千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

入院中に描いた絵を載せつつ、簡易更新します。ムーコの時は、わりと早くから目を開けていたような気がしますが、彼はまだ目を開けられないようです。泣いてる時に顔に風をかけたら、初めての感覚に驚いたらしく頑張って目を開けようとしてて、それが可愛かったんたけど…風
続きを読む

入院中に描いた絵を載せつつ、簡易更新します。



1558361831125

ムーコの時は、わりと早くから目を開けていたような気がしますが、彼はまだ目を開けられないようです。

泣いてる時に顔に風をかけたら、初めての感覚に驚いたらしく頑張って目を開けようとしてて、それが可愛かったんたけど…風に反応してくれたのはその一度きりでした。残念。

新生児期って貴重なので、なるべく細かく記録しておきたいです。



施設はちょっと古いけど、入院食が豪華だと有名なこの産院。
写真とったので、それもあげときます。

1日目朝~夕まで。

IMG_20190521_082746_924

IMG_20190521_083029_853

IMG_20190521_115034_744

携帯からの更新なので写真サイズとか見辛かったらごめんなさい!
退院したらそのうち直します




(現在コメントの返信はお休みしております)



続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。


11
12



旦那って、自分の事はダメなのに、人の事になると物凄い面倒見がよくなるんですよ。
職場でも、仕事が出来なかったり周りと壁を作ってる人の所にガンガン行ってからんだり、フォローしてあげたりして。(小学校の頃は学級委員長もしていたそうです)
家でも、例えば私が「うわー!」とか言うと、「どうした!?」とすっ飛んできてくれます。
外で困ってそうな人を見かけたら躊躇なく声をかけたり。
私にはできない事なので凄く尊敬しています。

フットワークも軽くて、必要なものがあったらすぐに車を出して買いに行ってくれたり、娘を連れてお出かけしてくれたり。休みの日に家でボーっとしてる事自体が少ない。
私は逆にめっちゃ引きこもりで、できれば布団に住みたい派なので、旦那の腰の軽さに助けられています。

基本的に素直だしとっても優しくて、好きな部分がたくさんあるから結婚したんですよね。
長く一緒に暮らすようになり、子供が産まれて私自身にも余裕が無くなってしまったことから、今まで気にしてなかった部分が目に付くようになってしまった。という感じかなと思います。

なので私にとっては旦那がADHDなのか違うのかというのはあまり重要ではなく、旦那の行動で困っている事が解決できればそれでいいんです。
今回旦那が「病院は行かない」という結論を出したなら、無理に連れてく必要はないかなと思いました。
色々頑張ったけど結果的に病院に行って治療をしないと無理、ってなったら行って貰うけど。
とりあえずは自分と旦那自身がそれぞれできる事をやってみて、改善を図ってみようと思います。

というわけで、結果的に旦那はADHDグレーのままで、見てくださった方はモヤるかもしれません。

日常生活が困難なくらい困っているADHDの方もたくさん居ます。そういう方から見たら、私の旦那は大した事ないとか、軽々しくADHDの名前を使うな!と思われるかもしれません。

今まで、なんとなくしか知らなかったADHDが、思ったよりも身近にあるかもしれないということ。
それを超素人の私なりに観察してみた。という感じで受け取っていただければと思います。

例えば、クラスに居るあの子、職場に居るあの人、何度も迷惑かけられたけど、もしかしたら本人に悪気があるわけじゃなくてADHDの特性なのかもしれない。
そう思えたら、その人に対する見方とか、対処方法とか、変わってくるかもしれない。
この記事が、そういう取っ掛かりになれたらなと思います。



また何か問題が起きたり、逆に進展したりしたら、ちょくちょく記事にしていこうかなと考えています。

お付き合いありがとうございました!


(現在コメントの返信はお休みしております)





​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓













↓クリックで応援よろしくお願いします↓



twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


突然ですが、本日第二子を出産いたしました。

約3700gの男の子です。

予定日より9日早かったのでビックリしましたが、母子ともに特に問題なく産めたので良かったです。
ムーコも大興奮で、「赤ちゃんかわいー!かわいー!」とよしよししてくれました!




今後のブログ更新ですが、21日にADHD最終話をアップします。

その後はまだどうなるか分からないので、未定となります…。
入院中も更新できそうならちょこちょこ現状報告していきたいと思ってますが、なんせ先が読めないので、よろしければ読者登録しておいていただければと思います。(更新通知が受け取れます、いつでも解除可能)

コメントはしばらくは返すのが難しくなりそうです。
コメントは承認制なので、コメントが公開されてたら「ちくまが見たんだな」と思っていただければ…!

というわけで、ひとまずご報告まで。



IMG_1hm5xf


続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。


9

10


漫画に描いたそのまんまなのですが、ADHDは必ず診断・治療が必要なものではなく、ADHDの症状によって生活が困難であったり、ADHDによって鬱などの他の症状が出た時、治したいけど自分だけではどうにもならない時…などに病院に行けば良いという事らしいです。
(そもそもADHDもクラスに2人くらいの割り合いで居るというとても身近な発達障害です)

しかも大人の発達障害は診断が難しく、医師との相性もあるし…うちは田舎なので病院自体も少ないです。

旦那は突然のADHDという存在に戸惑っていたこと、病院にかかる事に抵抗があること、今現在はそこまで困ってないこと、等から病院に行くのはやめておくという決断をくだしました。




ごめんなさい全5回と書きましたが、あと1回続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓










↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。


7
8


購入した本はこちら





とても分かりやすく、読みやすく、原因や対策も書いてあって良かったです。
ADHDについてはネットで色々情報を漁りましたが、この本を読むことで一気に理解を深める事ができました。
(そのうち図書館に行って他の本も漁りたいです)



ADHDの特徴の一つとして「子供の頃から同じ症状があった」というものがあるらしいです。

旦那も小さい頃から今と変わらず、忘れ物が多かったり、先生の話の内容が理解できなかったり、友達と喋ってて変な空気になったりしていたそう。

自分ではちゃんとやってるつもりでも出来てない事が多かったりして、落ち込む事も多く、自己肯定感が低いそうです。

私から見た旦那は、得意な事も多くて尊敬できる部分もあるので、なぜそんなに自分に自信がないんだろう??と不思議だったのですが、他人が理解し難いというのもADHDの人が抱える悩みの一つだそうです。

ADHDは様々な症状があるので、人によって当てはまったり、当てはまらなかったりする部分も勿論あります。
本の内容で「これは俺は違うな」というものもあったそうですが、「これぞまさに俺!」という事例がかなり多くあったそうで、本気で泣きそうになったと言っていました。



続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。

5
6



やるべき事があるのに、目に入ると別の事を優先してしまう。
これって十分「衝動的」だと思います。

前にも書いたかもしれませんが、過去に私がキレたのは旦那がムーコのオムツを替えてる最中に手を止めてLINEをしていた事。(股間丸出しで寝かせてる状態)
それって今しなきゃいけない事じゃないよね?
上の漫画で描いたのも実際にあった事なんですが、これから出かけるってバタバタしてる時に、いきなりギターのチューニング始めるんですよ。

話の脱線も多くて、自分が何を言おうとしていたのか分からなくなるなんてしょっちゅう。

私が話そうとして順序立てて旦那に説明している最中でも、途中で自分の話に持っていってしまい、脱線させるのが得意。
「私の話の続きしてもいい?」と言うとハッとします。

あとは保育園のお知らせプリントを毎回必ず読んでもらっていますが、その中身を理解できない。

「運動会の準備期間になるため、15日以降はパジャマはいりません」
「玄関の施錠を新しくしました。9時~15時の間は自動でロックされるので、インターホンを鳴らしてください」
こんな感じの文章が、理解できないらしいです。
「15日から運動会の日までは、パジャマは持って行かなくていい」
「9~15時の間に保育園に行く時は、玄関が開かないからインターホンを押す」
等の言い方で、口頭で何度か説明して理解できるという感じ。

多動については私はそこまで気にしていなかったのですが、以前仕事でパソコンの事務作業をしていた時は相当苦労していたようです。
じっと座って作業をする、というのが苦痛なうえに、作業中に次々と仕事を頼まれるので、頭がこんがらがり、優先順位を間違えたり、忘れたり、終わらなかったり…という状態になってしまったと。
今は体を動かす仕事なので、自分に合ってるみたいで特に問題なくこなしているようです。

こうして改めてちゃんと書き出してみると、ADHDと言われる症状にかなり当てはまるのですが、今までは性格だと思って特にそんなに気にした事はありませんでした。




続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓










↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む

先月から、「ママリ」というサイトにて漫画(作画)を描かせてもらっています。
2話目が更新されました。
有料記事なので登録している人しか見れませんが、会員の方は是非よろしくお願いいたします!





↑のURLに1Pだけ無料公開されているので、私のブログにも貼らせていただきます。

1
(続きはプレミアム会員のみ)



まあ、あるあるエピソードですよね~。

来月に3話目更新です。よろしくお願いします~。


明日、旦那のADHDの話の続きを更新します!




​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓













↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


1話目はこちら




続きです。


 3
4



前回にアップした旦那の診断結果、見てもらうと分かるんですが「パートAチェック結果」って書いてあるんですよ。
この次に、また別の質問が並んだパートBのチェックテストが始まるんですが(私がやったら出た)、旦那がやったらこの「パートA」のみで結果が終了してしまいました。
パートBにいくまでもなく、ADHDの可能性が高いという事なんですね。


旦那の行動パターンを改めて振り返ってみました。

旦那自身は物忘れの多さを「時々」にしてましたが、私から見たらこれが一番ひどい。

ごみ出しは旦那にお願いしてるんですが、うちの所は可燃ごみは水・土なんですよ。
週2回、決まった曜日なのに、私が言わないと忘れるんです。
しかも前日の夜と当日の朝、2回言わないと忘れるんです。

私が声を掛けると「知ってる」みたいなそぶりで反応してくるので、覚えてるなら言わなくていいか…と思って言わずにいると、8~9割の確率で忘れたまま仕事に出かけていきます。

漫画に描いた加湿器の水みたいな「やっておいてね」系も、ほぼ忘れられてます。

仕事へ出かけていく時も、毎日のように何かしら忘れものをします。
だいたいが車に乗る前に気付くので引き返してきますが、たまに職場まで行ってしまって、後から義母さんが届けに行くハメになったりもします。
あまにりも忘れものばかりなので、一時期は私が毎朝旦那に「携帯、財布、お昼ごはん、タオル」みたいに必要なものを声がけしてました。
その声がけで忘れものに気付く、という事もしょっちゅうありました。(今はムーコの準備でドタバタしてて旦那への声がけはできていません)

私自身も物忘れは結構ひどいので人のこと言えないんですが、私はセルフチェックしてるんですよ。

例えば朝の登園。玄関でムーコのリュックを一度開けて、忘れものがないか中身を確認。
コンビニでコピーを取るときは、終わった後に原本、お金、コピー用紙の取り忘れが無いか指さし確認(これは過去同人活動してた時に忘れ物をして恥ずかしい思いをしたので絶対にやってる)。
外食で席を立つときにテーブルを振り返り、忘れ物が無いかチェック。
などなど。
これで結構防げるんですが、旦那の場合はこの「確認」もしない。というか、完全に別のことを考えてて頭にない感じ。

何かをしようとしてても、他の事に気を取られると一瞬で忘れる。

複数の事を覚えきれない。
例えば炊飯器の件を例にすると
①お米2合を
②朝7時に予約
これを一度に言っても覚えきれません。
2合を取った後に「7時に予約して」と言わないと覚えられません。

料理なんかは口頭で言っても絶対無理。「醤油とお酒大さじ2ずつ入れてから中火で焼く」なんて言おうものなら、フリーズします。
なので旦那に料理をお願いする時は必ずレシピを渡しています。一つずつ確認しながら進められるので、なんとかできるようです。
ただし「これをしてる間にこっちをしておこう」というマルチタスクが出来ないので、一つの事が終わってから次…とやるので時間かかるし料理も冷めます。
見てて、もっとこうしたら効率いいのに…と思う事はありますが、本人が一生懸命なのは分かってるので口には出しません。



続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)



​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む


前回まで、リボの話にお付き合いありがとうございました。

あの話を読んで、旦那どうなん!?って思った方も多いと思います。
私も思いました。(そりゃね…)


実は私は、この事件をキッカケに旦那に対して、ある事を疑うようになりました。



ADHD
(注意欠陥多動性障害)


旦那もしかして、コレなんじゃないか?
と。

そしてこの疑惑を旦那にぶつけました。

そのお話です。


1
2

旦那に、ネットにあったADHDのチェックテストをやって貰いました。

するとどうでしょう。

こんなにも当てはまる項目がありました。しかも頻繁。
私も自分でやってみたけど、ここまでではありませんでした。



続きます。全5回予定です。


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓








↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。


33
34



まとめサイトとか5ちゃんねるとかほんと掃き溜めだから見なきゃいいのに、見ちゃったんですよね~。
「嘘松」とか数回書き込まれてたし。嘘ならこんな長い漫画わざわざ描かないわ。
でもたまーにタメになる書き込みもあったりしたから、まあ見て良かったかなと思いました。



前回、私の当時のツイートを載せましたが、その後のツイートも載せておきます。
(メモ帳に書いたものをスクショしてツイートしたので、そのメモ帳を載せておきます)

DzSgU-fVsAA8hdg
DzSgVteUwAYWTR_
DzSgWfSVsAAJXME
DzSgXF7VAAAoNTD


色んなサイト見ましたが、我が家みたいな「うっかりリボで買い物してました」パターンは、どんなに利息がついていても、カード会社からお知らせメールが来てなかったとしても、現状は支払うしかないみたいです。
リボに関する相談件数は毎年増えてるらしいので、新しい法律を作る等して国が対策してくれれば良いのですが…。

なので、何度も言いますがカード設定の確認は忘れずに、明細もこまめに確認しましょう。

思った以上に長くなってしまいましたが、最後まで見てくださりありがとうございました!
コメント欄解放しますので、お気軽に感想ください。
(多い場合はお返事が難しくなるかもしれません…)



いよいよ出産予定日まで一ヶ月きりました。
無理せず更新を続けていきますので、よろしくお願いいたします。


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー








続きを読む


1話目はこちら






前回の続きです。


31
32



旦那が一回失敗してるなら学べよって感じなんですけどね(私も旦那も)。
私と出逢う前の事とはいえ、結婚を考えていたので自分に降りかかる前に何とかしてもらおうと、色々調べまくって、印刷&手描きのレポートをまとめて旦那に渡し、旦那が弁護士に依頼して解決したのでした。

その件以外は、付き合ってる当時から結婚してからも特に問題なくお金を使っていたので、クレカを作っても問題ないだろうと判断してしまったんです。
作った途端にこんな事になるなんて考えてもいなかった。



リボが発覚した当時のツイート貼っておきます。↓




もはやカード名も出してしまっていますが…。

そして「一瞬にして100万の借金が」という言葉のあげ足を取られまくりましたが、「100万の借金ができた」ではなく「100万の借金が発覚した」という意味で使いました。パニくって分かりにくい表現を使ってしまいました。

このツイートに関しては沢山の方々のリプや引用RTを貰いまして。
思った以上の反響の大きさに私の方がビックリしてしまったのでした。






続きます。
(リンク先は記事公開後に繋がります)


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓









↓クリックで応援よろしくお願いします↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー