に全く関わっていないジジババとか、親戚の人とか、近所の人とか、通りすがりの人とか、あとはSNSでたまたま見ただけの人とか!!!
(あ、うちのジジババや親戚は良い方々です)

親が一生懸命考えて入園させたのに、簡単にそういう事を言うなよと。
特に都心では待機児童問題で、泣く泣く0歳から入園させてる人も多いんだから…。

平気で他人の子育てに口出す人はこんなブログは見ていないと思いますが、心無い言葉を言われて傷ついたパパママは、どうか負けないで欲しいです。

そして自分の事を思い出してみたら、子供ってのは案外「つまんねー」と思いながら園に通ってるものなのかもなーと思いました。
うちの子も既に「保育園行きたくない」ブームは何度かあったし。

子供の出すサインは見逃してはダメだけど、子供が「行きたくない」と言ったからといって「ほら愛情不足!可哀想!!」と決めつけるのはどうかな、という話でした。





つわり中のせいか、いつもより若干口調がキツかったかもです。失礼いたしました。










↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ16-1
子育ネタ16-2
(2歳2ヶ月)



以前Twitterで「子連れ中に嬉しかった事」というタグが話題になった時に描いたものです。

挨拶してもらえるだけで、子供はもちろん私の気持ちも楽になりました。
そして、短い挨拶でも色んな人に声かけてもらえる事で子供にとっては大きな気分転換になるんですよね。
本当にありがたかったです。


ちなみに、号泣してる子供にはシールをあげると泣き止むという話を聞いてから、私はカバンに常にシールを忍ばせてます。まだ号泣してるお子さんに出会ってはいないけど、いつか役に立つと信じて…☆





※前回の記事にたくさんのコメントありがとうございました。
無理せず更新していきます!








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

このタイトルって個人的にあまり好きじゃないのですが、すみません今日はお知らせさせてください。



簡潔に言います。




第二子を妊娠いたしました。





現在10週です。

本当は安定期に入ってからしれっとお伝えしたかったのですが、つわりが酷く、ブログを毎日更新する事が難しくなってしまったため、少し早いのですがお伝えする事にしました。


おしらせ


食べづわり&吐きづわりで、起き上がるのもキツいです…。


体調が戻るまで、1日おきの更新になる事もあると思いますが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

体調が戻ったら、今回の妊娠発覚やつわりの事について、色々とネタにしていきたいと思っています。
それまでは、普通の記事やムーコについての記事を書いていこうと思います。
よろしくお願いいたします。






ちくま









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ15-1
子育ネタ15-2
(3歳4ヶ月)



※範馬勇次郎はバキのキャラです




これにハマったムーコは、自分も
「はんまゆーじろう」
と言ってしゃくれ顔をするようになってしまいました。
それどころか保育園のお友達にも披露して、お友達も真似しているようです。
ああああ…。






パパの体を張った遊び、関連記事
【育児漫画94】すいとんの術









↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー