千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

2015年4月生まれの娘の育児記録と、それに奮闘する自分自身の気持ちなどを綴った育児絵日記。

(1歳1ヶ月)ブランコ…小学生までは結構遊んだ記憶もあるけど、それ以降は乗った記憶がほとんど無い。子供産んでから、改めて20年ぶりに乗ってみると、まあ酔う酔う。 自分でも驚くほどに即酔い。 ブランコを押してあげるだけでも、すぐに気持ち悪くなってしまう。しかし
続きを読む
子育ネタ461
子育ネタ462
(1歳1ヶ月)




ブランコ…
小学生までは結構遊んだ記憶もあるけど、それ以降は乗った記憶がほとんど無い。
子供産んでから、改めて20年ぶりに乗ってみると、
まあ酔う酔う
自分でも驚くほどに即酔い。


ブランコを押してあげるだけでも、すぐに気持ち悪くなってしまう。
しかし娘は、この一人で乗れるタイプのブランコが大好きで、一回乗ると中々降りようとしない。
もう何度グロッキーになった事か…。



そして私、高所恐怖症なんですよね。

もう、ちょっと高い普通の滑り台の頂上でダメ。
大きな公園にある、2階建ての巨大滑り台みたいなヤツなんてもっとダメ。
(高さというよりは、「落ちそう」という感覚がダメなんだと思います。室内で窓から見下ろすのは、わりと平気です)

こないだ行った公園では、アスレチックみたいに縄とロープを使って高いところに上る遊具があったんだけど、娘がどんどん登るもんだから慌ててついてったんですね。
しかし登り切っても滑り台があるわけでもなく、丸太の板があるだけ。
行きで使った網かロープでしか降りれない。
娘にはまだその技術が無い。呆然と立ちすくむ娘。
追いかけて登った私も、あまりの高さ&野生感あふれるアスレチックに足がガクガク。動けない。

詰んだ…となった時に旦那が登場。(隣のお店で買い物してた)
笑いながら娘を下ろしてくれました…(私は自力で下りた)

「どうするつもりだったの?」って言われたけど、知らんがな!!
勝手に行っちゃうんだもん!!!

そんなわけで公園の遊具、私は酔ったり怖かったりと全く楽しめません…。
運動音痴に拍車をかけていると分かってても、行きたくない!
隙があれば旦那に行ってもらっています。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ451
子育ネタ452
(2歳3ヶ月)



MK5って私が小学生くらいの時に流行ってた言葉なんで、実際使ってたワケではないんですよ。
女子高生で流行ってるらしいよ~wと友達同士のネタで使ってたくらいで。
広末涼子…。ビーチボーイズ…。あたりが関連記憶としてよみがえります。
懐かしいです。

しかし子供を見てると、ほんとにMK5が分かりますよね。
あ、これキレるな、とか。
あ、これ泣くわ。とか。

それが食事中だともう大変。
大人になると理性が働いて、どんなにキレても水をぶっかける程度ですよね。
しかし子供は容赦ない。
そこが家だろうとお店だろうと、手料理だろうとレトルトだろうと関係なく、手の届く範囲の物全てをなぎ倒しますから。

なので直前に察知して避難させる。
自分でもなかなかの技だと思います(笑)

しかし、普段あまり子供を見てないと、このMK5のサインを見逃してしまうのです。
それがうちの旦那。
「あーあ」と、見てるとついイラっとしそうになりますが、私に比べて育児時間が断然少ないんだから仕方ない。
経験して分かるようになっていくだろうから、黙って見守りました。

もちろん子供にも、やっちゃダメだよと根気よく伝えていきました。
そしたら3歳の現在は食べ物で遊ぶことがほぼ無くなり、なので私に注意されない→子供もキレる事なく、穏やかに食事をする事ができるようになりました。
時間かかったけど、躾が実を結んだ瞬間です!
まだ、食事中に立ってフラフラはしてますが…。

食事に関しては私自身も親から「育ちが出る」「マナーが大事」と言われてきましたが、大人になると本当にそれが実感できるので、コツコツとがんばって教えていきたいです。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ441
子育ネタ442
(2歳6ヶ月)



うちの娘は、やりたい事が上手くできないとすぐキレます。
上の漫画の例以外にも、
「服を着る時に、一度でスムーズに腕を通せなかった」
とか
「靴に足を入れられない」
でもよくキレてました。
(手を貸そうとすると更にキレるので見守るしかない)

そんな風に、上手くいかずイライラしてる時は必ず
「ヘンム、ヘンムー」
と言っていた娘。

上手くネタにして笑ってくれる時は良いのですが…
このようにガチギレされることもあるので、子育てって本当に…難しいですよね…。

この漫画をTwitterでアップしたところ、
「全く同じで、ヘム子ちゃんと呼んでました!」という方や、
「うちはムンニーでした」という方のコメントなどを頂きました。
色んなパターンがありそうですね!


そして娘は、3歳前くらいかな?いつの間にか「ヘンムー」を卒業し
「できない、できない!」になりました。
(「で」にアクセントがつきます)
こうして成長していくんですね。
ちょっと寂しい。






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ431
子育ネタ432
(1歳10ヶ月)



そうです…
本当に痛いのは、お腹よりも皮だけ踏まれた腕。
歩き出してから1年くらいは、まだフラフラと危なっかしく、とにかくよく踏まれる。
旦那も何度か皮だけ踏まれて悲鳴を上げていました。
言っても、勿論分かってくれるわけないので、こっちが気を付けるしかないですよね…。




「こっちが気を付けるしかない」で思い出しましたが、
ちょうどこの漫画くらいの時期の話。


悲しみのTV事件↓

1489758112040

はい、倒しました。

ずっとダメって言ってたのに、一瞬目を離した隙にやられました。
幸いにも娘にケガはありませんでしたが…。

新しいテレビと同時に、転倒防止のベルトも買って装着しました。
最初からつけとけば良かった…。

ちなみに、私のパソコンのモニターも全く同じパターンでお亡くなりになりました。
へへ…。

もうね、このくらいの時期の子供は猫と一緒よね。
何かあっても、責任はこっち。対策してないこっちが悪い。
だから一応叱るけど、「転倒防止対策しなかったし…ちゃんと子供見てなかったこっちも悪かったもんな…」と思って、怒りを飲み込むしかない。悲しい。

3歳になった現在は言えば分かってくれるので本当に楽になりました。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ421
子育ネタ422
(1歳半)



これ本当に毎日されて、やめて~と叫ばずにいられなかったこと。

このくらいの時期って、引き出し、箱、棚。手で届く範囲であれば全て開けて、何かを取り出そうとすしますよね。そして小さい子にとってはそれが食材であろうと書類であろうと、オモチャという認識ですよね。手でつかめるもの全てがオモチャ。
その手でつかんだものは、放っておくと99%の確率でグシャグシャにされ、100%ポイされます。
なのでそうなる前にと、私は娘に「元に戻して」と指示。
言葉はまだほとんど理解できてない娘だけど、私の表情を見て、戻すのかな?と行動してくれます。

私は当然褒めまくり。

するとそれが嬉しかった娘。もっとやろうとします。
「たくさん引っ張り出して、たくさん元に戻せば、たくさん褒めて貰える」
という思考ですね。

その思考自体はいいんですよ。ちゃんと元にもどしてくれるならね!

しかし、その願いは叶わない。

「たくさん引っ張り出す」という行動をしているうちに、全く違う他のものに興味が移って、そっちに行ってしまうんですね…。

引っ張り出されたものは、放置。
こうなると私が片づけない限り永遠にこのまま。
しかも、また戻ってくる頃には「これらを片づけようとした」という記憶はさっぱり消されていますから、「新しいオモチャみーっけ!」とばかりに遊びだす可能性が高い。
なので早めに片づけなければいけない。

あーあ!

そう思って片づけ終わり、娘を見ると…

他のモノをまーたポイポイしてる~~~~~!


こうして…一瞬にして部屋は散らかるのです…。

これなんて地獄?






↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ411
子育ネタ412



育児漫画にうちの猫がほとんど登場しないのは、ビビリで近くに来ないからです。

貰ってきた当初からこのビビリの性格は把握していたので、今でこそ私と旦那にはゴロゴロですが、子供は絶対苦手だろうなと予感してました。

案の定、生後3ヶ月の娘を連れて家に戻った当初は全く近づこうとせず、2~3ヶ月経ってようやく寝てる娘の足のにおいをさりげなく嗅ぐようになり、娘がトットに触れられるようになったのは1歳半くらいの頃だったかな?
触れるといっても、完全に寝てて油断してる時だけ。(この漫画みたいに)
普段は、娘の足音がしたら速攻で他の部屋に逃げてます。
追いかけられたら、窓の上にある寝床に駆け上がって避難します。

でも甘えん坊なので、娘が居ない時や、娘が寝た後は、構って構って言ってきます。
勿論もみくちゃにしてやりますよ!

猫ってなんでこんな癒されるんでしょう…。

娘がもう少し大きくなって、落ち着いてトットに触れるようになったら、トットも娘に「構って構って」てなると思うんですけどね~。

こればっかりは猫の性格なので仕方ないですが、娘と猫のツーショット写真がゼロというのはさすがに寂しいなあ…。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
DNAファクターさんの、子どもの能力遺伝子検査というものをやってみました。


DNA1

DNA2

DNA3

DNA4


…というわけで、かなり興味深い結果となりました。

ちなみに「ブタ屋さん」というのは、以前から娘が言っていて、何のことやら…?と思っていたのですが、どうやらしまじろうのDVDで見た「ブタのケーキ屋さん」の事を言っているらしいという事が判明しまいた。
同時に「ムーコ、ブタになるの~」と言ってたのも、DVDで見たブタさんのように、お客さんにケーキを買ってもらうような仕事をしたい、という意味だったようです。
なぜそんなに豚を推すのかの謎が解けてスッキリしました。


話は戻りますが、「子どもの遺伝子検査」
これ自体は、私は数年前にTVの特集で見て、存在は知ってました。
子供がどんな能力に秀でてるかが分かるので、やたらめったお稽古に通わせるよりも、ある程度絞って得意分野を伸ばすことができると。これが今中国で流行っている、という感じの内容でした。

なのでDNAファクターさんからお声がけいただいた時
「あ~あれね」
という感じで特に怪しまず、逆に興味があったものなので是非に!という感じでやらせていただきました。

結果は、他社製品をした事がないので違いは分かりませんが、思ったよりもたくさんの項目が分かり、各項目も細かく説明してくれてあって、とても読みごたえがありました。
漫画にも描きましたが
「やっぱりな!」
という部分もあり
「まさかこのタイプだったとは!?」
という部分もあり。
特に、文系理系は個人的に非常にありがたい項目でした。
これはこの先何度も読み返す事間違いなしの、永久保存版です!
娘が大きくなった時に自分で読んで、何かを抜け出すきっかけになる事も願ってます。


そんな「子どもの能力遺伝子検査」ですが、ぶっちゃけお高いんですけど、
現在4000件突破キャンペーンで5000円引き、私のURLからだと更に2000円引きになるそうです。

↓ ↓ ↓
DNA FACTOR 子どもの能力遺伝子検査
(この記事の文頭にあるリンクも全く一緒です)


キャンペーンはいつ終了するかは分かりませんが、2000円引きの方は、ここから飛ぶ限りずっと割引適用されるらしいので、もしやる方が居たらこちらからどうぞ!
(ちなみにこのURLから申し込んでも私には1円も入ってこないので、ちくまが儲かるのは嫌だと考える方でも安心してご利用いただけますw)



ここから下は、やろうかな~?って迷っている方の参考に…。
Twitterにて、相互フォローしてる椿さんが同じ検査をしてみたという感想を呟いてくれたので、貼り付けさせていただきます~。








こんな感じで沢山感想をツイートされてて、とても全部貼りきれないので、気になった方は椿さんの7月6日のTwitterをご覧ください!


まあ正直言うと高いよね…
気になるけど高いっていう引用RTも沢山貰いました(;^ω^)
ボーナスを回すとか、子供の誕生日プレゼントとして周りでお金出し合ってやってみる、というのも手かな?と。あとは少しでも安い今のうちにやってしまおう!と割り切るとか。
興味ある方は考えてみてください。
ではでは~。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー



続きを読む
子育ネタ401
子育ネタ402
(2歳2ヶ月)



えーと、確か前どっかの記事に
「赤ちゃんの夜泣きは、起きてるように見えて実は寝ているらしい」
という類の文章を書いた気がしますが。

2歳くらいの子供の夜泣きって、起きてるんですかね?寝てるんですかね(涙)?

赤ちゃんの頃よりも回数は格段に減りましたが、とにかく暴れに暴れて、寝てるんなら放っておこうと思っても、布団から落ちて壁に激突するし、物は投げるしで危なすぎて放っておけないんですよ。
まあ手を出そうもんならボコボコにされるんですけどね。

最初はそれで拒否されても、しばらく経ってからタイミングを見計らって手を伸ばすと抱っこさせてくれるので、抱き上げて落ち着かせる…という感じで対処していました。

落ち着かせると言っても、静かになってきたかな?と思っても急にぶり返してまた号泣したりするので、結構時間かかります…。
そしてようやく泣き止みつつ、ウトウトしている娘。
愛おしすぎる!!

辛い辛い眠い辛い眠い!早く泣き止んで寝てくれ!!と思っていても、
なぜかこの瞬間だけはとても愛おしいのです…。不思議。


そんなこんなで散々私を悩ませた夜泣き、うちの子は2歳半を越えたあたりから無くなりました。
消えたと思っても現れるので、油断はできませんが。
また現れた時は、漫画にして辛い気持ちを消化したいと思います。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ391
子育ネタ392
(2歳1ヶ月)



やはり親が触ってるものに興味を持つのか、スマホに興味津々の娘。
この頃は、画面をタップすると表示が変わるというのが面白かったらしく、適当にポチポチ押しまくって楽しんでいました。

私はスマホ中毒者なので、やる事がないとスマホをいじろうとしちゃうんですね。
なので、スマホを奪われているという事を忘れて、スマホを触ろうとしてしまう。
これを何回も繰り返してしまう。と、こういう事なわけです。

スマホは、子供にはあまり触らせたくなかったので、しばらく触ったら他に興味が移るように誘導していましたが…。
残念なことにスマホへの興味は薄れるどころか、3歳の現在は勝手にゲームを立ち上げてプレイしているというスマホっ子に育ってしまいました。
時間制限して、長く遊ばないように気を付けてはいますが(;´Д`)

しかし、子供に注意する前に、私のスマホ依存をなんとかすべきのような気がしています…。


【育児漫画9】依存してます








↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー




続きを読む
子育ネタ381

子育ネタ382
(2歳3ヶ月)



保育園入ったあとの話。


うちは2歳から保育園に入園しました。
最初の頃は色々あったけど(これもまたいずれ書きたい)、3ヶ月経つと園にも馴染んできました。

この、最初の数ヶ月は、子供が「私の見てない所で過ごしている」というだけで信じられない気持ち。「私の知らない所で勝手に何かを作ってきた」という事実だけで感動!という毎日でした。
特に糊とか絵具なんかは家では使わないし。汚すのが怖くてできない事も園ではできるので、もう保育園様様です。

そんなだから工作も捨てられず…。

「写真に残すと良い」というアドバイスを数名の方からいただきまして、それだ!と思ったのですが…。

ぎこちない糊の塗り方とか、筆圧の強さとか、そういう細かい部分は実物じゃないと分からないんですよねぇー…。(結局捨てられない)

とりあえず、特に残しておきたいものだけピックアップして保存してます。多分そのうちに気がすむので、そしたら捨てようかと思ってます。







↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー


続きを読む
子育ネタ371

子育ネタ372
(9ヶ月)


前回の続きっぽいやつ。

SNSで見てると、世の中の旦那さんの多くは、どうやら一瞬で寝れる生き物のようです。
そしてさらに、子供の泣き声でも起きない、という理由で奥様方の怒りを買っていらっしゃるようです。
うちの旦那も例にもれず同じでございます。
元々わりとすぐ寝れるタイプでしたが、ヨーヨーマを流した時は本当に早かった。
マジ一瞬。


毎日の仕事で疲れてるだろうから、寝かせてあげたいって気持ちはあるんですよ。
だから、先に寝たからといって叩き起こすような事はしたくない。

でも、私だって寝たい、って気持ちもあるんです。
私も疲れててメチャクチャ眠たいのに、なぜ私ばかりこんなに頑張らなきゃいけないの?と。

そのハザマですよね。そのハザマのモヤモヤが、4コマ目の私の顔です。
別に旦那にキレてるわけじゃないんです。
これはもうどっちが悪いとかどっちがやれっていう問題ではなく、二人で寝れるようにすべきなんです。

AI全自動寝かしつけ機希望!!!

まあ作るには色々な問題があると思いますが、それらの問題を全て解決した夢の道具が将来できる事を期待しております…。


とりあえずヨーヨーマはリラックスしたい方にはオススメです。



*寝かしつけシリーズ*
【育児漫画36】ねません

【育児漫画24】ねかしつけ
【育児漫画22】夜泣き




↓クリックで応援よろしくお願いします↓


​↓更新通知が届きますので、お気軽にご登録ください!↓




twitterバナー 
instaバナー
pixivバナー